ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

紫の髪と黒曜石のような角を持つ大鬼族(オーガ)の一族。
見た目はクールビューティーだが、その戦闘力は高い。
CHARACTER – TVアニメ「転生したらスライムだった件」公式サイト「07 シオン」より)

大鬼の里からベニマルたちと逃げ延びた生き残り。
クールな見た目からは想像できないほど暴走しやすい。
後にリムルの秘書になる。
転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)~【転スラ】「シオン」より)

プロフィール

種族大鬼族→鬼人族
所属大鬼族の里→魔国連邦
称号妖鬼<オニ>→悪鬼<オニ>、武士(もののふ)
担当声優M・A・O


人物像

紫髪と巨乳、額の一本角が特徴の大鬼族(オーガ)の女性。
豚頭族(オーク)の襲撃で故郷が壊滅して生き残りと共にジュラの大森林に流れ着いた後、リムルの提案で紫苑(シオン)と名付けてもらい、鬼人族(キジン)へと進化する。
知的美人な印象を与える外見のため、リムルに護衛兼秘書の役目(そのイメージを持たせるべく他の鬼人が和風が基本に対しスーツを着用)を与えられたが、実際にはなんでも実力行使で解決したがる脳筋思考の持ち主。(最早ボディーガード。加えてメインの対象であるリムルが魔国連邦屈指の戦闘力の持ち主なのであまり護衛の必要がない。)戦闘時には身の丈ほどの大太刀剛力丸を振るって力技で敵を屠る(進化前はモーニングスターを用いていた)。
料理をするのは好きだがその腕は無自覚かつ殺人的に下手で何故かどうやっても紫色かつドロドロな見てくれとなり、高確率で顔のように(いわゆるシュミラクラ現象)蠢く部分が出来るゴブタが初めて手料理を食べた(意図的ではなく食べさせられそうだったリムルが大賢者に助けを求めた結果身代わりにされたもの)時は本気で死にかけ(しかも後に「毒耐性」のスキルを獲得する)、原則睡眠状態に陥らないスライムのリムルも一時的に気を失うほど。こうなる理由の一つとして剛力丸を包丁代わりに使おうとしたら建物ごと斬ってしまうという理由で食材を丸ごと入れてしまうということが挙げられる(本人曰く剛力丸一筋で他の刃物は浮気になるから。リムルが刃物の提供を持ちかけるとあっさり許容したが)。
反面かつて故郷では将来巫女になるシュナの護衛になることが決まっていたことから、音楽関連は一通り学んでおり、シュナとたまに一緒に歌っていたり楽器を弾きこなすなど音楽は得意で音感に優れている。
リムルのことをとても慕っており(しかし慕い過ぎて時にリムルを必要以上に高く評価するため彼の判断より先に話を進めたり、余計なプレッシャーをかけさせることがある)、同じく人一倍慕うシュナとよく取り合いをしている。そもそも秘書を名乗り出たのは好いているリムルの傍に日頃から居たいというところが大きい(しかし実務能力ははっきり言ってシュナの方が高い)。また、笑い上戸でもある。

メインイラストのように、スライム姿のリムルを良く抱きかかえている。
ファルムス王国によるテンペスト侵攻の際、同時に張られた結界の効果もあって実力が出せず、シュナや子どもたちを守ろうとして鬼系の魔人への殺傷力が高い鬼殺刀(オーガイーター)を喰らい殺害されてしまう(この際まるで鬼人の誇りを踏みにじられたかのように角がへし折られていた)。しかし、結界が空間を隔離していたためその魂はまだ散っておらず、魔王となったリムルの手でわずか数%の成功確率を乗り越えて他の犠牲者達と共に蘇生された。その際に称号が悪鬼<オニ>となり、肉体が破壊されても魂のある限り再生できる不死性、半精神生命体となった事で通常の洗脳術を無効化する体質を得た。
さらにユニークスキル『料理人(サバクモノ)』を会得し、自分の望む結果を現実に上書きするという能力を持つようになった。これによってどう料理しようとも望んだ味になるのをイメージすることで手料理は味だけは美味くなるようになったが、相変わらず外見と食感が悪いため食えたものでないことに変わりはない。味だけはまともになったことをリムルは評価したがケーキ味の蒟蒻を出された時は本気で説教した
その後、修練を積んで紅茶ぐらいはまともに入れられるようになっている(ただし手伝わされたディアブロの「体調不良(精神生命体なのに)」という犠牲と苦労の末、の話だが)。

戦闘力はベニマルをして単体戦ならベニマルをも上回ると言われている。上記の料理人は戦闘面でも使用でき構成を変異させることで技や結界を消失させることが可能。剛力丸も蘇生時に魂喰い(ソウルイーター)を加えた「剛力丸・改」へと改良され、精神だけの存在に直接ダメージを与えられるようになった。
漫画版とアニメ版では、自身を一度死においやる原因を作った張本人に対して、報復とも言うべきパンチを繰り出しているのだが(しかもリムルからの許可を得る前に殴り、その後に許可を取るという絵に描いた様な行動)、アニメ版ではクレイマンの中の人の影響からか、連続パンチを繰り出して彼を叩きのめす事となった。
また、同時に蘇った住民達から構成される同様の不死性を備えた独立部隊紫克衆(ヨミガエリ)の総指揮官も務めている。

『転生したらフラワーナイトだった件』

リムル様の家臣がひとり、シオンです!花騎士としての名前はノコンギクですね。花言葉は「守護」だそうです。この花言葉通り、私の愛刀「剛力丸」で、団長殿のことを必ずお守りします!秘書としてもお役に立ってみせますので、このシオンに任せてくださいね!

