ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

(CV:泊明日菜

リムルが初めて訪れたゴブリン村出身。名付けによってホブゴブリンへ進化したが多くの者たちが大変貌を遂げた中で珍しく、特徴的な丸い顔に丸い鼻を残したままで風貌の変化はほとんど見られない。
「~っす」と砕けた話し方と語尾が特徴。

作中のムードメーカーであり、普段は能天気に行動している。だがリムルの回し蹴りを一発受けただけで体得し、影移動を人知れず使い熟したりと実は天才肌である。ハクロウからはその才能を見抜かれ厳しい修行に粘り強くついていき、シオン手料理を食べるなどといった窮地に立たされると成長していく(自ら地雷を踏みぬくことも多い)努力家でもある。

リムルとは最初期の配下としては唯一砕けた口調で話しかけるため、長く共にした悪友のような立場を確立している。
聖魔十二守護王の成立に際し、リムルから「今まで通り気軽に話しかける権利」を与えられ、リムルにとって地位の上昇に係わらず気楽に過ごせる相手として、何気に重要なポジションを獲得した。そのせいで決まった直後は周囲からの凄まじい嫉妬の視線を集めることになった。

書籍版の一巻では巻末書下ろしにコブタがリムルに出会う前にドワーフ王国へと一人で向かった時の冒険談が書かれている。そのことから名無しであったことから才能がありなおかつ愛すべきバカで幸運に恵まれていたことが窺える。

作中ではわりと魔物が進化を起こしている中、ホブゴブリンに進化後はちっとも進化しないが、ハクロウとの修行で戦闘方法、技術を学び、ランガとタッグを組み、合体ができるようになる等と実力を磨き上げており、いつの間にかゴブリン達の中では最強クラスにまで成長している。
ただし、当初はそのパワーとスピードにエネルギーを完全に制御しきれずに自滅したことから、ミリムに怒られて地獄の扱きを受ける羽目になるなど、調子が良いと思ったら必ず痛い目にあう。

四天王

武道会での活躍と幸運によって四天王の一人に数えられるが、自他ともに認める『四天王最弱』であり、リムルからは「ある意味四天王にふさわしい」と思われることになる。

関連タグ

転生したらスライムだった件 魔国連邦 リムル=テンペスト ハクロウ リグルド

修行仲間:ガビル

愛すべき馬鹿 ムードメーカー 悪友

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゴブタ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゴブタ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 839563

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました