ピクシブ百科事典

魔王(転スラ)

たたかってはならないよくしりょくたち

本項では、小説『転生したらスライムだった件』の魔王について記述する。
目次[非表示]

本項はネタバレがある為、閲覧の際は御注意下さい。

魔王について

いくつかの決まりと法則が存在している。
上位魔人の内、特に強大な力を得たものの少数が、魔王と呼ばれている。ただし、必ずしも邪悪というわけではない
なお、魔王というのは必ず“対”となる勇者が存在する。
リムルが加入する前までは、『十大魔王』と呼ばれており十人の魔王がいたが、リムルが加入するときの騒動で、一人は死亡、二人が脱退して八人になり、ギィが人間のつけた今までの呼び名が気に食わなかったためリムルに(強制的に)考えさせた新名、『八星魔王(オクタグラム)』と呼ばれるようになる。

魔王の世代

大まかに三世代に分かれている。まず最古の魔王としてギィ・クリムゾン、ミリム・ナーヴァ、そしてラミリスが挙げられる。歴史上、この三名が初めて魔王と認知された。その後第二世代としてルミナス・バレンタイン、ディーノ、ダグリュールが加わる。実質的にこの第二世代までが魔王として固定メンバーとなっており、以降に加わった第三世代にあたる魔王達は実力的に劣っている事が多く、戦闘による死亡等で入れ替わりが発生している。基本的に魔王と言えど全員が同等の実力ではない。

魔王の決まり

魔王として正式に認められるには、最低三名以上の他の魔王からの承認が必要。勝手に自称した場合は武力により実力を試され、実力が足りなければ攻め滅ぼされる。なお、魔王に規定人数はなく一定の実力があれば良いので、十人以上でも以下でも良い。

魔王種と真なる魔王

魔王種とは、魔王になる資質がある存在である。
魔王の内、十大魔王だったフレイやカリオン、クレイマンなどはその種類にあった。
その魔王種が大量の魂を生け贄に超進化を行う事で、真なる魔王になる。
本当の意味での魔王とは、この真なる魔王の事を指す。
真なる魔王になるには様々な条件がある。

勇者との縁

勇者も特別な存在であり、勇者を名乗ると因果が巡るとされている。そのため、勇者となれば必ず対となる魔王が存在する。
ルミナスにはグランベルと言う勇者との縁が存在した。
シズを救った勇者や、マサユキにも縁がある魔王が存在すると思われる。
なお、魔王の中でもレオンは勇者であり、魔王のために自己完結している例外。
 

魔王達の宴(ワルプルギス)

魔王三名以上の承認で行われる魔王同士の話し合い。最古の魔王であるラミリスによると元はギィ、ミリム、ラミリスによるただのお茶会だったらしい。「三名以上の承認」というシステムもその影響が大きい。
なお、連れてこれる従者は最大二人。その理由は「新参の魔王が主力の配下を百名連れて参加した結果、他の魔王の逆鱗に触れて皆殺しにされた」というもの。
力なき魔人の参加も不許可。

八星魔王(オクタグラム)

リムルが加入して八人になった時に彼がつけた名前。ちなみに十大魔王と言うのも、話し合いでどんな名前が良いのか何年も考えている間に人間側が勝手につけてしまった名前。魔王たちは不満であった。
ギィに脅迫めいた形で命名権を押し付けられ、即興で付けた名称だが、魔王たちには好評。
単独記事のある人物は各記事を参照。

リムル=テンペスト

種族スライム(当初) ⇒ 魔粘性精神体(デモンスライム) ⇒ 竜魔粘性星神体(アルティメットスライム)
所属テンペスト
二つ名新星(ニュービー) ⇒ 聖魔混世皇(カオスクリエイト)
CV岡咲美保


