ピクシブ百科事典

オールブラックス(読売ジャイアンツ)

おーるとばっくす

ここでは、2019年の日本シリーズにおける、読売ジャイアンツの醜態のことを指すなんJ語について解説。
目次[非表示]

2019年の日本シリーズにおいて4戦全敗した事から生まれた、読売ジャイアンツの蔑称。

概要

2019年の巨人はシーズンが優勝し、CSでも阪神を撃破し日本シリーズ進出。
このシリーズでは2年連続で2位から勝ち上がったソフトバンクとの対戦が組まれたが、鈴木尚広コーチが「一身上の都合」で直前に退団したり、クリスチャン・ビヤヌエバ選手が造反まがいな行動を取っていたと報じられたりするなど、雲行きは開幕前から怪しかった。本番では、坂本勇人選手と丸佳浩選手の絶不調、山本泰寛選手や増田大輝選手らのミスなどがあり、かの「33-4」以来の日本シリーズでの4連敗を喫した。

このシリーズ中、日本でラグビーのワールドカップが開催されており、ラグビーへの注目度が高まっていた。偶然にも「ハカ」などで知られる世界屈指な強豪であるニュージーランド代表の愛称「オールブラックス」が、黒星の「黒」を連想させることから、「オールブラックス」と 「対戦成績がすべて黒星のみ(真っ黒)」を掛け合わせてこの用語が生まれた。

派生語


オールブラックスのバカ

第3戦の9回裏、4点差の状況でソフトバンク・森唯斗選手が暴投するが、代走・増田大輝が三塁を無理に狙い、アウトになった場面。5点取れば逆転できる点差であることから、ラグビーのプレイで1度に5点入るトライと掛けて「トライ狙った」とネタにされた。

その他のオールブラックス

日本シリーズにおける引き分けなしのスイープは以下の通り。チーム名はその当時のもの。
昭和初、平成初、令和初となるスイープ達成相手はすべて巨人

回数年度した側された側点数4戦計備考
11959南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)読売ジャイアンツ
  1. 10-7
  2. 6-3
  3. 3-2
  4. 3-0
22-12南海の勝利投手は全試合で杉浦忠
21960大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)大毎オリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)
  1. 1-0
  2. 3-2
  3. 6-5
  4. 1-0
11-7全試合1点差。川崎球場で日本シリーズが行われたのはこの年のみ。パリーグ初のスウィープ負け。
31990西武ライオンズ(現:埼玉西武ライオンズ)読売ジャイアンツ
  1. 5-0
  2. 9-5
  3. 7-0
  4. 7-3
28-81960年の時とは逆にこちらは全試合得点差4点以上。2020年現在の両監督が現役で出場。
42002読売ジャイアンツ西武ライオンズ
  1. 4-1
  2. 9-4
  3. 10-2
  4. 6-2
29-9巨人は複数試合に登板した投手がゼロ。
52005千葉ロッテマリーンズ阪神タイガース
  1. 10-1
  2. 10-0
  3. 10-1
  4. 3-2
33-4日本シリーズ最大得失点差最低防御率(8.63)最少安打タイ(22)最少本塁打(0)最少塁打(24)他多数(いずれも当時)
62019福岡ソフトバンクホークス読売ジャイアンツ
  1. 7-2
  2. 6-3
  3. 6-2
  4. 4-3
23-10最低チーム打率(.176)最少安打タイ(22)(いずれも当時)
72020福岡ソフトバンクホークス読売ジャイアンツ
  1. 5-1
  2. 13-2
  3. 4-0
  4. 4-1
26-4史上初となる2年連続+同カードでのスイープ。最低チーム打率(.132)最少安打(16)4試合における最多三振(41)最少塁打(21)最少得点(4)70年ぶりの日本シリーズにおけるパリーグ勝ち越しなど。

関連項目

なんJなんJ語 オールブラックス
福岡ソフトバンクホークス 読売ジャイアンツ
なんでや!阪神関係ないやろ! 33-4 26-4

関連記事

親記事

なんJ語 なんじぇいご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オールブラックス(読売ジャイアンツ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110

コメント