ピクシブ百科事典

ヒトデヒットラー

ひとでひっとらー

ヒトデヒットラーとは、「仮面ライダーX」に登場する敵怪人である。
目次[非表示]

「吾輩は残酷なことでは世界を震え上がらせた地獄の独裁者ヒトラーの化身だ。口を割らせる方法はいくらでも持っているぞ‼」

CV:辻村真人 スーツアクター:池田力也

概要

仮面ライダーX』第25話『謎の怪盗 カブト虫ルパン‼』、第26話『地獄の独裁者ヒトデヒットラー!』に登場した、GOD機関の怪人部隊『GOD悪人軍団』に所属する怪人。
名前と顔立ちから容易に想像できるだろうが、モチーフになっているのは、ショッカーの母体の創設者アドルフ・ヒトラーその人である。
カブト虫ルパン敗北後キングダークに召集された。

設定ではヒトラーの死体にヒトデの能力を移植して制作された怪人(ちなみに史実ではヒトラーが自害した後、その遺体は焼却・散骨されたとされている)で、鳴き声は「ヒットラーーーーッ‼」または「ヒトデ、ヒットラーーーッ‼」
自信家にして残忍かつ冷酷な性格の持ち主で「口を割らせる方法はいくらでも持っている」と豪語する。

センシティブな作品


一人称は「我輩」で自らを「地獄の独裁者」と称し、GOD機関においては一怪人に過ぎない立場でありながら、配下の戦闘員には「総統」と呼ばせている。さらにナチスの軍服を着用させ、報告の際には腕をまっすぐに伸ばして挙手する独特のポーズで敬礼をさせている。
アポロガイストが所属していた部署と同一は不明だが、秘密警察を傘下に入れている。(ナチスの親衛隊が由来かもしれないが)
また、Xライダーに敗れた際、Xライダーの手に渡る事を阻止する為に設計図諸共自爆しようとするなど、総統としての誇り高い一面を持つ。
専用の潜水艦を所有している。
その使命は、キングダークを半永久的に動かすために必要な、9枚に分割された『RS装置』の設計図の1つを持っている南原博士の教え子・江川孝夫博士(演:中井啓輔)から奪う事である。
博士がヒッピーを金で雇ってすり替わったことがわかり、偽物を助けにきたXライダーに時限爆弾で手傷を負わせた(偽の博士たちは重傷だったという、よく考えると一般人を巻き込んだ博士たちの行動はアウトな気がする)。

主な能力は手にしたステッキから発射する『ロケットヒトデ』。無数の小型のヒトデに分裂して襲いかかったり、巨大なヒトデに変身しての体当たり攻撃を行う他、電気ヒトデを投げつけて相手を感電させる。敵を水中に引きずり込む必殺技『渦巻き地獄』も得意。
また、諜報活動には盗聴器が仕込まれた小型ヒトデを用いる。

最後はXライダーとの死闘の末、『Xキック』で致命傷を負い、もはやこれまでとXライダーの手に設計図が渡る事を阻止するために設計図ごと自爆しようとするが、結局Xライダーに奪い返されて失敗。自分1人だけ自爆して果てるのだった。

仮面ライダーSPIRITS

山口県秋芳洞の地下洞窟にて、カメレオンファントマを倒したSPIRITS第10分隊の前に大ゴマで堂々と登場。親衛隊を率いてSPIRITSに襲い掛かったが、キングダークが起動すると撤退した。
その後、日本海から島根に向かうキングダークを護衛し、追ってきたSPIRITSと交戦するも、Xライダーがジンギスカンコンドルを起点にして繰り出した真空地獄車にトカゲバイキングヒルドラキュラムカデヨウキヒタイガーネロ諸共巻き込まれて爆死した。

そもそも大首領復活のためにヒトラーの死体を使っておけば簡単に復活出来たんじゃないのかと言ってはいけない。

余談

終戦から29年が経過したとはいえ、当時の親世代からすればヒトラーはまだ記憶に残る人物であった。
後の『ジャッカー電撃隊』にも、ヒトラーを敬愛する敵怪人クロコダクル総統が登場する。

分身であるヒトデの造形物はおそらくオニヒトデ(デストロン怪人)と同じもの。

江川博士役の中井氏はかつて昭和ライダー第1作怪人の人間態を演じたことがある。

関連イラスト

かなり前に描いた風子
Starfish-Hitler



関連タグ

仮面ライダーX GOD機関 GOD悪人軍団 キングダーク
ヒトデ アドルフ・ヒトラー

関連記事

親記事

GOD悪人軍団 ごっどあくにんぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒトデヒットラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16349

コメント