ピクシブ百科事典

木佐貫洋

きさぬきひろし

鹿児島県出身の元プロ野球選手(投手)。

概要

川内高、亜細亜大学を経て2002年自由獲得枠で読売ジャイアンツに入団。主な同期入団選手は久保裕也矢野謙次
後にオリックス日本ハムでチームメイトとなる赤田将吾とは同郷出身の同級生。

ルーキーイヤーの2003年は10勝を挙げて新人王。しかし翌2004年は不振に陥り、2005年2006年は未勝利に終わる。
2007年に自己最多12勝を挙げて復活を果たすが、2008年は後半戦二軍暮らし。
2009年はわずか1試合のみの登板で、オフに高木康成とのトレードでオリックス・バファローズに移籍した。

オリックス移籍1年目の2010年はムエンゴに悩まされながら先発ローテーションを守り抜き、3度目の2ケタ勝利となる10勝を挙げる。2011年は自身初の開幕投手を務めるが、シーズンでは2勝7敗に終わる。
2012年は防御率2.60を記録するも強烈なムエンゴに遭って5勝(9敗)止まり。この年のオフに赤田、大引啓次と共に糸井嘉男八木智哉との交換トレードで北海道日本ハムファイターズに移籍。
2013年は史上12人目の全球団(近鉄を除く)からの勝利を達成するなど9勝を挙げる。しかしその後は振るわず、2015年で現役を引退し古巣巨人のスカウトに転身。



人物

謙虚な性格と真摯な姿勢から、周囲に慕われている。
また、プロ野球随一の鉄道ファン。ちなみに乗り鉄らしい。
2011年に九州新幹線が全線開通した際には、宣伝活動に燃えていた。ちなみに巨人時代の2004年には川内駅の一日駅長を務めたことがある。
北海道のローカル情報バラエティ(日ハムに精通した番組)の企画で、路面電車を1両借り切って撮影。
さらに一般人は立ち入り禁止の車両基地にも立ち入らせてもらい、相当ご満悦と言った表情を見せた。

pixivに投稿された作品 pixivで「木佐貫洋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1136

コメント