ピクシブ百科事典

小笠原道大とは、1973年10月25日生まれの元プロ野球選手。


愛称は「ガッツ」

リトルリーグでは遊撃手・三塁手・外野手を、高校野球では二塁手・捕手を務めたが無名だった。
1997年に社会人野球NTT関東(解散)より日本ハムファイターズに入団。入団当時はキャッチャーだった。
2006年の北海道移転後初の日本一の年にはシーズンMVPを受賞。
2006年に読売ジャイアンツに移籍して活躍したが、統一球に苦しんだ選手の一人。
2011年、通算1736試合での2000本安打達成。(歴代4位の早さ)

小笠原道大の強烈なスイングは誰にもまねできない。

打率3割30本をキープしてきた打者でもある。

統一球導入から打率、ホームラン数が極端に下がった。

中日ドラゴンズに最後は移籍して代打の切り札として活躍した。
2015年現役引退を表明。

通算2120安打、378本塁打、1169打点。首位打者2回、本塁打王1回 、打点王1回を獲得。

2016年シーズンからは中日二軍監督を務める。

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小笠原道大」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76031

コメント