ピクシブ百科事典

ウルトラフレア

うるとらふれあ

特撮作品『ウルトラマンX』で起きた現象で、物語の根幹に関わる極めて重要な事件である。
目次[非表示]

概要

本編開始の約15年前、宇宙空間でエックスの追撃を受けていた謎の紫色の発光生命体太陽に激突した(厳密にはエックスが太陽へと弾き飛ばして激突させた)ことで発生し、この影響で地球に眠っていた多くのスパークドールズを目覚めさせてしまうこととなった。

さらに、この時エックスは身を挺して地球をウルトラフレアから庇ったことが原因で肉体を失ってしまい、大空大地とユナイトするまでは実体を持たないデータ生命体として活動することを余儀なくされた。またこの時に大地の両親が電波研究所ごと消滅し消息不明になっているほか、時空が歪んで別宇宙とも繋がるようになり、研究所の跡地にもその特異点が作り出されていた。
劇中では明言されていないが、おそらくこれが理由で別宇宙に存在するウルトラマンや宇宙人などが来訪できるようになったと思われる。

エックスが言うには、発光生命体は太陽系を滅ぼすのが目的であったらしく、それを止めるためにやむを得ず太陽に叩きつけたために、フレアが発生してしまう事態となってしまった。しかし発光体は先に記述した通りの目的を持っていたために、エックスの判断が無ければ地球だけでなく太陽系全体が壊滅的な被害を受け、より悲惨な状況になっていただろうことは想像に難くない。

『X』のとっさの判断により太陽系は救われたかに思われたのだが……。

余談

ウルトラマンX』の放送から2年が経過した2017年9月、突如太陽で観測史上最大規模の太陽フレアが発生し、数日後には地球にも通信障害などの影響が出た。
この時、ネット上では、このウルトラフレアと絡めて「エックスがグリーザを太陽に叩き込んだんじゃないのか」「世界中で怪獣たちが目覚める!!」「15年後にエックスがくるぞ!」等とちょっとしたお祭り騒ぎになった。

関連項目

ウルトラマンX

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラフレア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5159

コメント