ラミリス

種族精霊族 ⇒ 妖精族(ピクシー)
所属迷宮(入り口はテンペスト領内)
二つ名迷宮妖精(ラビリンス)
CV春野杏


ミリム・ナーヴァ

種族竜魔人(ドラゴノイド)
所属失われた竜の都
二つ名破壊の暴君(デストロイ)
CV日高里菜


ギィ・クリムゾン

種族上位魔将(アークデーモン) ⇒ 悪魔公(デーモンロード) ⇒ 悪魔王(デヴィルロード)
所属白氷宮
二つ名暗黒皇帝(ロード・オブ・ダークネス)
CV未登場


ルミナス・バレンタイン

種族吸血鬼(ヴァンパイア)
所属神聖法皇国ルベリオス
二つ名夜魔の女王(クイーン・オブ・ナイトメア)
CV未登場

輝く銀髪に金銀妖瞳(へテロクロミア)をそなえた美貌を持つ魔王。吸血鬼族の真祖の姫君で、西方聖教会が信仰する唯一神ルミナスの正体。人間が幸福だとその血が美味と言う事から人間を保護し、少量の血液を密かに奪いつつも平穏な暮らしを与えている。ただし、信仰心を利用して国を維持しているのは配下であり、当人は奥の院にて隠遁している。そのため、リムルからは密かにものぐさ疑惑をかけてられている。
高貴な育ち故に品が良く鷹揚な性格をしているが、二千年前に自慢の都を破壊したヴェルドラの事は怨んでおり、ヒナタらとの和解の宴の際には恨みを全力で晴らしていた。今はあまり嫌っていない様子。一方でリムルについては評価しており、魔王のお披露目にお忍びで来た際には、芸術や科学分野の研究をとても気に入っていた。
魔王としてはロイ・ヴァレンタインに代替わりしたと思わせ隠れており、会談の場等ではロイのメイドとして振舞っていた。最古の魔王あたりにはバレていたものの内緒にしてくれていたが、ヴェルドラがぽろりと名を喋ったせいで他の魔王達にもバレた事を期に、魔王へと復帰する。

レオン・クロムウェル

種族人間 ⇒ 人魔族(デモノイド)
所属黄金郷エルドラド
二つ名白金の剣王(プラチナムセイバー)・白金の悪魔(プラチナデビル)
CV福山潤

かつてラミリスの配下である光の精霊と契約して勇者だった事もある異世界人。二百年前に魔王の呪術王(カースロード)に戦争を仕掛けられ単身で返り討ちにした結果、魔王となった。魔王の中でも元人間、元勇者と言う異質の存在。女性と間違えるほどの美形だが、戦闘能力はギィもその強さを認めている。
少年時代からある目的のために召喚魔法の知識を求めており、特定の人物を召喚しようとしている。その失敗でシズを召喚しイフリートを憑依させたという、リムルとは因縁がある存在。リムルはシズさんとの約束で殴ろうと決めている。ただし、イフリートの憑依はシズを延命させる行為だったために真意の程は不明。ラミリスからは、昔は泣き虫だったなどと頻繁にからかわれており苦手意識を持っている。

ディーノ

種族堕天族(フォールン)
所属不明
二つ名眠る支配者(スリーピング・ルーラー)
CV未登場

男子高校生のような風貌で眠たげな目と気だるい雰囲気が特徴の謎が多い人物。異名通り、会議中もすぐに寝てしまいリムルを驚かせた。ラミリスとはかなり砕けた間柄。
領土を持たず、普段は世界を放浪している。魔王達の宴時点ではダグリュールの所に居候していたが穀潰しでしかなかったために追い出され、次にギィを頼ったが断られ、最終的にギィがリムルへと押し付ける形でテンペストを訪れ、ラミリスの研究助手として働く羽目になった。リムルに厳しく働くように言われたときは鬼、悪魔、暴君と罵声を浴びせたが、鬼はベニマル、悪魔はディアブロ、暴君はミリムに言えと言われてしまった。ただしテンペストは気に入っている様子。正確にはギィがテンペストに送ったスパイであり、リムルはそれを見抜いているも特に問題視していない(真面目にスパイはしないと判断された)。

ダグリュール

種族巨人族(ジャイアント)
所属不毛の大地
二つ名大地の怒り(アースクエイク)
CV未登場

古き魔王の一人であり、ギィやカリオンと比べても遙かに巨躯を有する巨人族。魔素量もでたらめに多く、ヴェルドラとは何度も戦ったものの互いに決着がつかないほどの力量を持つ。ただし、暴力的ではなく物静かで人格者な性格。荒くれ者な息子が三人おり、リムルの元で修行をしてこいとリムルの許可無く送り込んだ。長い間、ディーノが住み着いていたがリムルが魔王になった後に追いだした。

元魔王

かつて魔王と呼ばれていたが魔王ではなくなった者。自ら魔王の座を降りた、あるいは死亡した者。昔からメンバーの入り替わりは激しいらしい。全員、魔王種である。

カリオン

種族獣人族(ライカンスロープ)
所属獣王国ユーラザニア
二つ名獅子王(ビーストマスター)
CV内匠靖明

獣人族を統べる王であり強さを追い求める武道派。獣人らしく素直で直情的な性格。五百年前に魔王になったばかりで古参の魔王に比べると実力が一段劣るが、新興勢力なだけあり勢いがあった。リムル達に興味を持ち配下に加えようとしたが、部下のフォビオの暴走で失敗。逆にリムルに失いかけたフォビオを助けられた事でリムル達と良好な関係を築く。
クレイマンが起こした計画によって力不足を痛感して、魔王の座を降りてミリムの配下になり新世代魔王たちの統合領の運営をしている。クレイマンとはわりと面識があり、クレイマンの趣味である楽団の曲を聴いていたが眠たくなると言う感想であった。武道大会では、マスクをしてライオン仮面として参加。ゴブタとの戦いでマスクを狙われると言う事から敗北してしまう。

フレイ

種族有翼族(ハーピィ)
所属天翼国フルブロジア
二つ名天空女王(スカイ・クイーン)
CV

有翼族を束ねる妖艶な女王でありカリオンとは同期の魔王であった。孤高を好み基本的には他者には冷たい。また、自分たち種族以外が空を席捲するのも嫌って暴風大妖渦を天敵としており、以前はミリムも苦手な相手と見ていた。戦闘力は他の魔王と比べれば低いが頭脳明晰であり、クレイマンの企みをおおよそながら把握していた。ミリムと共に仕掛けられた難局を乗り切り他者を信じる事を覚え、魔王達の宴でミリムの配下となり彼女を支えることを決めて、魔王の座を降りた。
その後は、彼女の領土でリムルが建てようとしている摩天楼計画に心を奪われている。音楽などの芸術方面にも明るく、ミリムと仲が良いリムルの人となりを調べて、彼女に悪い影響がないかを確認するなど、ミリムをとても大切に思っている様子。ミリムが勉強を嫌がって逃げる事が悩み。
リムルが創り出そうとしていた摩天楼を知る前まではサリオンの神樹を住処に狙い、戦力増強のために天狗族を配下にしようと目論んだ結果微妙な三すくみとなっていたが、今は興味を無くしている。

クレイマン

種族妖死族(デスマン)
所属傀儡国ジスターヴ
二つ名人形傀儡師(マリオネットマスター)・喜狂の道化(クレイジーピエロ)
CV子安武人

四百年前に生まれた新世代の魔王。策略家であり全ての魔王の支配を企んでいた。
自分に忠誠を誓う配下すら信用しないが、中庸道化連とは深い関わりをもち彼らに対してだけは心を開いており非常に仲が良かった。特にその会長であり親代わりであったカザリームを慕っていたため、謎の少年(※ネタバレ注意)から持ちかけられたカザリーム復活の条件に飛びついて彼の野望に協力し、真なる魔王となるためにジュラの大森林で騒動を引き起こす。しかしリムルに台無しにされ、魔王達の宴で彼を排除しようとするも逆に倒され死亡した。配下の大半に呪いをかけて自分に逆らえなくしていたため、実質的にはあまり人望が無かった様子。
芸術方面にこだわりを持ち、王侯貴族顔負けの豪華な生活を送っていた。中庸道化連の仲間であるラプラスによると、昔はもっと気の良い人物であったが、魔王になって以降段々と歪んでしまったとのこと。配下を騙して操り切り捨てる行為に対して苦言を呈されたり、信頼している中庸道化連からは素直に力を借りるように言われていたが耳を貸さず、リムルに倒される寸前に全てを後悔するなどいろいろと遅かった。
彼を死体から生み出したカザリームは、戦闘能力よりも頭脳に比重を置いて彼を作成したため、他の道化連のメンバーと比べると戦闘の面では劣っており、それにコンプレックスを持っていた模様。

カザリーム

種族妖死族(デスマン) ⇒ ホムンクルス(現在)
所属中庸道化連
二つ名呪術王(カースロード)
CV未登場

中庸道化連の元会長であり、元魔王。二百年前にレオンに返り討ちにあい倒されるが、謎の少年によって星幽体をホムンクルスに移植されて復活を遂げた。ホムンクルスが女性だったために、現在はたおやかな美女の姿を持ち、秘書カガリとして謎の少年に付き従いながらレオンへの復讐の機会を狙っている。精神は男だが、肉体に会わせて女言葉を使ったり男言葉を使ったりと口調が不安定な所がある。元はミリムの怒りを買って滅ぼされた一族の出身だが、自業自得もあって今ではあまり怨んではいない様子。

ロイ・ヴァレンタイン

種族吸血鬼
所属神聖法皇国ルベリオス
二つ名鮮血の覇王(ブラッディーロード)
CV未登場

ルミナスが信用する三公の一人で千五百年に渡ってルミナスの影武者として魔王の代理を務めていた。双子の兄であるルイはルベリオスの法皇を担当。ルミナスに使える大貴族であり十大魔王の中でも劣らぬ実力者であったが、ラプラスに殺されてしまう。
元はルイとは同一の存在。狂暴すぎてトラブルが絶えなかったため、ルミナスによって2人に分かたれていた。死亡の結果、力はルイの元へと戻っている。

関連記事

親記事

転生したらスライムだった件 てんせいしたらすらいむだったけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔王(転スラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 382845

コメント