ピクシブ百科事典

魔王(転スラ)

たたかってはならないよくしりょくたち

本項では、小説『転生したらスライムだった件』の魔王について記述する。
目次[非表示]

本項はネタバレがある為、閲覧の際は御注意下さい。

魔王について

いくつかの決まりと法則が存在している。
上位魔人の内、特に強大な力を得たものの少数が、魔王と呼ばれている。ただし、必ずしも邪悪というわけではない
なお、魔王というのは必ず“対”となる勇者が存在する。

リムルが加入する前までは、『十大魔王』と呼ばれており十人の魔王がいたが、リムルが加入するときの騒動で、一人は死亡、二人が脱退して八人になり、ギィが人間のつけた今までの呼び名が気に食わなかったためリムルに(強制的に)考えさせた新名、『八星魔王(オクタグラム)』と呼ばれるようになる。
なお「十大魔王」の呼称は人間たちによる命名。かつて魔王達の宴において「自分たち魔王の集団の名義」を決めることを議題にした際、幾度にわたって宴を開いて議論するも決まらず、このすったもんだを人間側が「魔王達の軍議」と勘違いしつつ察知したことから人間側が「十大魔王」と呼び、魔王達もそれに倣った(飛びついた?)かたちで決まった。そのため欠員が出て八名になった折、既存の魔王全員が新たな名義の考案に渋い顔を浮かべ、リムルがあっさり「八星魔王」の案を出して決定したときにはディーノが前回の議論の冗長さを愚痴っている。

魔王の世代

大まかに三世代に分かれている。まず最古の魔王としてギィ・クリムゾン、ミリム・ナーヴァ、そしてラミリスが挙げられる。歴史上、この三名が初めて魔王と認知された。その後第二世代としてルミナス・バレンタイン、ディーノ、ダグリュールが加わる。実質的にこの第二世代までが魔王として固定メンバーとなっており、以降に加わった第三世代にあたる魔王達は実力的に劣っている事が多く、戦闘による死亡等で入れ替わりが発生している。基本的に魔王と言えど全員が同等の実力ではない。

魔王の決まり

魔王として正式に認められるには、最低三名以上の他の魔王からの承認が必要。勝手に自称した場合は武力により実力を試され、実力が足りなければ攻め滅ぼされる。なお、魔王に規定人数はなく一定の実力があれば良いので、十人以上でも以下でも良い。

魔王種と真なる魔王

魔王種とは、魔王になる資質がある存在である。
魔王の内、十大魔王だったフレイやカリオン、クレイマンなどはその種類にあった。
その魔王種が大量の魂を生け贄に超進化を行う事で、真なる魔王になる。
本当の意味での魔王とは、この真なる魔王の事を指す。
真なる魔王になるには様々な条件がある。(合計魔素量や保有スキルなど)

勇者との縁

勇者も特別な存在であり、勇者を名乗ると因果が巡るとされている。そのため、勇者となれば必ず対となる魔王が存在する。
ルミナスにはグランベルと言う勇者との縁が存在した。
シズを救った勇者や、マサユキにも縁がある魔王が存在すると思われる。
なお、魔王の中でもレオンは勇者であり、魔王のために自己完結している例外。
 

魔王達の宴(ワルプルギス)

魔王三名以上の承認で行われる魔王同士の話し合い。最古の魔王であるラミリスによると元はギィ、ミリム、ラミリスによるただのお茶会だったらしい。
「三名以上の承認」というシステムは魔王が七名の時の名残。
なお、連れてこれる従者は最大二人。その理由は「新参の魔王が主力の配下を百名連れて参加した結果、他の魔王の逆鱗に触れて皆殺しにされた」というもの。
力なき魔人の参加も不許可。

八星魔王(オクタグラム)

リムルが加入して八人になった時に彼がつけた呼称。ちなみに十大魔王と言うのも、話し合いでどんな名前が良いのか何年も考えている間に人間側が勝手につけた呼称。魔王たちは不満だった。
ギィに脅迫めいた形で命名権を押し付けられ、即興で付けた名称だが、魔王たちに好評。
単独記事のある人物は各記事を参照。

リムル=テンペスト

種族スライム ⇒ 魔粘性精神体(デモンスライム) ⇒ 竜魔粘性星神体(アルティメットスライム)
所属ジュラ・テンペスト連邦国
二つ名新星(ニュービー) ⇒ 聖魔混世皇(カオスクリエイト)
CV岡咲美保


ラミリス

種族精霊族 ⇒ 妖精族(ピクシー)
所属迷宮(入り口はテンペスト領内)
二つ名迷宮妖精(ラビリンス)
CV春野杏


ミリム・ナーヴァ

種族竜魔人(ドラゴノイド)
所属失われた竜の都
二つ名破壊の暴君(デストロイ)
CV日高里菜


ギィ・クリムゾン

種族上位魔将(アークデーモン) ⇒ 悪魔公(デーモンロード) ⇒ 悪魔王(デヴィルロード)
所属白氷宮
二つ名暗黒皇帝(ロード・オブ・ダークネス)
CV石田彰


ルミナス・バレンタイン

種族吸血鬼(ヴァンパイア)
所属神聖法皇国ルベリオス
二つ名夜魔の女王(クイーン・オブ・ナイトメア)
CVLynn


レオン・クロムウェル

種族人間 ⇒ 人魔族(デモンノイド)⇒半神半人(デミコッド)
所属黄金郷エルドラド
二つ名白金の剣王(プラチナムセイバー)・白金の悪魔(プラチナデビル)
CV福山潤


ディーノ

種族堕天族(フォールン)
所属不毛の大地⇒テンペスト
二つ名眠る支配者(スリーピング・ルーラー)
CV小林裕介


ダグリュール

種族巨人族(ジャイアント)
所属不毛の大地(聖虚ダマルガニア)
二つ名大地の怒り(アースクエイク)
CV小山力也


元魔王

かつて魔王と呼ばれていたが魔王ではなくなった者。自ら魔王の座を降りた、あるいは死亡した者。昔からメンバーの入り替わりは激しいらしい。全員、魔王種である。

カリオン

種族獣人族(ライカンスロープ)
所属獣王国ユーラザニア
二つ名獅子王(ビーストマスター)
CV内匠靖明

獣人族を統べる王であり強さを追い求める武道派。獣人らしく素直で直情的な性格。五百年前に魔王になったばかりで古参の魔王に比べると実力が一段劣るが、新興勢力なだけあり勢いがあった。リムル達に興味を持ち配下に加えようとしたが、部下のフォビオの暴走で失敗。逆にリムルに失いかけたフォビオを助けられた事でリムル達と良好な関係を築く。
クレイマンが起こした計画によって力不足を痛感して、魔王の座を降りてミリムの配下になり新世代魔王たちの統合領の運営をしている。クレイマンとはわりと面識があり、クレイマンの趣味である楽団の曲を聴いていたが眠たくなると言う感想であった。武闘会では、マスクをしてライオン仮面として参加。ゴブタとの戦いでマスクを狙われると言う事から敗北してしまう。

フレイ

種族有翼族(ハーピィ)
所属天翼国フルブロジア
二つ名天空女王(スカイ・クイーン)
CV大原さやか


クレイマン

種族妖死族(デスマン)
所属傀儡国ジスターヴ
二つ名人形傀儡師(マリオネットマスター)・喜狂の道化(クレイジーピエロ)
CV子安武人


カザリーム

種族妖死族(デスマン) ⇒ ホムンクルス(現在)
所属中庸道化連
二つ名呪術王(カースロード)
CVボルケーノ太田 / 石川由依


ロイ・ヴァレンタイン

種族吸血鬼
所属神聖法皇国ルベリオス
二つ名鮮血の覇王(ブラッディーロード)
CV水中雅章

ルミナスが信用する三公の一人で千五百年に渡ってルミナスの影武者として魔王の代理を務めていた。双子の兄であるルイはルベリオスの法皇を担当。ルミナスに使える大貴族であり十大魔王の中でも劣らぬ実力者であったが、ラプラスに殺されてしまう。
元はルイとは同一の存在。狂暴すぎてトラブルが絶えなかったため、ルミナスによって2人に分かたれていた。死亡の結果、力はルイの元へと戻っている。

関連記事

親記事

転生したらスライムだった件の登場キャラクター一覧 てんせいしたらすらいむだったけんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔王(転スラ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「魔王(転スラ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 607834

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました