2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

プロフィール

所属広島東洋カープ
出身神奈川県横須賀市
生年月日1988年4月16日
身長・体重183cm、85kg
投球・打撃右投左打
守備位置外野手
プロ入り2010年ドラフト3位


経歴

2010年のドラフト会議にて、八戸大学から埼玉西武ライオンズに3位指名され入団
1年目・2011年は西武の新人外野手として30年ぶりの開幕スタメンを果たすと、後半戦は栗山巧をレフトに押しのけて、センターのレギュラーに定着。最終戦では糸井嘉男の打球をファインプレーし、クライマックスシリーズ出場に貢献した。

2012年以降センターとして出場。2014年は3番として開幕を迎えたが、打撃不振に陥り二軍落ちも経験した。
2015年は打撃フォームが変わり覚醒。オールスターにも出場。この年には216安打を放ち、日本プロ野球におけるシーズン歴代最多安打記録の保持者となった。

2019年シーズン終了後FA権を行使しMLB挑戦を表明。12月末にシンシナティ・レッズと3年契約を結び、翌2020年1月6日に入団会見を行なった。これまで日本人選手との契約を「カネの無駄」だと拒み続けて「日本人不毛の地」と揶揄されたレッズ初の日本人選手となった。
レッズでは守備の評価は高かったものの打撃面で見劣りしており、メジャー通算2シーズンでホームランを1本も打てず。2020年・2021年の2年連続150打数以上で本塁打無しの選手はMLB全体で秋山ただひとりと云うデータもあり、西岡剛大家友和を超えてMLBでホームランを打っていない日本人選手の最多打席数・最多打数を更新した。

2022年も打撃が上向くことは無く、開幕前にマイナー降格を拒否してFAとなるもメジャー契約は出来ず、結局サンディエゴ・パドレスとマイナー契約。同年5月14日に3Aの試合で渡米後初のホームランを打ったが、45日間の契約でメジャー登録を勝ち取ることは叶わず退団した。
他のMLB球団からのオファーが無くNPB復帰を決断し、複数球団との交渉の末広島東洋カープ入り。

その他

  • 2015年プレミア122017年WBCでは日本代表。2019年プレミア12では選出されるも壮行試合での故障で代表入りを辞退している。
  • その顔つきからウナギイヌに似ていると言われる。
  • 西武OBの秋山幸二と同姓であるために、翔吾のほうがセンター秋山の再来と呼ばれた。


関連項目

関連記事

親記事

広島東洋カープ ひろしまとうようかーぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39142

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました