ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

生年月日2014年7月3日
英字表記Kisekino Teio
性別
毛色鹿毛
トウカイテイオー
キセキノサイクロン
母の父エアダブリン
戦績9戦0勝
管理調教師岡島玉一(門別)
生産遊馬ランドグラスホッパー

産まれは2014年で、キセキウインブライトリスグラシューなどと同じ17世代にあたる一頭。

しかし、キセキノテイオーは7歳になってからデビューしたため、同世代の馬と走ったことはない。

また日本の競走馬には珍しい7月生まれの馬でもある。


戦績編集

デビュー前編集

2014年7月3日生まれ。

父はトウカイテイオー、母はキセキノサイクロン

母であるキセキノサイクロンは、幼いころに台風で流されるも無傷で、地方の旭川競馬で活躍するも未勝利のまま繁殖入りした馬。

キセキノサイクロンには、これまで乗用馬のアングロアラブ生産用としてアラブ種の種牡馬が付けられていたが、この時のみ、同じサラブレッドであるトウカイテイオーが付けられていた。

その結果産まれたのが、キセキノテイオーである。

乗馬から競走馬へ編集

こうして生まれたキセキノテイオーだが、体格から競走馬としてデビューすることは出来ず、生まれ故郷でもある新冠町の乗馬施設「遊馬ランドグラスホッパー」で乗用馬となることになった。

このままいけば、キセキノテイオーは一生乗馬のまま生涯を終えることだったであろう。


しかし、2020年秋に開催された乗馬の長距離耐久レースで上位入着。このことにより、遊馬ランドグラスホッパー側はこう考えた。「もしかしたら、キセキノテイオーは競走馬になれるのではないか?」と。

また、キセキノテイオーはトウカイテイオーのラストクロップ(最後の産駒)の一頭であり、そのトウカイテイオーの(父系の)血が途切れる寸前(母系では多くもないが、そこまで危機的ではない)であったことも、本馬の競走馬デビューの一員となった。


こうして、キセキノテイオーは競走馬から種牡馬となり、シンボリルドルフからトウカイテイオーまで受け継がれてきた血を残すという使命を帯びることとなった。

しかし、中央はもちろん、地方でさえ7歳という高齢でのデビューができる場所は少なく、唯一それが可能だったホッカイドウ競馬の門別競馬場からのデビューが決定。

クラウドファンディングで資金を集めたのち、同競馬場に厩舎を構える岡島玉一調教師に預けられた。

デビュー編集

競走馬人生の第一歩を踏み出したキセキノテイオー。彼の前に待ち受けていたのは、競走馬デビューに必要な能力試験の受験だった。

1回目は残念ながら不合格だったものの、2回目で見事合格。


これにより、門別競馬場で2021年に競走馬デビューを果たす。

7歳という古馬の域に入った高齢でのデビューだったことや、トウカイテイオー最後の産駒という点で話題を呼んだ。

また、当時は父であるトウカイテイオーも擬人化されて登場するメディアミックスプロジェクト「ウマ娘プリティーダービー」も大ヒットしており、そこからキセキノテイオーを知った者も多い。同作のBlu-rayには、特典映像として、細江純子がキセキノテイオーを訪ねるロケが収録されている。


※なおキセキノテイオーより高齢でデビューした競走馬は13歳でデビューしたマーチャンダイズがいる。マーチャンダイズもまたキセキノテイオーと同じ門別所属であった。


その後編集

2023年7月21日付けで地方競馬登録が抹消。

その前から大阪で乗馬として戻り、再度活躍している。

関連記事

親記事

17世代 じゅうななせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185055

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました