ピクシブ百科事典

西岡剛

にしおかつよし

西岡剛とは、阪神タイガースに所属するプロ野球選手。内野手。右投両打。
目次[非表示]

概要

1984年7月27日生まれ。大阪府出身。
初め、野球強豪校であるPL学園を志望校としていたが、不合格。
その後、PL学園を倒すことを目標に掲げ、大阪桐蔭高校へ進学。3年生の時には主将を務め、高校通算42本のホームランを打った。

その後、2002年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから1位指名を受け、入団。背番号は「7」。

2003年から一軍出場を果たし、2004年には当時の高橋慶彦コーチの提案でスイッチヒッターに転向。現在も定着している。2006年WBCにも出場。2007年に尊敬する新庄剛志の登録名「SHINJO」にならい、登録名を「TSUYOSHI」に変更したが、すでに「西岡」の方が定着していたため、1年余りで本名に戻した。

2011年アメリカ大リーグミネソタ・ツインズに入団。
2013年阪神タイガースに入団。タイガースでは一番打者、チームのムードメイカーとして活躍している。この年、西岡と関本賢太郎が考案したホームランを打った後にチーム全員で天に向けて両腕を伸ばす「グラティ」というパフォーマンスは話題となった。
2014年、日本シリーズで九回1点差、一死満塁という一打逆転の場面で「3-2-西岡」という変則ホームゲッツー成立させ福岡ソフトバンクホークス日本一を献上

逸話

2009年1月2日放送の「クイズ!ヘキサゴンⅡ」に埼玉西武ライオンズ涌井秀章とともにゲスト出演した際には、珍回答を連発し、司会の島田紳助には「毎年、オフは待っている」、「レギュラーでも出てくれへん」とその素質を見出され、同年2月11日放送にも出演。予選ペーパーテストでの成績はわずか2回の出演で木下優樹菜以外のおバカ6人組に負けるほど悪かった。

その他

なお、同姓同名の西岡剛投手が過去にヤクルト・オリックスに在籍していたことがある。

大阪桐蔭の後輩である中田翔とはオフに合同自主トレをするほどの仲。

pixivに投稿された作品 pixivで「西岡剛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7006

コメント