ピクシブ百科事典

ハカ

はか

ハカとは、ニュージーランドの先住民 ・マオリ族に伝わる踊りの一種。
目次[非表示]

概要

Aotearoa


ニュージーランドの先住民族・マオリに伝わる民族舞踊。ウォークライでは最も有名。ポリネシアには、他にもシピ、シピタウ、シヴァタウ等のウォークライが存在する。これらには、歌を歌うようなバージョンも存在している。

その由来はポリネシア神話にあり、古来戦闘民族マオリ族は戦争の威嚇や鼓舞として踊ることが目立った。現在は、フラッシュモブも含めてあらゆる機会に適用される。ニュージーランドの学校には、たいていはその学校独自のハカがあり、生徒はたいてい覚える義務と踊る義務がある。ラグビーの試合等で、観客となる生徒達もたいてい1,2回は踊る。

なお、オールブラックスにおいてもそうだが、ハカの掛け声役はマオリ族の血を持つ者が好ましいとされており、マオリ族の血縁にしか踊る事が許されない物もある。

男性のハカと女性のハカはかなり仕様が異なるが、男女共に踊る物もある。また、男性のハカの影響を受けたような女性のハカも存在する。

威嚇


戦闘用のハカは、舌を出して目を開けるのが特徴。これらには威嚇の意味がある。また、この構図はニュージーランドの龍神/鯨神/怪獣であるタニファ等の彫刻にも見られる。

Rugby World Cup 2015


ラグビーチームオールブラックスやマオリ・オールブラックスのハカが有名であり、女性代表のブラック・ファーンズ、バスケットボールのトールブラックスやソフトボールのブラック・ソックス等、ニュージーランドのスポーツ代表はよく踊る。
また、ニュージーランドにはハカの大会があったり、同じ学校の生徒同士のハカ対決が行われる事もある。その際、小学生同士の対決でも非常に迫力がある

  • ハカを踊るとアドレナリンが放出されて実際に勝率が上がる事が判明している

近年

カマテやティマタンガ等のバージョンが特に有名。これらも、年々変化している。なお、こちらの動画のような「首切り」は現在は禁止されている。


ハカに限らず、ウォークライ同士の対決が発生すると非常に盛り上がる。だが、近年は互いのウォークライを順番に行うルールが厳格化されたため、ぶつかり合いのような光景は珍しくなった。




使用許可

ハカは本来は神聖な儀式であるために、マオリ族の故郷とも言えるハワイにおいてはアメリカンフットボールの試合等で踊られているものの、マオリ族の血脈と関連性のない民族によるハカのパフォーマンスは無断使用であり、本来はご法度なのだ。ニュージーランドでもハカの使用許可は取得義務がある

そのため、たとえばアリゾナ州のとあるアメフトチームのパフォーマンスや安室奈美恵が手掛けたコカ・コーラのCMが苦情を受けて廃止している (前者は後に再開した)。その意味で、独自にハカを行っている集団は日本の学校なども含め各国にあるが、これらも本来はご法度と言える。

これはマオリ族のタトゥーも同じであり、外部の者が軽い気持ちで彫ってはならない物である。ディズニー映画モアナと伝説の海のマウイに関する関連商品が発売中止になったのもこれに関連する。

その他


(マウイ役のロック様のハカ)
ディズニー映画モアナと伝説の海には、本来はハカを取り上げた専用の歌が導入される予定だったが、なぜか削除された。

オールブラックスにハマった娘


(日本でよくネタにされる空耳)

関連動画





(日本で行われた学生試合の様子)

外部リンク


関連タグ

ニュージーランド
威嚇

pixivに投稿された作品 pixivで「ハカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380

コメント