ピクシブ百科事典

坂口日向

ひなたさかぐち

坂口日向とは、『転生したらスライムだった件』の登場人物である。
目次[非表示]

※この記事はアニメ派、漫画派の皆様にとって十分なネタバレを含みます。予めご了承ください。























概要


本作の主人公リムル=テンペストにとって重要な人物である井沢静江の教え子の一人。女性。
神聖法皇国ルベリオスの守護を主とする聖騎士団の団長。
高校の入学日に、偶発的に日本から異世界へとやって来た。


プロフィール

種族人間(聖人)
称号聖騎士団長・法皇直属近衛師団筆頭騎士・十大聖人・勇者の卵→消失
ユニークスキル簒奪者(コエルモノ)→消失・数学者(カワラヌモノ)
エクストラスキル不明(だが何らかのスキルは所持していると考える)
耐性不明(本人が魔素を介さない体質の為神聖魔法以外の魔法は無効化される)
担当声優沼倉愛美


人物


元は日本に住んでいた異世界人。
見る者に冷たい印象を与える黒髪黒眼の麗人。
年齢はおそらく20代後半だが、外見は10代後半〜20代前半。

冷徹な合理主義者であり、神の右手。
「魔物を滅する」というルミナス教の教義を体現したような人物。
事実上西方聖教会のトップに座する。
価値がないと判断すれば味方でも容赦は無い。

元いた日本で父親を殺しており、異世界に来たばかりの頃も野盗を屠るなど殺すという行為に抵抗がない。
しかし無慈悲というわけではなく、その行動原理は「争いのない平等な世界を作る」という強い意思である。

カリスマ的な魅力を併せ持っており「法皇の懐刀」である枢機卿ニコラウス・シュペルタスは彼女を崇拝している。
また「精霊に愛されている」人物であり、人でありながら人の身を超越した「聖人」
その実力は「下手な魔王より余程強い」「想像を遥かに超える化け物」とリムルに言わせるほどであり、英雄と謳われたシズの強さをわずか1ヶ月足らずで超えている。
剣の腕前も超一流で、「剣鬼」ハクロウと並ぶ。



経歴


地球時代~転移


日本の中流家庭で育ち、特に不自由のない生活を過ごしていたが、ある時父親の会社が倒産。更には再就職が上手くいかず精神が追い詰められていった父親がギャンブルに手を出し失敗、多額の借金を背負った事で家庭崩壊。

そして自身と、宗教に嵌り込んだ母親に対して暴力を振るうようになった父親を殺害。以降人間不信に陥る。

それから少し後、高校の入学式の帰りに異世界に偶発的にやって来る。転移直後に野盗に襲われた事で能力に目覚め、野盗を返り討ちにして殺害。以後、自身に襲い掛かる人間・魔物を殺して力を奪いながら異世界を彷徨う。

シズとの出会い


イングラシアにて、異世界に来てゆく当てのないヒナタを、当時異世界人を集め教師となった井沢静江が教え子にする。
ヒナタは凄まじい吸収速度でシズの技術を自分のものとし、シズを越える強さを身に着けた。

自身と似ている境遇のヒナタをシズは何かと気にかけるが、人が信じられなくなっていたヒナタは1ヶ月でシズの元を去ってしまう。
だが本当はヒナタもシズのことを慕っていた。
書籍11巻ではヒナタはシズと対面し、今までのことを詫びて感謝している。

聖騎士を目指す


シズと別れた後、世界各地を転々としていたが、ある時滞在していた小国が魔王ロイ・ヴァレンタインに襲撃される。
その際、自らの身を顧みず人々を守る聖騎士達の姿を見て感銘を受け、聖騎士を志す。


