ピクシブ百科事典

巌流島の戦い

がんりゅうじまのたたかい

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘、およびそれを題材として公正に行われた戦いのこと。
目次[非表示]

概要

慶長17年(1612年)4月13日に行われたとされる、宮本武蔵佐々木小次郎(本記事ではこの表記で統一する)の決闘。
当時、小倉藩では武芸好きで知られる藩主細川忠興は剣術指南役として佐々木小次郎を召し抱えていた。武蔵は小次郎を倒し名を挙げようとして戦いを挑み、関門海峡に浮かぶ小島「舟島」にて決闘が行われた。
試合当日、小次郎は長さ三尺に及ぶ長い刀で武蔵を迎え撃つ。武蔵はを削りさらに長い木刀を作り、浜辺で二人は一騎打ち。武蔵は小次郎の一撃を躱して頭上から木刀を振り下ろし、小次郎は一刀のもとに倒れ、そのまま絶命した。
これ以降、舟島は小次郎の流派より「巌流島」と呼ばれるようになったとされる。

以上が、武蔵の養子である宮本伊織が記したとされる「小倉碑文」(北九州市小倉北区手向山公園)における記載である。小倉碑文には正式には「佐々木小次郎」の名称は出ておらず、岩流と記されている。
具体的な年代は「慶長」としか判明しておらず、冒頭で記した最も一般的な1612年説は武蔵没後100年以上経った1755年に書かれた「武公伝」が初出。1776年に二天一流の豊田景英が記した「二天記」でも同様の記載がある。

なお武蔵がわざと遅刻して小次郎を怒らせた上に「小次郎破れたり、勝者なんぞそのを捨てん」と言って挑発した、などとよく言われるが、これは「武公伝」で初めて書かれた描写である。
「武公伝」より古い1672年成立の「沼田家記」によれば、この戦いは武蔵と小次郎の弟子たちによる諍いが元とされている(よく武蔵は小倉につくまで伊織と二人旅していたようなイメージがあるが、あれは吉川英治の創作であり、小倉到着時点で既に二天一流を開いて弟子を取っていたというのが正しいらしい)。同書によれば見事武蔵は小次郎を倒したが、帰ろうかとしたところで小次郎が息を吹き返し、一緒に来ていた武蔵の弟子が総員でタコ殴りにしてとどめを刺したという実に勝てばよかろうなのだ理論に溢れた逸話が残っている。

なお、武蔵が晩年に記した五輪書には巌流との戦いは1行しか登場していない。単に武蔵が取るに足らないと思っていたのか、それとも胸の奥に留めておきたいという思い入れがあったのかは不明。

後世では

この故事にちなみ4月13日は決闘の日とされている。
1987年10月4日にはアントニオ猪木マサ斎藤が、1991年12月18日には馳浩タイガー・ジェット・シンがそれぞれ巌流島(大正時代に埋め立てられたので武蔵の時代の6倍の面積になっている)でプロレス対決を行っている他、最近では2018年12月10日に羽生善治竜王と広瀬章人八段が将棋の竜王戦を行った。

関連イラスト

巌流島の戦い~宮本武蔵VS佐々木小次郎~
巌流島



関連項目

江戸時代
決闘 決戦 真剣勝負 巌流島コンビ
山口県下関市福岡県北九州市:この巌流島の戦いを完全に観光資源化している両岸の自治体。よく巌流島にちなんで対決を行っている。

関連記事

親記事

巌流島 がんりゅうじま

pixivに投稿された作品 pixivで「巌流島の戦い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント