ピクシブ百科事典

仮面ライダーフルスロットル

ぱちんこかめんらいだあふるすろっとる

仮面ライダーストロンガーが題材のパチンコの機種。 2014年末の仮面ライダードライブの映画の方の意味ではない。
目次[非表示]

作品解説

2015年秋、パチンコメーカー京楽(KYORAKU)と栄光の七人ライダーが、コラボ!
今までの仮面ライダーシリーズ台は昭和の地が舞台だが、今作はビル街や遊園地などが今時の平成の地が舞台。
本作ならではのオリジナルのキャラクター、ライダーの必殺技、タッグ技も続々登場!
大当たり確率は1/399.6。
後に内容も同じままの大当たり確率が1/319版の台が登場した。

登場人物

一部ライダー、首領級怪人、ナレーションのほとんどが関智一が担当している。

仮面ライダーサイド

全員が集合すると、通常はスカイライダー、スーパー1、ZXを加えることで始めて発動した合体必殺技「ライダーシンドローム」だが、今作は7人が行う「スーパーライダーシンドローム」という技を使う。

仮面ライダー1号
仮面ライダー2号
仮面ライダーV3
ライダーマン
仮面ライダーX
仮面ライダーアマゾン
仮面ライダーストロンガー
???? - スペシャルゲスト。RIDER CHIPSアレンジ版のテーマソングも用意されている。

敵組織サイド 

今回の敵は全く新しい新組織「闇のショッカー」。
通常変動を大当たりすると首領格の怪人たちとの大決戦が始まり、昇格確定時を除き、たった3ラウンド目終了時で倒せてしまうことがある。確定パターンは7人ライダーが披露する「スーパーライダーシンドローム」なのだが、通常パターンだとその倒し方が首領格怪人4人(場合によっては3人)にストロンガーがカブトローに乗り体当たりするライダーブレイク1発のみで、

ストロンガー「やったか?」=本当に倒してしまい闇のショッカーは壊滅。という非常にあっさりしたものとなっている。

その後は闇のショッカー軍団が量産した闇のライダーとの戦いへと続く確変、時短の「フルスロットルラッシュ」となっている。

※オリジナルキャラのみ表示
ブラックサタン大首領
メカ地獄大使 - 詳しくは地獄大使の項へ。
エンペラーダーク - 詳しくはキングダークの項へ。
大十面鬼 - みるからに十面鬼ゴルゴスの完全体…?

闇のライダー - 栄光の七人ライダーらと対なる7人のダークライダー 改造人間の七人ライダーと違い、元となったライダーのデータを導入した完全なサイボーグの集団。
闇のショッカー軍団はこのとき既に壊滅しているが、存在意義のために元となるライダーを滅ぼそうとしている。
おぞましい姿をしており、過去の「ウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲」に登場したダークキラーブラザーズみたいなもので戦闘能力は早い話が登場する元のライダーと全く同じくらい。
元となった仮面ライダーたちを「偽の仮面ライダー」と全員集合ラウンド(次回変動時即大当たり確定)で称している。

  1. 闇の1号
  2. 闇の2号
  3. 闇のV3
  4. 闇のエックス
  5. 闇のライダーマン
  6. 闇のアマゾン
  7. 闇のストロンガー

外部サイト

ぱちんこ仮面ライダーフルスロットル 公式サイト

関連タグ

パチンコ仮面ライダーストロンガー
栄光の七人ライダー

もしかしてMOVIE大戦フルスロットル

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーフルスロットル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2478

コメント