2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

所属トロント・ブルージェイズ(16)
出身岩手県盛岡市
生年月日1991年6月17日
身長・体重184cm、98kg
投球・打撃左投左打
守備位置投手
プロ入り2009年ドラフト1位(埼玉西武ライオンズ


花巻東高校時代から注目され、3年次にはMAX154km/hを記録。準決勝で敗退したが、その実力は日本のプロ野球のみならず、アメリカのMLBからも注目された。MLB挑戦も考えていたが、最終的には日本のプロ野球でプレーすることになった。
2009年のドラフト会議で6球団の1位競合の末、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得。2009年ドラフト1位で西武に入団した。

2010年の登録は「雄星」。注目を浴びたが、左肩痛のため、一軍での登板はなかった。シーズンオフには本人の希望で、登録名が「菊池雄星」に戻った。

2011年は開幕ベンチ入りするも、登板機会がなく二軍落ち。6月12日阪神タイガース戦でついに一軍デビューを果たす。
その後、初完投勝利をあげるなど、着実に成長している。この年は10試合に登板し4勝1敗。

2012年は二軍スタートとなるが、後半戦から合流。プロ初セーブを挙げる。

2013年オフに石井一久が引退し、空き番号となった16を継いだ。

2016年は故障で離脱したこともあったが、二桁勝利を達成。

2018年12月にポスティングシステムを申請。明けて2019年1月にシアトル・マリナーズとの契約が成立した。

2019年、東京ドームでのシーズン開幕シリーズ第2戦にてメジャー初出場(初先発)。
シーズン序盤はチームが好調過ぎたこともあり菊池が投げた日だけマリナーズは負ける状態になった時期もあった。先発6試合目となった4月21日のエンジェルス戦で5回4失点ながらメジャー初勝利を挙げた。
ちなみに、入団時のチームメイトにあのイチローがおり、開幕シリーズでの彼の引退を見送った唯一の日本人選手となった。

2022年、トロント・ブルージェイズに移籍。4月に先発した試合は菊地自身に黒星が付かなくてもブルージェイズが負ける(5戦全敗、うち菊地が敗戦投手となったのは1試合だけ)など、自身のみならずチームも勝ち星に恵まれていない。

余談

アナウンサーいわく、「西武ドームの予告先発で盛り上がるのは西口文也と菊池」らしく、未来のエースへの期待の表れと言えよう。

ちなみに、早くから投手に専念したため打撃は苦手で、生涯一度もホームランを打ったことがないそうである。

既婚者で、夫人は元フリーアナウンサー深津瑠美姉さん女房)。
息子が1人いる。

エンゼルスに所属する大谷翔平は、同じ岩手県出身で、花巻東高校野球部の4つ下の後輩に当たる。
メジャーリーグでも何度か対戦したことがあるが、同じ高校出身の日本人選手がメジャーで直接対決するというのはかなり珍しい事例と言えるだろう。2021年には共にア・リーグオールスターチームのチームメイトにもなった(ただし、負傷の影響で菊池の登板はなかった)。
ちなみに、大谷が花巻東に入ったのは菊池への憧れからだったと言う。

関連項目

関連記事

親記事

日本人メジャーリーガー一覧 にほんじんめじゃーりーがーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「菊池雄星」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「菊池雄星」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました