ピクシブ百科事典

岩村明憲

いわむらあきのり

愛媛県出身のもとプロ野球選手。ポジションは内野手。
目次[非表示]

概要

出身愛媛県宇和島市
生年月日1979年2月9日
身長・体重175cm、92kg
投球・打撃右投左打
守備位置内野手
プロ入り1996年ドラフト2位
経歴ヤクルトスワローズ(1997-2006)→タンパベイ・デビルレイズ(2007-2009)→ピッツバーグ・パイレーツ(2010)→オークランド・アスレチックス(2010)→東北楽天ゴールデンイーグルス(2011-2012)→東京ヤクルトスワローズ(2013-2014)→福島ホープス(2015-2017)


愛媛県出身。宇和島東高時代は宮出隆自とチームメイトだった。
1996年ドラフト2位でヤクルトスワローズに入団。

一軍デビューは1998年2000年にはサードのレギュラーを獲得、2001年には背番号「1」を池山隆寛から継承。以降2006年オフにメジャー移籍するまでスワローズを代表する選手としてチームを支えた。

2007年からはメジャーリーグでプレー。2007年から2009年まで在籍したタンパペイ・レイズではサード、後にセカンドにコンバートされながら若いチームの精神的支柱として活躍。チーム初のポストシーズン、ワールドシリーズ進出に貢献した。
2010年ピッツバーグ・パイレーツで開幕を迎えるも、打撃不振に陥り9月6日に解雇。後にオークランド・アスレチックスに入団するも目立った成績を残せず解雇された。

2011年からは東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同じくメジャーリーガーだった松井稼頭央とともに主力として期待されるも、攻守ともに精彩を欠いた。セカンドには内村賢介が定着、それに押し出される形で高須洋介がサードに入ったたため出番を失う。
2012年も不振を極め、戦力外通告を受ける。オフに東京ヤクルトスワローズへの7年ぶりの復帰を果たした。しかしヤクルトでも戦力になれず、2015年オフに戦力外通告を受ける。

その後独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の福島ホープスに球団代表及び選手兼任監督として就任した。2015年は前期は最下位に低迷したが、後期は地区優勝を果たした。2016年は選手としての出場は3試合にとどまり、4打数無安打3四球1打点の成績だったが、監督として前後期ともに2位ながら、年間勝率2位となった。
2017年、開幕直後の4月10日に記者会見を開き、今シーズン限りで現役を引退することを発表。2018年からは福島ホープスの専任監督として指揮を執っている。

外部リンク

岩村明憲 - Wikipedia

関連項目

プロ野球 プロ野球選手 引退したプロ野球選手一覧

コメント