ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ヒャイーッ」

「ケイーッ」

概要

 ネオショッカー所属の最下層に属するアリ改造人間。所謂「戦闘員」。


 タイツに全身が覆われている他、マスクには退化した触角が生えていいる。に装着したベルトバックルはネオショッカーの紋章で下等な改造人間であることを示す色となっている。会話機能も機密漏洩防止のため、「ヒャイーッ」または「ケイーッ」という甲高い奇声しか上げられないようになっているが、作戦遂行の命令伝達のために簡単な会話機能は与えられている。


 100mを5秒仮面ライダークウガマイティフォームより速い!!)で走り、10mの跳躍力を持つとされており、アリ型改造人間だけに地中から自由に出現できるほか、集団戦法を得意とし人間や岩石等の無機物への擬態能力なども有している。


 求人広告を出して素材の補充をしたり筑波洋が倒したアリコマンドのタイツを着てアジトに潜入したり、『仮面ライダーSPIRITS』に登場したアリコマンド達はバダンシンドロームに感染した一般人だったりと必ずしも改造人間というわけではないようだ。


センシティブな作品

 世界征服遂行のために指揮官で怪人のサポートや要人の拉致暗殺などを主な任務としており、特訓を重ねればスカイライダースカイキックすらも習得してしまう人材も存在しているが、歴代の悪の組織の戦闘員以上に使い捨ての消耗品としての側面が強く、殆どが怪人の実験台にされてしまったり作戦遂行中に一休みしただけで制裁を受けてしまったり、役に立たないと判断されると即座に廃棄処分されてしまう哀れな存在である。

 ドブネズゴン配下の者等、ライダーマン盾にされた奴までいた。


 そんな訳か改造度合いも大雑把なもので頭蓋骨で切開され、簡単な改造を施され、縫合も荒く、改造後の忠誠心も決して高くない。


 ちなみにネオショッカー怪人の1人であるドラゴンキングは自身が鍛え上げた独自のアリコマンド軍団である『闇の戦士団』と呼ばれる拳法集団を配下として持っている他、ネオショッカー大首領の身の周りの世話を担当する巫女集団(ただし全員)などが存在する。


 歴代の戦闘員の中でもコミカルな言動が多い方で、スカイライダーに捕縛された際には「そりゃーないよー」と発言したり、一文字隼人を罠に掛けた際には「驚いたか一文字隼人」と勝ち誇った台詞を吐いていた。と言っても一文字はその手の罠など掃いて捨てるほど見ている上に敵の手の内を探るためにわざと捕まっていたので特に驚いた様子は無かった。

その戦力

 従来の戦闘員達(の一部)がそうであったように、アリコマンドも上司の怪人達によって異なる武器や戦法を身につけている。ここでは特徴のあるものを紹介する。

上司戦力
ハエジゴクジン蔓のムチを武器とする。
シビレイジン腕に特殊な装置を着けており、ここから電撃を放つ。横並びの「並列」や前後に並ぶ「直列」といった陣形を取る。倒されても怪人から充電されることで復活。電線の中を移動することも可能。
オオカミジン怪人の殺人音波を無効化する耳当てを装備。
クラゲロン中国拳法のような構えをとり、ムチを武器とする。普段は小さいクラゲの姿で怪人の体内に潜んでいる。
コゴエンスキー双頭の手槍「冷凍槍」で刺したものを凍らせる。元は怪人の体に生えてるつらら。
マダラカジン怪人に出してもらった「マダラカ剣」が武器。
ゾウガメロン何人かが抱き合った状態で転がりながら突撃する技を持つ。武器は手榴弾。
ドクガンバ森での戦いが得意で、樹上から敵を襲ったり、木々を描いた布で姿を隠したりする。鎖が武器。
ヒルビラン右手に着けた金属製の鉤爪が武器。
ヒカラビーノ包帯を投げて相手に巻き付ける。
トリカブトロン槍を武器とする。
黄金ジャガー片手剣が武器。
ドブネズゴンチョコチョコと跳ね回り、ムチで戦う。
マントコング先端が刺鉄球になっている鎖分銅が武器。
タコギャング片手剣が武器。
ドラゴンキング精鋭集団「闇の戦士団」。忍び装束か功夫服を思わせる戦闘服を纏い、釵やトンファー、ヌンチャクを使う。
アブンガースカイライダーの「トルネード」に似たベルトを巻いており、スカイキックを使える

白アリコマンド

 ネオショッカーのシロアリ型改造人間で、ショッカー白戦闘員と同じく科学者タイプの戦闘員。怪人製作やライダーの能力分析が主な任務で、いタイツ状の皮膚で全身が覆われ、アリコマンドと同様に額に退化した触角を持っている。


 腰に巻かれたネオショッカーの紋章をあしらったベルトのバックルは、やはりアリコマンドと同様に銀色であるが、普通のアリコマンドよりも地位は高く、第15話でアオカビジンが誕生の際に、実験台となったアリコマンドが溶けて死ぬ様子をアオカビジンと共に喜ぶ様子や第49話では肩車として乗ったアリコマンドを物として扱っている様子が見られる。


 その他、ノーマルのアリコマンドと同様甲高い奇声を上げて意志の表現を行うが、各種科学任務に就くための必要性からか、コミュニケーションを取る際は人間の言葉で話すことが通常のアリコマンドに比べて圧倒的に多く、奇声を上げる機会は殆どが敬礼や戦いなどで身体を動かす際や返事に限られている。


 ただし科学任務が主な使命であるため通常のアリコマンドに輪をかけて弱く、ほとんどの者が前線に赴くことは全く無い(例外としてオカッパ法師直属の彼の頭部が乾かないように湿らす2名の専属要員は別であり前線に赴いていたが、所詮はサポート系なため、スカイライダーに瞬殺されている)。

 ちなみに彼らの掛け声は他との差別化を図るためか、どこぞの悪の組織の戦闘員と同じく「ホイッ、ホイッ‼」であった。


 その他、第52話では、頭に銀色の横線がついており、色のグローブやブーツにマントを纏った支部長クラスらしき白アリコマンドも登場している。


アリコマンド少年隊

 第50話に登場した子供のアリコマンド部隊(なんだか可愛い)。タガメラスが誘拐した少年達を改造した姿。


 ただし、誘拐された少年達全員が改造されるのではなく、適性テストで合格者のみ厳選され不合格者はタガメラスに血を吸い尽くされてしまう(その生死は不明)。タガメラスがスカイライダーに倒された後、少年達は元の人間の姿に戻っていった。


巫女集団

 第52~54話(最終話)に登場した魔神提督(後に大首領)直属のアリコマンド部隊。魔神提督が大首領の怒りを静めるために用いられたが、通常のアリコマンドが巫女の衣装を着ているだけなので、特別な改造は施されていないものと思われる(男のくせに巫女風に改造されたアリコマンドなのか?)。


 魔神提督が処刑された後、大首領の配下として引抜かれたらしく、主に大首領のために舞を披露したり、食事など身の回りの世話をすることが主任務。


ドクロ暗殺部隊

 魔神提督亡き後に登場したネオショッカー大首領直属のアリコマンド部隊。全員が顔をドクロの面で覆っており、隊長各はマントを纏っている。 通常のアリコマンドより遙かに手強いとされる(彼等曰く「雨のように襲い、風のように人を刺す」)。


 大首領の命令によりと彼の母親である筑波寿子を襲撃するが、駆け付けた一文字隼人と洋の猛攻の前により全滅した…かに思われたが、生き残った隊長はボウガンで寿子を殺害するものの、それが仇となり怒りに燃える洋の反撃により絶命し部隊は全滅した。


関連タグ

ネオショッカー 戦闘員 仮面ライダー(新) スカイライダー アントロード


ゼクトルーパー:モチーフが蟻繋がり。


ドロドロ相手の必殺技・合体技を習得した戦闘員繋がり。


仮面ライダーシリーズの戦闘員の系譜

ブラックサタン戦闘員/デルザー軍団戦闘員アリコマンドドグマファイター/ジンファイター

関連記事

親記事

ネオショッカー ねおしょっかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120386

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました