ピクシブ百科事典

アズサ・アイザワ

あずさあいざわ

小説「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」の主人公
目次[非表示]

プロフィール

本名(前世の名前)相沢梓
CV悠木碧(ドラマCD)
職業魔女
通り名高原の魔女
レベル99
体力533
攻撃力468
防御力580
魔力867
素早さ841
知力953
魔法瞬間移動・空中浮遊・火炎・竜巻・アイテム鑑定・地震・氷雪・雷撃・精神支配・解呪・魔法反射・マナ吸収・言語理解・変身・魔法創作
特殊能力など薬草に関する知識・魔女の力により不老不死・獲得経験値増加
獲得経験値10840086


人物

元々OLとして仕事一筋に生きていたが、50日連勤等の無茶がたたって過労死した(享年27歳)。
死後、天使のような女神(後の「メガーメガ神」)に異世界に転生させてもらい、その際に「不老不死になって、長くスローライフを送りたい」という願いをかなえてもらい、17歳の体で不老不死にしてもらった。
高原の家に住み近くにあるフラタ村の交流も重ねて生活費である換金アイテム「魔法石」を落とすスライムを倒しながらスローライフを送っていたのだが、300年経ったある日、自分のステータスを確認すると、何とカンストの99レベルになっていた
これを気に様々なトラブルが発生するが、次第に家族も増えていきそれなりに楽しんでいる。

前世の経験から、働きすぎることが、自分はもちろん他人がするのも大嫌いで、周囲の人が徹夜などで無理してまで働こうとしたら絶対に止める。
また、スローライフの妨げになることから、厄介事に巻き込まれるのを嫌がるが、根は困っている人を見過ごせないお人よしであり、結局、なんやかんや言いながら巻き込まれていく。

不老不死の人生そのものは楽しんでいるが、「相手に先立たれるから」という理由で恋愛や結婚は諦めている。それだけに、今の家族、特にファルファシャルシャの二人の娘(後にマンドラゴラのサンドラも増えて娘が三人になる)はとても大事にしており、家族の危機ならあらゆる手を使って解決に乗り出す。
ツッコミ役に回ることが多いが、なぜか「おい、~だぞ!」等、その時だけ男っぽい口調になる癖がある。

容姿

本文中では具体的な容姿は語られていないが、書籍版のイラストや漫画版では長い金髪のスレンダーな女性として描かれている。
肉体年齢は17歳で固定されており、肌年齢も若いため、化粧はいわゆるナチュラルメイク。
顔も自称「まずまずかわいい」のだが、自分よりもかわいいライカやファルファ&シャルシャ、スタイルのいいハルカラ達が目立っているため、容姿を褒められたりする描写はほぼ全くない。特にハルカラ登場後はその胸に嫉妬することが多く、半ば貧乳キャラのように描かれている。
ただし、毒キノコの効果で幼児化した時は、周囲から「すごくかわいい」と愛でられまくっており、目立ってないだけで容姿は標準以上にはある模様。

特技

  • 戦闘能力

転生直後はそんなに強くは無かったが、スライムを300年も倒しまくってレベルがカンストしているので、もちろん高い。‥‥というか、世界最強
本来は魔法能力の方が高いのだが、高いステータスに物を言わせて素手で殴り倒す事が多い。
ドラゴンの姿のライカやフラットルテと戦った時は一撃で倒し、魔王ペコラ相手にも拳で剣を粉砕して勝利している。

  • 魔法能力
魔力は高いが、師匠などについて教えてもらったわけではなく、魔導書で独学した。
「魔法創作」というレアスキルをいつの間にか(おそらく、レベルアップで習得したと推測される)所持しており、これにより、本来は習得していない結界魔法や回復魔法を自作でき、ここぞという時に役立てている(ただし、これまでの知識を元に創作するので、思いついた魔法をなんでもかんでもすぐに作れるわけではない)。
ただし、独特の発音が必要な魔族の魔法は彼女でも難しく、唯一使えるベルゼブブを呼び出す魔法も、よく発音を間違えて違う場所(大半は自宅の風呂場)に召喚している。
(後に、ベルゼブブの秘書であるリヴァイアサンのファートラを召喚する魔法も教えてもらうが、何故かこちらは普通に使える)

