ピクシブ百科事典

飯原誉士

いいはらやすし

東京ヤクルトスワローズ所属していたプロ野球選手。2019年はBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスの選手兼任ヘッドコーチ。

概要

栃木県出身。中学校時代の野球部の後輩には現在千葉ロッテマリーンズに所属する成瀬善久がいる。
高校までは投手。プロのスカウトが注目するほどの逸材だったが、ケガで大学からは外野手に転向。2005年大学・社会人ドラフト5位でヤクルトスワローズに入団。

プロ入り後はルーキーイヤーから一軍出場。ポジションは本職の外野に加え遊撃手も務めた。2007年には岩村明憲のメジャー挑戦に伴い畠山和洋宮出隆自とともに三塁手に挑戦。守備面で安定しなかったものの三塁だけで118試合に出場した。
2008年はアレックス・ラミレスの移籍に伴い開幕スタメン入り。一時は福地寿樹の台頭でレギュラーの座を奪われるものの、アーロン・ガイエルの不振などですぐに奪回。青木宣親が北京五輪に参加中は3番を任された。
2009年は出場が100試合を割ったものの、2010年には130試合に出場して15本塁打をマーク。しかしチャンスで結果を残せない、盗塁数が減少するなど課題を残した。
2011年はこの年導入された統一球の影響か成績が悪化。2012年は出場機会がさらに減少してしまった。
その後も主に控え選手として出場し続けたが、2017年オフに戦力外通告を受け退団、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに村田修一らとともに入団。

関連記事

親記事

ベースボール・チャレンジリーグ べーすぼーるちゃれんじりーぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飯原誉士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4708

コメント