ピクシブ百科事典

若松勉

わかまつつとむ

北海道出身の元プロ野球選手。

1971年にドラフト3位でヤクルトアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団。1989年引退するまでチームを引っ張ってきた、「小さな大打者」。

彼の背番号1は引退後ヤクルトを代表するバッターが彼の二つ名「ミスタースワローズ」と共に受け継いでいく番号となり、池山隆寛岩村明憲青木宣親山田哲人に引き継がれている。

スワローズ出身者として唯一選手(78)・コーチ(97)・監督(01)で優勝を経験している。

2001年セリーグ優勝の際、本来「ファンの皆様、ありがとうございます」というところを緊張のあまり「ファンの皆様、本当にあの〜、あの…、おめでとうございます」と言ってしまった(何故かそれがその年の流行語大賞に選ばれてしまった。)。

2001年の胴上げの際に石井一久達の悪ふざけで一回転するはめに。そのとき、腰を痛めてしまったらしく退任セレモニーの際の胴上げも当初は固辞していたらしい。

一説ではトレイ・ヒルマン監督の後任として北海道日本ハムファイターズの監督にという話が一部地元で盛り上がったがその腰のために断ったという。(未確認情報)

pixivに投稿された作品 pixivで「若松勉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532

コメント