ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

八星魔王の一柱。六番目に就任した、第二世代目の魔王

“放浪王”や“眠りの森の王”などと呼ばれているが、端的に言うとただのニート


プロフィール

EP226万(+大剣"崩牙"220万)
種族熾天使(セラフィム)→堕天族(フォールン)
称号眠る支配者(スリーピングルーラー)
所属不明
究極能力至天之王(アスタルテ)・怠惰之王(ベルフェゴール)→堕天之王(アスタロト)
CV小林裕介

人物

働かずに生きていくことを美学としており、ここ数百年、自分で金を稼いだことも自分の金で飲み食いしたことも無いらしい。テンペストに転がりこんで、「お世話してくれ」とたのむディーノにリムルは「『働きたくないでござる』とか言いそう」とその性格を見抜いていた。

しかし、仕事は早い。仕事が出来ないんじゃなくて、やりたくないだけ。


性格は良くいえばフランク、悪くいえば軽い。コミュ力が高く、堅そうなダグリュールルミナスに親しげに話しかけている場面があった。(ルミナスには一瞥されただけだったが)

ラミリスとは仲がいいようで、魔王の宴の時も「相変わらずチビだな」とからかっていた。どんな時でも寝ており、リムルから呆れられるほどだった。


外見は高校生くらいの青年。普通の表情をしていれば美男子なのだが、いつも気だるげな表情と半眼がそれを台無しにしている。剣二本を腰に差し、服装は他の魔王達に比べ軽装。魔王なのに勇者のような服装である。

ライトブルーの瞳を持ち、髪は黒に近い紫に銀のメッシュが入っている。(アニメ版では銀髪に紫のメッシュに変更されていた)


自堕落な性質ながら悪知恵は回り、スピンオフ作品『魔物の国の歩き方』では魔国連邦で裏のシノギでぼろ儲けするエピソードが2つも存在する。

1度目はシュナシオンの非公認ファンクラブに二人の隠し撮り写真を高値で流通させ、2度目はヴェルドラを覆面ファイターにプロデュースしてリムルに無断で闘技場にて興行を催すとその収益をたんまりとせしめていた。

1度目は正体を隠したままやり過ごしたものの、2度目はさすがに行動が派手だったためリムルに事の顛末がばれてしまい、さら取り調べでうっかり1度目の罪状も口を滑らせたため、リムルにシュナとシオンも加わってこってりと絞られることになった



技・スキル

ディーノは主に剣による戦闘が多い。

剣の腕は転スラ最強と言われており、アルベルトやグラソードをも凌ぐ。

神話級(ゴッズ)の大剣“崩牙”を使う戦闘は仮初のスタイルであり、ディーノが本気を出す時には黄金の剣(エクスカリバー)と、闇銀の剣(カリバーン)を使用する。


究極能力(アルティメットスキル)

至天之王(アスタルテ)ディーノの奥の手と言えるスキル。自分のスキルのみを望む形に進化させることのできる『創造進化』という権能があり、それによって『怠惰者』を『怠惰之王』へと進化させた。
怠惰之王(ベルフェゴール) 使用者(ディーノ)が動けば動くほど弱くなるのが特徴。しかし、怠惰之王を応用した「滅びへの誘惑」で広範囲の敵を永遠の眠りにつかせる事が可能
堕天之王(ルシフェル)WEB版の究極能力。ギィの『傲慢之王(ルシファー)』とミリムの『憤怒之王(サタナエル)』を合わせたような権能を持つが、二人には劣る。
堕天之王(アスタロト)フェルドウェイの支配から逃れるために『創造進化』を使用し『至天之王』と『怠惰之王』を統合して生まれた権能。ヴェルダナーヴァが重宝した『至天之王』の創造力と破壊力、これに加えて『怠惰之王』の精神に対する絶対優位性まで兼ね備えている、とんでもなく強力な権能。

創造進化(エボリューション)

天魔双撃覇(フォールンクルセイド)

怠惰なる眠り(フォールンヒュプノ)

滅びへの誘惑(フォールンカタストロフィー)

死への催眠誘導(フォールンタナトス)

堕天の一撃(フォールンストライク)


正体

ディーノの正体は熾天使(セラフィム)。

星王竜ヴェルダナーヴァの配下である、『始原の七天使』の一柱。監視者として地上の監視任務にあったっていた(その時は真面目に仕事をしていたらしい)が、いろいろあって堕落し、堕天使(フォールン)となった。








星王竜ヴェルダナーヴァの腹心であったディーノはヴェルダナーヴァの剣として戦場を駆けた。その時に世界最強の剣士としての地位が確立されたらしい。

その後、世界が平定され地上から争いが消えた頃、ディーノは地上の監視者の任務を授けられ、世界を旅するようになった。しかし、その時を待っていたかのようにヴェルダナーヴァと奥方であるルシアがこの世を去る。ディーノは怒り狂い、ヴェルダナーヴァ達を殺した国を怒りのままに破壊し尽くして滅ぼした。その時にヴェルダナーヴァから授かった究極能力『至天之王(アスタルテ)』が『堕天之王(ルシフェル)』に変質したのだった。魔王ギィ・クリムゾンに気づかれることも無く速やかに復讐を果たしたディーノだったが、怒りの炎は消えなかった。そのまま世界を滅ぼす勢いで憤っていたディーノだったが、ミリムというヴェルダナーヴァとルシアの忘れ形見を思い出し、怒りを鎮めたのだった。




直接関わることも主と認めるつもりもなかったが、ミリムを見守ること、影から守ること、それがディーノの生きる意味であった。

Web版ではミリムがクレイマンを出し抜くため、操られているフリをして何も抵抗せずに殴られているのを目にして、何も知らされていなかった彼はクレイマンへの怒りを覚え、『怠惰者(スロウス)』を『怠惰之王(ベルフェゴール)』に進化させている。どれだけ永い年月が経とうと亡き主ベルダナーヴァへの忠誠心と、忘れ形見であるミリムを大切に想う気持ちは全く変わっていなかった。


関連タグ

転生したらスライムだった件 魔王(転スラ) リムル=テンペスト 転スラ

堕天使 怠惰 怠け者


漆原半蔵堕天使にしてニート繋がり。こちらはそもそも働いてすらいないのでディーノ以上のゴクツブシである。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました