ピクシブ百科事典

中島裕之

なかじまひろゆき

兵庫県出身のプロ野球選手。2019年シーズンより読売ジャイアンツでプレーする。
目次[非表示]

プロフィール

所属読売ジャイアンツ(5)
出身兵庫県伊丹市
生年月日1982年7月31日
身長・体重180cm、90kg
投球・打撃右投右打
守備位置内野手
プロ入り2000年ドラフト5位


人物

愛称は「ナカジ」。

2000年ドラフト5位で西武ライオンズに入団。高校まで投手だったが、プロ入り後は遊撃手にコンバートした。2003年に背番号3を引き継ぎ、2004年は松井稼頭央の穴を埋める活躍を見せ、以降レギュラーに定着。2009年シーズンにはシーズン最多安打173本を記録した。ショートでのゴールデングラブ賞を計3回、ベストナイン賞を計4回受賞している。また、2009年と2011年はシーズン144試合出場を果たすなど打線・守備の両面でチームを牽引した。

2011年オフにポスティング制度でメジャー入りを目指したが、落札したニューヨーク・ヤンキースとの交渉が決裂し断念。2012年オフにフリーエージェントでオークランド・アスレチックスに入団した。しかし、鳴り物入りでアスレチックスに入団したもののメジャーリーグに昇格することはできず、AAA級の傘下サクラメント・リバーキャッツはおろかAA級の傘下ミッドランド・ロックハウンズでプレーすることさえある有様であった。あまりの活躍の無さに獲得したGM自ら「獲得は失敗であった」と発言する始末であった。

2015年シーズンからはNPBに復帰し、オリックス・バファローズでプレーする。しかし腰痛の影響で117試合の出場で打率.240、10本塁打、40打点に留まった。2016年からは登録名を「中島宏之」に変更。故障や打撃不振で3度の2軍降格を経験し、96試合出場、打率.290、8本塁打、47打点でシーズンを終えた。2017年は124試合へ出場し久しぶりに規定打席に到達、チームトップの打率.285の成績を残した。

2018年のシーズン終了後、年俸3億5000万円(推定)並みの活躍を残せていないという理由から、大幅減棒を提示されることになり自ら退団の意思を球団に伝えた。その後読売ジャイアンツへ入団。

関連項目

野球 プロ野球 プロ野球選手 内野手

pixivに投稿された作品 pixivで「中島裕之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10879

コメント