ピクシブ百科事典

クロエ・オベール

りむるだいすきっこ

小説『転生したらスライムだった件』に登場する異世界人の一人
目次[非表示]

ネタバレが多い(プロフィール含)ので書籍11,12巻を読了した後がおすすめです!




概要


「先生・・・あのね・・・大好き。」

「でも私なら、皆で協力して、一緒に頑張るほうがいいと思うな。」


 不完全な状態で召喚され、イングラシア王国の自由組合の学園で暮らす五人の子供の一人。
 魔素の暴走による崩壊の危機があったがリムルに救われた謎の多い少女。

プロフィール

種族人間
所属魔国連邦
称号不明
魔法不明
神之核(マナス)クロノア…自我を持つ存在。時空之王(ヨグ=ソトース)を司る。
アルティメットスキル時空之王(ヨグ=ソトース)……時間を司る。・希望之王(サリエル)…生と死を司る。現在は制御不能。
ユニークスキル時間旅行(トキノタビビト)…過去へ跳躍し、その間の記憶を保持する。ただし自ら制御や起動はできない。・絶対切断・無限牢獄→三つとも時空之王の材料として統合
耐性不明
担当声優田所あずさ


人物像

 初登場時は10歳。常に本を手放さず大人しい。黒銀髪が特徴の美少女。
 自身の膨大な魔素によって崩壊の危険があったが、リムルに救われた。
 リムルを先生と呼び慕い、彼に好意を抱いている。
 普段は控え目な性格だが、リムルの前では無邪気さと積極性を見せ、リムルを巡って友人であるアリスと争うこともある。

 魔素を使って水を操ることが可能だが、他の子よりも異常に魔素の量が多く上位精霊に並ぶレベル。また精霊迷宮で召喚した精霊も他の子供らが身に宿らせた精霊と比較して非常に特殊なものであり、リムル=テンペストのユニークスキル「大賢者」でも測定不能なエネルギーを持つ上位精霊以上の何かだったらしい。その危険度はラミリスが危機感を持って戦闘を行おうとした程。

 リムルとの別れ際にはシズの形見である“抗魔の仮面”のオリジナルを譲り受ける。

 その後魔国連邦の学校に転校し、クラスメイトたちと仲良く暮らしている。










































大賢者《ここからはネタバレです。本当にご覧になりますか?YES/NO》



























「今回は絶対、みんなで生き残るの。」


スライム大好きの勇者様



正体

 その正体は勇者の一人であり、召喚者である勇者クロノアである。


 ヴェルドラを封印した他にもルミナスにとって最も重要な友人。
 魔王レオン・クロムウェルが数百年前に異世界転移してきた時共にいた幼馴染だったらしく、未来に召喚されてしまった模様。

 ユニークスキル「時間旅行(トキノタビビト)」にて時間に干渉する権能を持ち、何度も何度も二千年前に飛ばされる”時の輪廻”に囚われてしまっていた。
 クロエの任意で発動できるわけではなく、毎回坂口日向の死をトリガーとして過去に飛ばされているようだが、なぜ坂口日向の死がトリガーとなっているかは不明。

 今までは何らかの形でリムルが死亡し魔国連邦が崩壊、ヴェルドラが暴走するというバッドエンドの末に、目の前で死亡した坂口日向の魂を取り込んで過去へ飛ぶ、というストーリーだったらしい。

 時間跳躍すると2000年前の過去へ飛び、ループしていた記憶を取り戻す。ただし、2000年以上もの記憶を正確に順序立てて思い出すことはできない。
 勇者として1000年以上活躍した後、レオンとともに幼い日のクロエが召喚された時点でクロエの人格は眠りにつく(同じ時間内に同一の魂は存在できないため)。
 その後はヒナタの人格でシズを救うなどの活躍を続け、クロノアを制御できなくなった段階でルベリオスの“聖櫃”で封印される…という流れを何度も繰り返していた。何度ループしているのかは不明。

 最後のループでは、初めてリムルがいなくなる前に時間跳躍が発動するというイレギュラーが生じる。
 グランベルの霊子崩壊からクロエを庇って死亡したヒナタの魂を取り込んで保護して装備ごと2000年以上の過去に跳び、リムルが生存するルートを辿るべく前回と同じ行動を取る。ルミナスに会い、ヴェルドラの襲来や未来の出来事を伝えて友人となり、勇者として活動した後にこの世界に過去の自分が転移してくることから意識を保てなくなりルベリオスで眠りに就いた。

 リムルの活躍で“時の輪廻”から解放された後も、友達がいる魔国連邦で生活を続けている。子供の姿にも、勇者としての大人の姿にもなれるが、普段は子供の姿で過ごしている。

 “勇者”になるだけあって恐ろしいほどの才能の持ち主であり、ループの記憶が戻る前から子供達の中では別格に強く、訓練ではリムル、ヒナタ、ハクロウでも本気にならないと危ない(負けはしないが、本気でないと『大人の威厳』を保てない程度には苦戦してしまう)。
 帝国の侵攻で、刺客であったマサユキの仲間、ジウがリムルの命を狙った際にはそれを察知し、彼女の前に立ちふさがった。

 始原の天使であるフェルドウェイに狙われたマサユキを守ろうとした際に、『希望之王』を得ていた為に”天使長の支配“で操られてしまうが、クロノアの尽力で支配を食い止めた。
 その後、リムル(シエル)による能力改変を断り、リムルの隣に並び立つために自力で状況を切り開くべく支配への抵抗を続けている(クロノア曰く、これ以上あの人(リムル)に頼ったら私達は自立できなくなる、とのこと)。








残る謎

 小説十一巻にてこの正体が明かされたが、それによって”抗魔の仮面”がタイムパラドックスの存在であることが判明し、謎は余計に深まった。

(1)シズの形見としてリムルの手に渡る

(2)リムルからクロエに託される

(3)時間跳躍によりクロエとともに過去へ

(4)勇者クロエ(ヒナタ)が別れ際にシズへと託す

(5)シズの形見としてリムルの手に渡る

(1)に戻る 



別名

クロノア 仮面の勇者

関連タグ

転生したらスライムだった件
リムル=テンペスト…何度時間を超えても想い続ける。
井沢静江…かつて教師だった。
神楽坂優樹…イングラシア自由学園での理事長として知り合い。
坂口日向…相棒として共に時間を越えた。

関連記事

親記事

魔国連邦 てんぺすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロエ・オベール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285375

コメント