ピクシブ百科事典

ガンリュウ

がんりゅう

山根和俊による、剣豪・佐々木小次郎を主人公とした漫画作品。
目次[非表示]

概要

 ギャンブルフィッシュで知られる山根和俊月刊少年ジャンプに2000年から2003年まで掲載していた異色の時代劇アクション漫画。全8巻。

 タイトルにもなっているガンリュウとは主人公佐々木小次郎の剣法「巌流」のことであり、作中では小次郎自体をガンリュウの異名で呼んでいる。男塾武者ガンダムのようなバカバカしい当て字の飛び交う、時代劇の範疇を越えたぶっ飛んだアクションが売り物であり、作者の趣味なのか非常におねショタ色の強い作品になっている。
 設定などは吉川英治の影響が大きい。

あらすじ

 時は1612年。強くなりすぎて対戦相手がいなくなってしまったガンリュウこと佐々木小次郎は、ある日タケゾウ(宮本武蔵)と出会い、その二刀流に見惚れる。ガンリュウは武蔵との決闘を申込み、巌流島にて真剣勝負が執り行われる。しかし、決闘のさなかガンリュウは背後から現れた気配に気を取られ、武蔵の一撃をに受けてしまう。武蔵とガンリュウを襲おうとしたのは、他流剣術抹殺を狙う柳生宗矩一味の放った刺客だった!
 ガンリュウは奥義空牙で刺客を返り討ちにするが、胸のが原因で戦闘不能に。武蔵は傷がいえたら再び雌雄を決しようと約し、ガンリュウはそれを受諾して倒れた。
 1年後、療養したガンリュウは武蔵との再戦を望み故郷を後にする。江戸幕府成立後にくいっぱぐれた野武士盗賊を次々に懲らしめ、東へと向かうガンリュウ。しかし、他流抹殺を図る柳生忍軍がガンリュウに、そして武蔵にその刃を向ける…。

用語

巌流

 佐々木一族に伝わる剣術。刃渡り150㎝の大太刀「巌流刀」を使用する剣術で、鉄砲伝来後には相手が狙いを付けるよりも早く倒すために開発された鎌鼬を放つ特殊な剣術「空牙」を開発した。

柳生忍軍

 柳生宗矩が柳生流剣術以外を抹殺するために作り上げた忍者軍団。基本的に、どいつもこいつも変態揃いである。頭首は服部半蔵

主な登場人物

ガンリュウとその仲間

  • ガンリュウ(佐々木小次郎):主人公。まだ10代前半と思われる少年だが、空牙を自在に使いこなす天才剣士。基本的におっぱいのことしか考えてないどっかの始まりの魔法使いみたいなヤツだが、友情に篤く恩義は必ず返そうとする熱血漢。年上好き。一人称は「オイラ」で挨拶が「シクヨロ」という変な言葉づかいでしゃべる。
  • 蘭花:ガンリュウとひょんなことから行動を共にすることになったくノ一少女関西弁でしゃべる。母親は影狼一族の忍者「くノ一お乱」だったが、彼女への愛ゆえに里を抜け、追忍から蘭花を守るために自爆して果てた。
  • 佐々木安寿:ガンリュウの師匠、佐々木勢源の孫娘。25歳。巨乳で長身の美女。男児に恵まれなかった巌流の正統後継者として育てられていたが、才能が無かったため途中で小次郎に家督を奪われた…のだが、絶え間ない鍛錬により小次郎に匹敵するほどの剣術(空牙は使用できず)を得ている。小次郎のことはただのスケベなクソガキとしか見ていなかったが、次第に心を通わせていく。
  • 雷蔵:生体電流をに変えて撃ち出すことのできる青年。東北弁でしゃべる。琵琶をかき鳴らすことで雷をコントロールすることができる。


真田家


武蔵一門

  • 宮本武蔵日本最強の剣豪二刀流を操る天才剣士で、柳生忍軍から目下最大の標的とされている。
  • 帯刀伊織:武蔵に敗死した剣士・帯刀鉄心の遺児。まだ幼い子供で、武蔵のことを仇と知らずに慕って勝手についてきている。モデルは宮本武蔵の養子である宮本伊織


関連項目

江戸時代 

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンリュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1629

コメント