ピクシブ百科事典

平石洋介

ひらいしようすけ

大分県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手・内野手。 東北楽天ゴールデンイーグルス一軍監督(2018年シーズン途中~2019年シーズン)を経て、2020年シーズンより福岡ソフトバンクホークスの一軍打撃コーチ兼野手総合コーチに就任。
目次[非表示]

経歴

プロ入り前

1980年4月23日生まれの所謂松坂世代
名門PL学園の主将を務めるが、3年次(1998年)の夏の甲子園では松坂大輔擁する横浜高校と準々決勝でぶつかり、延長17回の死闘の末に7-9で敗れた。
ちなみにPLの同期には、日本テレビアナウンサー上重聡がいた。

その後は同志社大学トヨタ自動車野球部を経て、2004年ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから7位指名を受け入団。
なお、楽天はこの年が最初のドラフトであるため、平石は楽天1期生のひとりとなった。背番号は33。

現役時代

初出場は開幕2戦目、2005年3月27日ロッテ戦。しかし、この試合は0-26という歴史的な惨敗で、平石も3打数無安打と散々なデビュー戦だった。

その後は若い選手や外国人の台頭で徐々に出番が減り、2011年戦力外通告を受け31歳で現役引退。なお、平石の引退によって、楽天ドラフト1期生はわずか7年で全員がいなくなった。

引退後

引退後の2012年からコーチとして在籍。2015年には35歳の若さで二軍監督に就任。
2018年には一軍ヘッドコーチに就任するが、同年6月16日をもって梨田昌孝が成績不振の責任を取って一軍監督を辞任したため監督代行として指揮を執り、シーズン終了後一軍監督へ昇格。これにより、楽天初の生え抜き監督、および1980年代生まれ初の一軍監督となった。

チームは前年の最下位から3位へ躍進させる実績を残すも、シーズン途中より選手陣の不調で成績が伸び悩んで長らくBクラスに転落しており、打線陣の乱調や走塁ミスなどの例年からの課題点を改善できなかった点や采配や継投での誤算が目立っていた。
一軍監督としての契約は単年契約であったことや、あくまでも現場に携わることにこだわる平石の姿勢と、かねてより「中長期的に優勝を狙えるチーム作り」という目標を立てていた石井一久らフロント側の考えとの折り合いがつかなくなったことも重なり、クライマックスシリーズで対戦相手・ソフトバンクに逆王手をかけられて1勝2敗で2019年シーズンが終了したことに伴い退任(後任は三木肇)。
二軍での育成と実績を讃える球団側から用意されていた「二軍総括ポスト」という地位に就く案も固辞して球団から正式に離脱。
采配ミスに関して一部のファンからこそ批判はあったものの、2年ぶりのAクラス入りに貢献した実績から楽天以外のチームファンから高く評価されていたため、わずか1年で平石時代が終わってしまったことを多くのファンから惜しまれた。

その後、福岡ソフトバンクホークスからの招聘を受けて、翌2020年シーズンより、同チームの一軍打撃コーチ兼野手総合コーチに就任することが発表された。
なお、一軍監督経験者が別チームのコーチに就任するパターンは、2009年にオリックス一軍監督を経てソフトバンク一軍ヘッドコーチに就任した大石大二郎以来となる。

関連タグ

東北楽天ゴールデンイーグルス 福岡ソフトバンクホークス 松坂世代 引退したプロ野球選手一覧

楽天ドラフト1期生

※:名前横の西暦は楽天所属年。自由枠を行使したため、3位は指名せず。

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「平石洋介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340

コメント