フラワーナイトガールコラボのシナリオにおいて、花騎士として登場する。ただし、期間限定のガチャでしか出現しないのでご注意。それに加えて一般版のみにしか登場しないという制限もある。なお、特殊スキンも実装されており、メガネバージョンに変える事も可能。

花騎士の世界へ来た際に『ノコンギク』の名前を与えられた。

第3話にて花騎士で構成されたリムル捜索隊と合流する。合流前には、トレイニーとミリムと共に飛ばされたようなのだが……。捜索隊の一員であるオニユリも角が生えている関係で気が合いそうな気配はする。

余談だが、シオンと言う名前を持つ花騎士は転スラコラボ以前に存在している。その為に別の名前を与えられたとも考えられるが…





















余談(ネタバレ注意?)

実は、蘇生時にリムルが魔素を補充するため悪魔の魂をもエネルギーとして使ったため、黒の悪魔の因子(捕食消費された悪魔がディアブロの眷属だった)が魂に紛れ悪魔の残虐性が色濃く宿ってしまう(漫画15巻「ヴェルドラ日記」参照)。
ファルムス軍の生き残りを捕虜にした時には事情聴取役を任されたにはその影響が反映されたかのようにリムルの「殺すのだけはするな」という命令に従った上で料理人を用いて皮や肉を削ぎ、肉体構成を変化させつつ回復薬で治癒して死には至らせず人間の肉体で活け造りを作っていく過程で痛みを感じさせずに捕虜の心をへし折っていくという死んだ方がマシだったであろう実質な刑罰を与えており、同行していたヨウムやミュウランは後で聴取内容を問われた時は思わず目を反らしていた。
シオンの弁明をしておくと彼女自身は殺されたことに対し不甲斐なく思えどさほど恨んではおらず、自分達は人間に友好的にしていたのに侵攻してきたファルムス軍と西方聖教会は以下のような有様だったことが挙げられる。
・「魔物は人類共通の敵」という教会の教えから交流している人間を嵌めたりいずれ新たな魔王誕生の礎となるかもと勝手に抱いた警戒(ファルムスの一部の貴族は魔物による被害はないし、先に交流していたドワルゴンやブルムンド王国からの反発の恐れから早まらない方がと反対したが魔物というだけで二国が騙されていないと証明できない理由とされ下記の教会からの決定事項だと閉口させられてしまった。しかも彼らの元にリムルが温厚かつブルムンドと平和的に交渉したという報告はわざと送られておらず説得材料を封じられていた)。
・西方聖教会の一部が魔物の大勢力を討伐したという功績を得るために本部が敵対するか結論付ける前に半ば独断でファルムスを後押しし、他の人類国家の同意を得るに至っていないのも構わず進軍を決定した。
・魔国の質の高い産業や貿易ルート(これによりドワルゴンと他国との唯一安全な貿易ルートを独占していた特権を失い、それに依存していたファルムスの経済は衰えていた)を手中に収めようとした欲深さ。更に言えば襲撃で生き残った住民は「魔物は人間ではないのだからどんな仕打ちを与えてもいい」という考えが増長していた者達に広がっていたことから奴隷として取り込む気だった(一部は単純な労働力以上に下種い考えを抱いていた)。
・先発隊に魔国の住民にちょっかいをかけて取り押さえるため実力行使に移させると魔物が襲ってきたとでっち上げて有害な存在を排除する大義名分を作り上げ、その上リムルが「人間を襲うな」というルールを定めていたためまともな抵抗に移せなかったのを良いことに戦意のなかった住民を大勢殺害した
・既に友好的に交流していたブルムンドの滞在者達が魔国の振舞に落ち度はなかったと広めるのを防ごうと帰還ルートで待ち伏せし口封じして罪を魔国になすりつけ討伐すべき邪悪な存在と広めようとした
何よりそうした人間の身勝手さにより蘇生に必要な魔王の進化のためとはいえ人間が好きであるリムルに、それも万単位の人間を殺さなければならなくなり、その業を背負わなけれはならなくなった境遇を強いさせたことに怒っており(ベニマルもこの行為がリムルに取り返しのつかない心の傷に与えてしまうことを非常に恐れてていた。幸いリムルは自分を失う事はなかったが)、私欲で侵攻を決定したファルムス王には特に生まれてきたことを後悔するであろうほどの鉄槌を(そんな行為しかリムルに選ばせることが出来なかった自分達配下の不甲斐なさをぶつける意味も込めて)下しており、どこか後味の悪さを覚えさせるものであった(ヨウムもそれを否定できなかったためかファルムスの貴族達を説得するに当たり、自己都合で進軍した彼らを非難している)。

そして小説16巻のステータスでは、ユニークスキル『料理人』の権能に「???」と明記されているようだが一体・・・?

こうした経緯のためファルムスとの戦争後も誰よりも人間への悪印象を深く抱いており、再度の聖騎士戦後和平の会談においても困惑していたが人間の全てが悪ではないし相手の魂で見極めるのが大事なのだと諭され、なんとか乗り越えることに成功する。









関連タグ

転生したらスライムだった件 リムル=テンペスト 魔国連邦 メシマズ 巨乳キャラ 残念美人
ベニマル シュナ ソウエイ ハクロウ クロベエ

中の人ネタ

鵜飼みどり……料理が壊滅的に駄目。ちなみに彼女の元部下中の人かの聖騎士と同じだったりする。
アリス(シノアリス)……シノアリスにて転スラコラボが行われる事になったのだが、その際にギシンとアンキは転スラの世界にアリスを転生させようと画策し……。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シオン(転スラ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シオン(転スラ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 679336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました