ピクシブ百科事典

ファルファ

ふぁるふぁ

小説「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」の登場人物(メイン右)

CV:千本木彩花(ドラマCD)

人物

本編の約50年前に、アズサが200年以上倒し続けたスライムの魂が集まって誕生したスライムの精霊。シャルシャは双子の妹。50年間自分達を誕生させたアズサに復讐する準備をしていたシャルシャから、母親であるアズサに危機を伝える為に現れた。アズサは最初は理解できず、ライカには隠し子と誤解されたが、ある程度の事情を説明し、騒動後自分達双子を家族として迎え入れた。

外見は青髪の10歳の幼女だが、50年も生きていた為、見た目と子供っぽい性格に反して数学や理系が得意。

なお、生まれた瞬間は誰かが見たわけがないので姉や妹とかの設定は本人たちの自称らしい。

どこかの世紀末世界如く、スライムを倒すときに(彼女曰く)穴をついて倒している。この際に「このスライムはもう死んでいる」を言い放っている。マンガ版では、元ネタのセリフを言っている

一度だけ、寝違えが原因でスライムの姿になってしまったことがある。



関連タグ

スライム倒して300年 幼女 双子
アズサ・アイザワ シャルシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「ファルファ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4197

コメント