ピクシブ百科事典

ブーマー・ウェルズ

ぶーまーうぇるず

1980年代の阪急ブレーブスを代表する助っ人外人。
目次[非表示]

概要

元々アメフト選手を目指していたが、結局プロにはなれずアマチュアFAでMLBに契約し81年にトロント・ブルージェイズに入団、その後ミネソタ・ツインズを経て、83年に阪急ブレーブスに入団。MLB時代の登録名は「グレッグ・ウェルズ」だったが、当時阪急に在籍していたバンプ・ウィルスと紛らわしかったため「ブームを呼ぶ男」という意味で「ブーマー」となった。
83年からオリックス・ブレーブスオリックス・ブルーウェーブ時代を含めて8年の在籍間の内、84年には日本プロ野球初の外国人選手の三冠王を達成、同年の阪急パ・リーグ制覇に貢献した。
92年に福岡ダイエーホークスに移籍し、同年に引退した。

逸話

  • オリックス・ブレーブス時代に当時の同僚だった門田博光がホームランを打った時ハイタッチをしたら門田が脱臼したというブーマーの怪力を象徴するエピソードは有名だが、実は門田自体は脱臼癖があり、別にブーマーの怪力のせいではない。



  • 歴代三冠王の例に漏れず恐妻家で、日本での1日の小遣いがたった2000円で食事がうどんとフライドチキンばかりだった。これに見かねた上田利治監督がステーキを何度かご馳走したという。

  • 球場へは阪急時代の親会社である阪急電車を利用しており、有人改札を顔パスで通ってたという。

関連タグ

日本プロ野球でプレーした外国人選手一覧 阪急ブレーブス

コメント