ピクシブ百科事典

シャドーロール

しゃどーろーる

馬の鼻梁に取り付ける馬具の一種。 馬が自分の影に驚いて暴れることを防ぐための「目隠し」の一種。 また下方視界を遮ることで、様々な副次効果をもたらす。
目次[非表示]

シャドーロールとは、の装具(馬具)の一種である。

概説

馬のの間(鼻梁)に取り付ける厚手の帯。
素材は羊毛もしくはアクリル製であることが多い。

馬の下方視界を隠す、いわば目隠しのようなもの。
馬の中には自分の影を見て驚き、混乱するデリケートな性格の者もいる。また注意散漫で、走っている最中にあちこち視線を移して全力疾走してくれない馬などもいる。
そうした馬を走行に集中させるため、敢えて足元を隠して前方の視界に集中させる目的で取り付けられる。

競走馬の場合、これ以外にも走法の矯正を目的に用いられることがある。
目隠しをされた結果、下方の視界を得ようと首を下げて頭の位置が低くなることで、より前のめりで全身を使った走法が身に付くようになるという。

日本ではスピードシンボリが欧州遠征で装着していたことが、記録映画『日本馬海外遠征特集』で判明しており、実証できる最古の装着馬となっている。
その後、メンコ(耳を覆う布製の耳栓)やブリンカー(目の周りに直接装着して視界を遮る馬具)に比べてマイナーであったが、1990年代にナリタブライアンが装着して三冠馬へと出世したことから一躍注目を浴び、シャドーロールを装着する競走馬が増えることになった。

しかし効果に個体差が出やすく、ブリンカーのように周囲の視界を遮っているわけではないせいか、慣れると元の走法に戻る馬も登場したため、ブームは下火になっていった。

装着していた主な競走馬

名前備考
ナリタブライアン上記参照。言わずと知れた「シャドーロールの怪物」だが、競争生活末期は無くても普通に走れていたとのこと
キングヘイロー
アーモンドアイ彼女を含む国枝栄厩舎の馬は、目印になるように多くが白いシャドーロールを装着している
マツリダゴッホ国枝厩舎
アパパネ国枝厩舎
タイキブリザード競走生活後半では外している
バブルガムフェローシャドーロールを装着していたのは2歳までで、3歳以降は外している
イシノサンデー
トゥザヴィクトリー
ビッグウィーク
ヒシアケボノ
ヤマカツスズラン
アメリカンボス
ブラストワンピース気性難ではないが、大きな顔に見栄えを加えるために装着していた
チアズグレイス
スノードラゴン通称「バナナ師匠」
ウインザーノット
ニシノライデン
エフフォーリア
ジェニュイン



類似する馬具

矯正したい位置によって名称が変わる。

ブロウバンド
シャドーロールとは逆に額当てのように装着する。

チークピース
目の後ろ側あたりの頬の位置に装着する。ブリンカーと異なり、JRAへの報告義務がない。

関連タグ

競走馬 競馬
目隠し 馬具
ナリタブライアン



関連記事

親記事

馬具 ばぐ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャドーロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71148

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました