ピクシブ百科事典

ガマギラー

がまぎらー

特撮番組「仮面ライダー」に登場する怪人の一体。
目次[非表示]

CV:沢りつお
登場話数:第34話「日本危うし!ガマギラーの侵入」

概要

ガンジス川出身のガマガエル改造人間身長196㎝、体重88㎏。
東西日本の境目であるフォッサマグナ核爆弾爆破し、日本を真っ二つにさせようと暗躍する。
から神経ガス発射して、吸った敵を発狂させて殺す。このガスには記憶を消す副作用も持ち、たとえ吸った敵が死ななくともショッカーに関する記憶を消すことで証拠隠滅が可能となっている。また、の吸盤から分泌されるガマの油を応用して発火現象を起こし、掴んだものを燃やす事が出来る。この他にも手持ち武器としてガマだけに鎖鎌を持つ。カエルの改造人間だけあってジャンプ力は高い。

弱点お腹の柔らかい所。カエルだから仕方ないね。

活躍

前述のフォッサマグナ爆発計画を登山家たちに聞かれてしまい、始末しようとしたがうち一人に逃げられてしまう。(この時はアンデスの秘密基地であるが後の南米支部との繋がりは不明)
その生き残った女性はその時の記憶を失っており、ショッカーの存在を知り悪事を告発しようとした犯罪研究所の博士が記憶を蘇らせようとするのを阻止すべく研究所襲撃、博士の娘を拉致しアジトへ逃亡するも戦闘員に変装した滝和也によってアジトの場所がばれてしまう。
また、女性も記憶を取り戻してしまい再度研究所を襲撃、博士に神経ガスを浴びせショッカーについての資料も始末した。(博士は生きていたもののショッカーに関わる記憶は失われた)

計画に必要な核爆弾を受け取るために秘密飛行場を訪れたが仮面ライダー2号に襲撃され、飛行機で逃げようとするがサイクロンでジャンプし飛行機に体当たりされて飛行機と共に爆死

なお、石ノ森章太郎氏が『たのしい幼稚園』で掲載した漫画版ではヘリコプターにサイクロン特攻を受けて爆死している。某ワインライダーでも同様のシーンがある。


余談

  • 初期設定での名前は蟇怪人ガエロックだった。
  • 旧1号編から登場した野原ひろみがこの回で最後の登場回となった。
  • 戦闘員が折口犯罪研究所の柵に触れて電流を浴びるシーンと滝和也が戦闘員に化けてガマギラーについて行くシーンがリクルートの求人誌「ビーイング」のCMに使われた。


関連項目

ガマボイラー ガマゴエモン ガマ獣人 メ・ガエラ・レ 
フロッグオルフェノク フロッグアンデッド フロッグファンガイア

pixivに投稿された作品 pixivで「ガマギラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 428

コメント