  • 薬の作成
彼女の職業の「魔女」は薬の調合を得意としており、時折村に自作の薬を売ったり、病人の治療などをしている。このため、フラタ村の乳幼児死亡率は非常に低く、「高原の魔女」と慕われる原因となっている。
最近では、トラブルに巻き込まれることが多くなったことで、本職がおざなりになっていると危機感を感じており、何度も薬の材料探しに遠出している。‥‥のだが、後述の「食べるスライム」のようにできたものが薬以外だったり、無人島に遭難したりとトラブルが発生したりすることが多い。
それでも、遭難先に住んでいた魔族から貰った薬草から新しい胃腸薬「コゲーン剤」を開発したりと、魔女としての活動は続けている。

  • 前世知識の応用
前世のことは「前に過労死した」等としばしば本編で話しており、積極的に明かしてはないが、隠す気もあまりなく、軽くほのめかす位にしている。
薬の材料探しに遠出した際に、もち米や小豆に似た豆を発見し、まんじゅうを再現することに成功。「マンジュー」という単語は地名としてあるので、スライムっぽい見た目にして「食べるスライム」という名前で完成させ、フラタ村銘菓として(ハルカラが社長の「ハルカラ製薬」に委託する形で)販売している。

一方で、ペコラのイタズラで狐の獣人にされた時に、「狐は油揚げが好物」という前世の知識(現代日本人が抱いている狐のイメージと言った方が近い)から、油揚げが食べたいという衝動に駆られて暴走、魔族の王城ヴァンゼルドで大暴れしており、前世知識がマイナスに働くこともある。

限界突破?

後に、メガーメガ神と、この世界の古参の神であるニンタン女神とのもめ事に巻き込まれた時に、メガーメガ神によりレベルアップ。ついに人間の壁を完全に超える
ステータスは

職業神の祝福を受けた魔女
レベル神クラス
体力856
攻撃力896
防御力788
魔力999以上
素早さ999以上
知力999以上
魔法瞬間移動・空中浮遊・火炎・竜巻・アイテム鑑定・地震・氷雪・雷撃・精神支配・解呪・解毒・魔法反射・マナ吸収・言語理解・変身・魔法創作・結界作成・治癒・幽霊の服を着せ変える・透明化
特殊能力など薬草に関する知識、魔女の力により不老不死、獲得経験値増加・周囲に幸せを振りまく
獲得経験値50000000
と、大幅に上昇し、それまでは目で追うのがやっとだったニンタンの動きについていくどころか、彼女の目にも止まらぬほどの速さで動いたりと、神よりも強くなってしまった

人間関係

アズサの噂を聞き勝負を挑んできたが、彼女の家を破壊してしまったことでキレたアズサに倒され、その後改心し弟子入りをする。当初は弟子をとるのを断ろうと思ったが、身の回りのお世話などをしてくれることで承認。アズサの事は尊敬している。アズサにとっては弟子というより妹的存在。

アズサが原因で生まれた「スライムの精霊」の双子姉妹の姉。いきなり自分を母親と呼ばれた時は動揺していたが、騒動後、正式に娘になっている。彼女からは「ママ」と呼ばれている。

双子姉妹の妹。多くのスライムを殺したアズサに復讐しようとしたが失敗。騒動後、娘として迎え入れた。当初は「高原の魔女」と呼んでいたが、後に「母さん」と呼んでいる。漫画版では、母さんと呼ばれた時は母性本能でハートにズキューンと来た。

ベルゼブブに命を狙われている(と、勘違いした)彼女を弟子という形で匿い、誤解が解けた後もそのまま弟子として同居している。ハルカラの知識などが頼りになることは多いが、それ以上にドジっ子の彼女にひどい目に合わされることも多い。また、ハルカラの抜群のスタイル(特に胸)に殺意を覚えることも。時々彼女が工場長の栄養酒工場のパートに通っている。

上記のハルカラとの一件がきっかけで以降も交流するようになる。アズサ自身でも解決に困るような時に助力を頼むことが多く、友人兼「お姉ちゃん」ポジション。ただし、娘二人を養女にしようと狙っているため、油断のならない相手でもある。

関連タグ

スライム倒して300年 魔女 不老不死
師匠 母親
チート スライム

ターニャ・デグレチャフ同じ異世界転生物においての中の人繋がり。ただし、こちらは中身が男性サラリーマンと言う違いがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アズサ・アイザワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37905

コメント