2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1987年1月17日生まれ。台湾出身・血液型はA型。
ポジションは外野手で、右投右打。

兄・陽耀勲、同郷の監督(当時)がいる福岡ソフトバンクホークスへの入団を希望していたが、ドラフト会議では北海道日本ハムファイターズと福岡ソフトバンクホークスが競合。一旦は「交渉権を得たのはソフトバンク」という発表があり本人も喜んでいたがそれが間違いだとわかり涙を流す。最終的に2005年日本ハムにドラフト1位で入団した。ちなみに、日本国籍をもっていないが、福岡第一高等学校に3年間在学したため、日本人登録選手として扱われている。

2005年・06年は一軍での試合出場機会はなかったが、2006年秋のインターコンチネンタル杯では台湾代表として出場し、銅メダル獲得に貢献した。しかし二軍で首位打者争いができるだけの力がありながら、一軍ではイマイチ発揮しきれていなかった。2009年には強肩を生かすために外野手にコンバートされる。同年11月に心機一転で「陽仲壽」から「陽岱鋼」に改名(登録名変更ではなく本名の改名。台湾ではよくあること)。改名の甲斐あってほぼ一軍定着。

2012年シーズンより正式に外野手登録、そして糸井嘉男とポジション交換してセンターへ。外野手転向後は、相変わらず安定した守備を見せていた。
2013年より背番号が念願の「1」に変更されることが発表された。ヒーローインタビューの際、ファンに向けて「サンキューで~す!」という決め台詞を使うようになる。

2016年シーズンオフにFA宣言をして読売ジャイアンツへ移籍。
巨人時代の5年間はコンディション不良や怪我に苦しめられた。2019年は代打の切り札として代打打率.394を記録するも、レギュラー獲得までには至らなかった。

貴重な右打ち外野手であるため巨人球団は2022年シーズンも契約する方針だったが、本人の申し出で2021年シーズン終了後退団。現役続行のため渡米し、米独立リーグ「アメリカン・アソシエーション」に所属する「レイクカントリー・ドックハウンズ」へ入団した。

エピソード

  • 台湾の少数民族アミ族の出身。身体能力の高い民族らしい。
  • 長兄はソフトバンクの陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)。彼は外国人登録。一軍での直接対決は2012年8月8日に兄が中継ぎとして登場し、7年越しでようやく兄弟対決が実現。わずか1球でヒットに仕留めて弟の勝ち。
  • 次兄は独立リーグの四国・九州アイランドリーグ、長崎セインツでプレーした陽耀華(ヨウ・ヨウカ)。
  • いとこはオリックス・バファローズへ入団した張奕
  • 台湾は徴兵制があるためオフはちゃんと兵役に服した。キチンと坊主になった。
  • 09年12月、台湾の球場にて彼女に堂々プロポーズ
  • その彼女は元モデル。08年12月には既に入籍していたことが判明。入籍後に公開プロポーズ、台湾ではよくあること
  • おしゃれさん。お出かけ前には何を着ていくか15分くらい考えている。ファッションのポイントは帽子。
  • 遊びに来た対戦相手のマスコット(主にドアラ)とじゃれる様子がたまに目撃される。
  • 日ハム所属時の2016年9月21日での対ソフトバンク戦の9回裏で、2死2・3塁で江川智晃が放った大飛球をフェンス際でとった事があり、これに由来して「リアル野球BAN」でのベース付近の金網・ピッチングマシンのモニター・フェンスの「FINE PLAY!!」エリアに2017年から追加(既存のレフト・ライトにそれぞれ1ヶ所ずつ計2ヶ所設置されている所にさらに追加された形)されたセンター2ヶ所には、石橋貴明によって「陽岱鋼ゾーン」と命名された。


関連タグ

プロ野球選手 外野手 北海道日本ハムファイターズ 読売ジャイアンツ

関連記事

親記事

プロ野球選手 ぷろやきゅうせんしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「陽岱鋼」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「陽岱鋼」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35877

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました