ピクシブ百科事典

牧田和久

まきたかずひさ

埼玉西武ライオンズでデビューし、現在はサンディエゴ・パドレス傘下のマイナー球団に所属する野球選手(投手)である。
目次[非表示]

概要

所属埼玉西武ライオンズサンディエゴ・パドレス
出身静岡県焼津市
生年月日1984年11月10日
身長・体重177cm、83kg
投球・打撃右投右打
守備位置投手
プロ入り2010年ドラフト2位


静岡県出身。静清工業高、平成国際大、日本通運を経て2010年ドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団。同期入団選手は大石達也秋山翔吾前川恭兵林崎遼熊代聖人
日本通運時代のチームメイトには野本圭がいる。
数少ないアンダースローの投手。

ルーキーイヤーの2011年は当初先発として好投。しかしムエンゴや俺達により交流戦後抑えに回り、22セーブをマーク。先発、抑えとフル回転し球団としては1999年の松坂大輔以来の新人王を受賞した。
2012年は先発に復帰し、一年間通して一軍に帯同し13勝を挙げる。
2013年WBC日本代表に選出。抑えを任され、各国の強打者に対して好投を見せた。シーズンでは中盤に不調に陥ったこともあったが先発ローテーションとして安定した投球を重ねた。
2015年は先発で結果を残せず、さらに高橋朋己が不振に陥ったため、2011年以来の抑えを務める。
2016年は主に中継ぎを担当(現在のNPBでは予告先発制が採用されており、牧田が先発とわかった試合は天敵の左打者を並べられてしまうため。また、クローザー起用も左の代打攻勢を掛けられてしまい都合が悪い)。
2017年12月、ポスティングによるメジャー挑戦を表明。2018年1月8日、サンディエゴ・パドレスとの2年契約が成立。
しかし2018年のレギュラーシーズンが始まると球威不足の球を痛打される場面が目立ち、メジャーとマイナーを何度も往復することとなる。そして2018年シーズンの全日程終了後、パドレスのメジャー登録の前提となる40人枠から外されてしまい、マイナー契約となった。
2019年は3Aで開幕を迎えた。6月、一度メジャーに登録されたが登板機会は無く、僅か1日で40人枠から外されてしまった。

プレイスタイル

持ち球はストレート・カーブ・スライダー・シンカー・チェンジアップを投げ分ける(アンダーハンドでチェンジアップを投げるのは非常に珍しい。渡辺俊介がチェンジアップの教えを請うたほど)。
ただし、牧田の真骨頂は球種ではなくタイミングずらし。アンダーハンド特有の球持ちの長さを活かし、ストレート数種の投げ分け、リリースのタイミングずらし、プロで身に着けたクイックモーションを交えてのタイミングずらしを巧みに使い分け、打者のタイミングをずらしていく。

いわゆる「牧田依存症」

希少なアンダースロー投手、先発・中継ぎ・抑えとどのポジションでもこなし、肩が出来上がるのが早く故障にも強い、圧倒的な内容ではないが相手打線をしっかり抑えてしまう、という特性からか、NPB・MLB・国際試合すべてにおいて監督から非常に重宝される傾向がある。第三回WBC・侍ジャパンの監督小久保裕紀から「困ったときの牧田」と言われてしまうほど。

MLBが牧田に対応出来ていない?

2018年のMLBにおける出来事。以下に牧田登板時の珍現象を記す。

  • 開幕から4月8日時点までの試合で投げた48球中39球が速度不明(球場の二階にあるスピードガンが拾えなかった)
  • 130km/hのストレートがチェンジアップ扱い
  • ど真ん中のストレートをボールと判定され球場全体から大ブーイング

はて2009年までチャド・ブラッドフォードという渡辺俊介並みに低いところから投げる投手がMLBに居たはずなんだが・・・

関連項目

関連記事

親記事

日本人メジャーリーガー一覧 にほんじんめじゃーりーがーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「牧田和久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1895

コメント