ピクシブ百科事典

ミュウラン

みゅうらん

伏瀬のライトノベル作品『転生したらスライムだった件』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ミュウランとは、ライトノベル転生したらスライムだった件』の登場人物である。

プロフィール

種族人間→魔人
所属傀儡国ジスターヴ→ヨウム警備隊→ファルメナス王国
称号薬指のミュウラン、ヨウム警備隊参謀→ファルメナス王国初代王妃
担当声優種﨑敦美


概説

ヨウムの警備隊の前に現れた美しい女魔導師。
ヨウムが魔国連邦と協力関係にあると聞き、自分も警備隊に加えてほしいと志願してきた。
ヨウムの腕試しを、基本的な地属性風属性の魔術で完封し、見事に勝利。警備隊の参謀として快く迎え入れられた。

魔国連邦に入ってからは、リムルから接近戦闘に偏っている魔国連邦の戦力陣営のために「術理戦」の手解きを頼まれ、客人兼指南者として迎えられた。

しかし、彼女には別の顔と使命があり――

人物

冷たく麗しい容貌を備えた知的な美女。
長い髪を後ろで一つ結びにまとめており、額にフェロニエール(額飾り)を装着している。

知的で冷淡だが、根は善良で常識的。
一方でどこか「陰」を感じさせるものがあり、魔国連邦に出入りするようになってからは魔国の人々からの善意と歓待を面喰いつつ楽しむ一方で、ど挙動に不審な点が見られる。

ヨウムの明るく前向きな姿勢に徐々に感化され、次第に彼に対して淡い想いを募らせるようになっていく。
そのヨウムからも好意を向けられ、獣王国からの使者であるグルーシスにも惚れられている。
しかしその気持ちが強まるたびに、彼女の憂いは深くなっていく……。


正体

十大魔王の一人クレイマンによって放たれた対魔国連邦用のスパイ
ヨウムたちに取り入ったのも、魔国連邦に疑われることなく侵入し、その内情を調査するためだった。
クレイマンとは心臓を通じて、通信魔術でのテレパシーでコミュニケーションをとることができる。

本来の種族は「魔人」であり、既に数百年の時を生きている。
元は森に棲む魔女だったが、寿命を前にクレイマンと出会って取引を持ち掛け、彼の眷属となって魔人に昇格。
しかし同時に秘術「支配の心臓(マリオネット・ハート)」で心臓を抜き取られ、生殺与奪の権利を握られて彼の手駒として使役される運命となった。
現在はクレイマンから疑似心臓となる宝珠を埋め込まれ、心臓はクレイマンがガラスケースに詰めて保管している。のちにこの疑似心臓には、ミュウランも知らない盗聴機能が付属していたことが発覚する。

長らく魔女として隠遁してたためか、実は人付き合いが苦手。
スピンオフ作品『転スラ日記』では、ヨウム警備隊と接触する際に「クレイマン様よりはマシ」と必死に自己暗示をかけて平静を装っていた。
クレイマンには表向き従順に傅いているものの、内心では他人の心臓を握って優越感に浸るその姿に相当にストレスをため込んでいた。
先の自己暗示を見るに、クレイマンからブラックな扱いを受けていた様子。
クレイマンからは五本指に入る自陣営の幹部として「薬指のミュウラン」の称号を与えるが、一方で平然と「捨て駒」呼ばわりもされてもいる。

魔人としての姿は、額に第三の目は現れ、右眼は白目が黒くなって瞳が金色に変わり、耳や手足に羽毛が生え、額の右側と左頬に刺青状の文様が浮かぶ。

能力

魔女として魔術の研鑽と探求に明け暮れた、研究熱心な魔導師。
魔術においては、登場当時においてパワーゲーム一辺倒だった「転スラ」キャラクターでも珍しい術戦特化型(一応リムルも術理戦は可能だが、規格外な魔力量を利用した威力重視のパワーゲームに終始しがち)で、初歩的な地属性魔術で相手の足元に落とし穴を形成し、風属性魔術で標的周囲の酸素濃度を下げて酸欠に追い込むなど、省エネで最大の戦果を挙げることができる。

本気を出せば集落一つを結界で覆い、結界内外への出入りと魔術発動の阻害も可能にする。


活躍

クレイマンから密命を受け、ヨウム警備隊に入隊するかたちで魔国連邦に侵入。
クレイマンからは――

  • 魔国連邦の内情偵察
  • リムルとの接触
  • ファルムス王国の進軍に合わせ、戦場となった魔国北部区域に封鎖結界を展開
の3つの指令を与えられていた。

最初は魔国の在り方に疑念を抱いていたが、彼らのリムルに感化された善性に戸惑いを覚え、同時にヨウムたちとの触れ合いから徐々に「人と触れ合う喜び」に目覚めていく。
しかしファルムス王国の予定より早い襲撃決行により、良心の呵責に苛まれながらもクレイマンに押し切られるかたちで使命を全うする。

その後、ヨウムとグルーシスが引き止めるのを振り切り、リムルの前で正体を告白。
結界で通信が阻害されていることを利用し、当初は贖罪とクレイマンへの最後の抵抗として、そのまま処刑されるつもりでいた。
しばらくは身柄を幽閉されたが、リムルが襲撃で死亡した国民の蘇生のため「覚醒魔王」となることを選ぶと、リムルに疑似心臓を破壊された上で瞬時に新たな疑似心臓を与えられ、クレイマンの呪縛から解放してもらう。
その後罪滅ぼしの一環で、魔物たちの魂が現世に留まっていられるよう、シュナと協力して新たな封鎖結界を形成をリムルから依頼され、国民復活のために力を貸した。

事後処理として、ヨウムをファルムス王国の新国王にすることが決まると、それに応じて「人間の一生分の時間くらいなら、もう少し不自由でいていい」と告げてヨウムの好意を受け入れて彼と夫婦になった
ファルムス王国の新政権の勃興により、ファルメナス王国の初代王妃となり、ミュウ・ファルメナスと改名。
しばらくのちに、ヨウムとの間に第一子となる王女ミームを儲けた。

一方のクレイマンは、ミュウランの心臓が灰になったことと疑似心臓を壊される直前の会話から処刑され死んだものと推察。「魔王達の宴(ワルプルギス)」にリムルを招聘するまでミュウランが存命であると知らず、彼女の死をも利用してリムルの処断をほかの魔王に訴える肚積もりだった。
しかしいざ宴が始まると、リムルからあっさりとミュウランの生存を告げられたうえ、ギィ・クリムゾンの「力こそ正義」という方針でリムル・ランガシオンと直接対決に持ち込まれ、当初の目論見が御破算となってしまう。


関連タグ

転生したらスライムだった件
魔法使い 魔女
不幸 美人 スパイ

関連記事

親記事

転生したらスライムだった件の登場キャラクター一覧 てんすらのとうじょうきゃらいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミュウラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35062

コメント