魔王ルミナスとの出会い


類稀な戦闘センスと強力なスキルを駆使し、途轍もない速さで聖騎士としての頭角を表す。
が、

「ルベリオスの法皇ルイと魔王ロイが実は兄弟で、魔王が脅威となりそれを聖騎士が倒すということで勢力を保つ」というルミナス教の真実を知り、激怒する。

単身で神が住うとされる「奥の院」へ乗り込み、ルイとロイを粛清することに成功するが、自身も瀕死の重傷を負ってしまう。


そんなヒナタの前に、真の魔王でありルミナス神その人であるルミナス・バレンタインが姿を現す。


ルミナスはヒナタに、「驕った考えを抱いたまま死ぬな」と言い、ヒナタを死の淵から救う。

ルミナスから課せられた「七曜の試練」を突破したヒナタは、全力のルミナスに敗北する。

それでも折れなかったヒナタは、神の右手__万難を排する剣として、ルミナスに使えることとなる。
(ルミナスの軍門に降ったのは、ルミナスが人間を傷付ける気がないと本人の口から聞いたため)


リムルとの戦い


聖騎士団長として活動をするヒナタの元に、恩師・井沢静江の訃報が届く。
実はこの時点で東の帝国の手によって情報が改竄されており、リムルがシズを殺したとヒナタには伝わっていた。
ファルムス王国が魔国へと侵攻する為の足止めとして、リムルを排除する事を決める。

イングラシア王都郊外での戦いでは、ヒナタの実力を見誤ったまま様子見のために加減していたリムルの油断を突く形で、魔物の力を大幅に弱める「聖浄化結界(ホーリーフィールド)」に閉じ込めることに成功した。
そして、リムルに能力を制限させた不利な状態での直接戦闘を強いることで、一方的とも言える戦いを繰り広げる。

最終的には、ヒナタは精霊魔法と組み合わせた必殺技「七彩終焉刺突撃(デッド・エンド・レインボー)」を使ってリムルを倒した。




…かに思えたが、実はヒナタが戦っていたのはリムルの『分身体』であり、リムルは九死に一生を得たのだった。


魔国との和解


「暴風竜ヴェルドラが復活し、リムル=テンペストが魔王になった」
という知らせを受け、ヒナタ達十大聖人は魔国を攻め滅ぼすか否かという協議を交わす。

リムルはその事を見越して「ヒナタ達とは和解を望み、それでも駄目だというなら最終的に一騎討ちで決めよう」という内容のメッセージを送っていたのだが、これもまた改竄されておりあたかも一騎討ちをリムルが望んでいるように書き換えられていた。

その内容をのんだヒナタは、単身で魔王リムルとの戦いに挑もうとするが、七曜の老師やファルムス王国の陰謀が絡み合い、ヒナタはリムルとの戦いの最中瀕死の重傷を負う。

その戦場にルミナスが出向き、ヒナタを救い七曜の老師達を粛清した。

宴会を経てリムルの意思を受け取り、その存在意義を認めたヒナタ達聖騎士。
ルベリオスと魔国の和解が成立したのだった。




ちなみにここでもヴェルドラさんはやらかし、ルミナス神の正体が魔王であることが知られてしまう。


「時の勇者」と巡る因果


ルベリオスと魔国は文化交流会を行う事を計画した。が、元七曜の老師であり西方諸国を裏で牛耳るロッゾ一族の長・グランベルとユウキの陰謀が絡み合い、西方諸国は混乱に陥る。

交流会前日、グランベルとその配下がルべリオスを襲撃。
ヒナタはグランベルとの戦いに挑むが、圧倒的な勇者の力を見せつけられる。
更に「近しい者を殺したという心の闇を抱えているから、光の精霊を受け入れられず勇者として覚醒出来ない」と心の傷を抉られ、完全に余裕を無くす。
奥の手であった『強制簒奪』も攻略され、絶望的な状況に。

グランベルの放った必殺技、『崩魔霊子突(メルトストライク)』からクロエを庇い胸を貫かれ、ヒナタは魂ごと消滅した。

そして同時期、ユウキがルベリオスに封印してあった聖櫃を破壊し、最強と謳われた勇者を解放した...










この先、ネタバレ注意









消滅したはずのヒナタの魂は『数学者』の中に自我として残った状態で「時の勇者」クロエと融合しており、そこでクロエから衝撃の真実を告げられる。


これまでにクロエは自身が持つユニークスキル「時間旅行」により、幾度もこの時間をループしていること。
その度にヒナタはクロエの魂と融合し、これまではどれもバッドエンド(リムルが死に魔国が滅亡する・ヴェルドラが暴走しそれを止めるために多くの者が犠牲になるなど)を迎えていること。
今回の時間軸では、初めて最善の方向に進みそうだということ。


ヒナタとクロエはルミナスと出会ってからシズと勇者として出会い、そして「邪悪なる存在」であるクロノアとしてルベリオスの聖櫃に封印されるまでの時を旅し、ヒナタがクロノアの体の主導権を握った状態で封印され眠りに落ちる。
(同時期にヒナタがこちらの世界にやって来る為)

眠りに落ちる直前、懐かしいスライムの姿を思い浮かべたヒナタの表情には微笑みが浮かんでいた...





現在の時間軸でリムルは、ルミナスとの一瞬のやり取りで告げられた(加えて「智慧之王」の高度な推察に基づく)これらの事実からクロノアの魂へ直接干渉することを決める。
そして、リムルがシズから、シズは勇者クロノアから受け継いだ『抗魔の仮面』を使い、リムルはクロノアの魂に潜行する。

リムルはクロノアの精神内にて自身が持つアルティメットスキル「智慧之王」を駆使し、《情報子》を操作して『無限牢獄』からヒナタの魂を救出する事に成功。

ルミナスはグランベルとの決戦の最中に手に入れたアルティメットスキル「色欲之王」を使い、現実世界のヒナタの肉体を修復する。そして、その肉体にヒナタの魂を入れ、ヒナタを生き返らせることに成功した。

同時にクロエはヒナタの持っていた「勇者の卵」を取り込み自身の「勇者の卵」とくっ付く事で卵が孵り、真なる勇者として覚醒したのだった。




余談


・web版でのヒナタは作中でも稀なアダルトキャラである(唯一ベッドシーンがある)。

・実は勇者「クロノア」の名付け親。クロエの名と「時間旅行」から時の神クロノスを掛け合わせて名付けた。そうするに至ったのはリムルの影響(「魔物に名付けて大変な思いをした」という苦労話をふっと思い出した)。
なお以前までのループでは名を名乗らずに活動していた為、最後のループで初めてクロノアと名乗った事になる(実際、最後の時間跳躍をするまで勇者の「名」は一切語られてこなかった)。

・ヒナタからリムルへの明確な好意は今のところ記述はないが、13.5巻(公式資料設定集)の人物相関図にて、

リムル→ヒナタ ツンデレかな?
ヒナタ→リムル はぁ?(強い好意を示すハートマーク付き矢印)

といったやりとりが交わされており、もしかするともしかするかもしれない。

超余談


異世界人の中でリムルを呼び捨てにしているのはヒナタだけである。もしかするともしかするかもs(ry

更に余談


なんと小説18巻で、リムルのやたらとカッコつけたお世辞に対して頬を赤らめる描写がある。もしかするt(ry

おまけ


リムルは頭の中で子供みたいにはしゃぐことは多々あるが、態度は常に余裕のある大人っぽく振る舞っており、相手に好印象を与えるように表面を取り繕うタイプである。(アニメ版だと子供っぽくはしゃぎ回る描写が非常に多く、印象は随分違うかもしれない)
女性を見て「美人」「可愛い」という感想を抱くことは多いものの、セクハラ的なことを考えることはほとんど無い。
しかし、ヒナタに対しては唯一と言っていいほど(ラファエルさんにキレられるレベルで)やたらとセクハラ的な考えをすることが多く、失言もかなり目立つ。
これは同じ同郷故の気安さなのか、ヒナタが作者のお気に入りだからなのか、それとも・・・?

別名

ヒナタ・サカグチ




関連タグ

転生したらスライムだった件
井沢静江
リムル=テンペスト
神楽坂優樹

関連記事

親記事

転生したらスライムだった件の登場キャラクター一覧 てんすらのとうじょうきゃらいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「坂口日向」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42867

コメント