ピクシブ百科事典

シュナ

しゅな

シュナ(朱菜)とは、『転生したらスライムだった件』の登場キャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 転生したらスライムだった件の登場人物。 本項で説明。
  2. 宮崎駿の漫画作品シュナの旅の主人公。


※名前の後ろにタイトルを付けることが多く見受けられるが、シオン等と違い重複することがないため必要はなく、こちらへのリンクができなくなるため注意。
その他、タグとしては朱菜も使われている。

概要

 ベニマルの妹で、大鬼族(オーガ)の姫。薄桃色の髪に白磁のような角を持つ。
可憐な美貌だけでなく、料理や裁縫の才能に恵まれている。
CHARACTER – TVアニメ「転生したらスライムだった件」公式サイト「06 シュナ」より)

 ベニマルの妹で大鬼の姫。
魔法を得意とする美少女で、後に解析能力に目覚める。
転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)~【転スラ】「シュナ」より)

プロフィール

種族大鬼族→鬼人族
所属大鬼族の里→テンペスト
称号妖鬼<オニ>
固有能力「解析者(サトルモノ)」、「創造者(ウミダスモノ)」
担当声優千本木彩花


人物像

 大鬼族(オーガ)の巫女姫だった桃髪の少女。
オークロードの侵攻によって故郷が壊滅し、生き残った兄(のちのベニマル)ら5人と逃げていた。その後ジュラの大森林に流れ着き、ゴブタランガ達を襲撃する。始めはリムルをオーガの里壊滅の黒幕だと思っていたが、戦い方を見てリムルが黒幕ではないと気付き兄を制止した。

 誤解が解けると、リムルの提案で朱菜(シュナ)と名付けてもらい、鬼人族(キジン)へと進化する。後に巫女姫(かんなぎ)の役職を与えられる。
前線に立つ事はないが、魔法を扱え織物や料理も得意なため、日常に関して援助をしている。特にリムルの前世の記憶に基く料理再現や衣服の製作を行い、衣食に関する後進の育成も行っている。
 スイーツに関しては異世界出身でプロのパティシエだった吉田氏から教わっており、現在では彼に並ぶ程の腕前を持つ。

 親和性が高く、ホブゴブリンやゴブリナ達とも直ぐに打ち解け、魔物を格下に見ていた人間を無自覚な微笑みで堕としたりと元姫らしい気品も備わっている。
 柔和な見た目の割に言うべきことはハッキリと言う性格で、主であるリムルや天災級の魔王であるミリムなどに対しても全く物怖じせずに説教することもある。たまに笑顔が怖い
 テンペストでは、国主リムルに次いで老若男女を問わず愛されるアイドル的存在となっている。
 ほとんど役に立たない秘書であるシオンに代わって秘書業務を全て管理している。

 リムルに対して好意を抱いており、同じく好意を抱いているよくシオンと取り合いになっている。またかなり嫉妬深く、リムルがキャバクラのようなお店に行く事や、リムルが男性陣と風呂に行く事に対して静かな怒りを露わにする。リムルもシュナには頭が上がらない。
 
 基本的に人当たりが良く怖いものなしだが、「魔王達の宴」を機に加わったアダルマンのことは苦手としている。
信心深い彼はリムルをとして崇めており、さらにその隣でリムルを支えるシュナを「神に仕える巫女」として崇敬してやたら畏まって接してくる。内心ではディアブロの同類と捉えており、そのテンションの高さに付いていけず距離を取っている。

 食物を謎の物質へと変貌させるシオンと違いリムルが被害にあう様なことは無い……わけでもなく、一度スイッチが入れば自ら新調した服でリムルを着せ替え人形にして楽しんでいる。元が37歳男性独身リーマンには乙女チックな服を着せられるのには戸惑うだろう(しかしそれほどまで嫌がっていないような・・・?)。

 スピンオフでは他国の菓子職人の話を聞き何故か闘志を燃やし始めたりと、意外と負けん気が強い一面もある。
夏祭りの際には「(シオンの)大きなお胸は着付けに邪魔……」と、胸の大きさを気にしているような場面が見られる。
 シオンのことを「無茶ばかりで考えなしな子」と呼ぶなど、昔から困り者のシオンに苦労させられてきたらしい。そのため、お姫様で妹分であるはずのシュナの方がシオンの面倒見役となっている。
 またベニマルに対する日常の対応が、もはや年頃の息子の面倒を見る「お母ちゃん的存在」になり、何かと生活態度のユルいベニマルを翻弄している。

能力

 膂力はないため、有事には主に回復魔術と結界展開による後方支援が主軸になる。しかしハクロウから柔術(とは名ばかりの殺人目的の格闘技)を学んでいたため、その気になれば魔法無しでも人間の冒険者くらいなら容易く叩きのめすこともできる。

 リムルの命名により、固有能力「解析者(サトルモノ)」を獲得。これはリムルのものと同様、対象の組成や原理を観察することで把握することを可能にする。その応用の幅はリムルが証明しているが、シュナは主に料理やモノ作りなど普段の生活にも利用しており、魔国連邦の文化力を陰で支える面もある。
 もちろん戦闘やそのサポートでも遺憾なくその効果を発揮し、ファルムス王国の襲撃に対する反撃に際し、ミュウラン結界魔法を「解析者」で模倣することで、二人で魔国連邦の北端地区をすっぽりと覆う程の規模で結界を展開している。

 リムルが覚醒魔王となってからはユニークスキル「創造者(ウミダスモノ)」を獲得し、スキルによる創作魔術の行使が可能となった。
 また持ち前の器用さと機転の良さで格上相手でも術理戦で互角に競り合うだけでなく、巫女という立場と「奇跡を本当に信じる心」によって魔物でありながら神聖魔法まで使いこなす。さらに同属性の術なら相手の魔術を上書きして不足する魔力を補填した状態で効果を上乗せし押し返すという、解析者まで応用した抜群の魔力操作と術理操作を発揮することができる。

関連タグ

転生したらスライムだった件 リムル=テンペスト 魔国連邦
ベニマル ソウエイ シオン ハクロウ クロベエ

ファルファ・・・別のなろう出身作品の中の人繋がり。こちらはリムル同様人化できるスライム
羽波唯里・・・中の人及び巫女繋がり。こちらは直接戦闘が主の巫女。

関連記事

親記事

魔国連邦 てんぺすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シュナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シュナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9826918

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました