ピクシブ百科事典

オニヒトデ(デストロン怪人)

おにひとで

ここでは仮面ライダーV3に登場するオニヒトデについて解説する。
目次[非表示]

登場作品『仮面ライダーV3
第48話「見た!デストロン首領の顔‼」
CV/八代駿

概要

デストロンヨロイ一族の1人であるオニヒトデ改造人間鳴き声は「グワァーッ‼」
東京に自身の分離態である多量の小型ヒトデをばら撒き、東京中の人間たちの皆殺し及び、日本へと来日し、東都中央病院に滞在中のデストロン首領の護衛を主な任務としている。

自身を無数の小型ヒトデに分裂させ手の体当たり攻撃や触手状のにより叩き付け、胴体にあるでの噛みつけ攻撃や溶解液(オニヒトデはから胃袋を吐き出してサンゴを無理矢理溶かしてすすり上げる食性を持つ)が主な戦力。
毒針は?

V3との決戦では自在に小型ヒトデに分離してことごとく攻撃を交わして戦いを有利に進めるが、最後は駆けつけたライダーマンの『ネットアーム』を被せられ分離能力を封じられた所へ、『V3三段キック』を受け爆死した。

仮面ライダーSPIRITSではヨロイ一族の愛媛制圧作戦に参加する者の、ライダーマンの放った特殊なトリモチにより身動きを封じられてしまい何もできなかった。

余談

ちなみに、どう見ても甲羅などの堅そうなイメージとは程遠い生物がモチーフ(まぁ、サイカメレオンの皮膚と同じく硬そうな外見をしているとも無理やり観れんことも無いが…)が、何故にヨロイ一族となっているかというと、元々は軟体族というボツ結託部族の怪人を流用したかららしい。

関連項目

デストロン怪人 仮面ライダーV3 オニヒトデ

コメント