ピクシブ百科事典

真田十勇士

さなだじゅうゆうし

『真田十勇士』とは、明治・大正時代に立川文庫から出版された小説作品。および、その作中に登場する真田信繁(幸村)に仕えたとされる10人の家臣の総称。
目次[非表示]

概要

真田信繁(幸村)に仕えたとされる10人の家臣からなる一団。
飽くまでも創作における架空の家臣団であり、講談において人気を博した「戦国最後のヒーロー」真田幸村に付き従う家臣として後世の作家により考案された。

古くは江戸時代中期の小説『真田三代記』ではじめて登場したとされるが、当時は「真田三勇士」などと人数が固定化されていなかった。明治・大正の頃になり立川文庫から『真田十勇士』が刊行され、そのキャラクター性と信繁の人気と合わさり広く知られるようになり、今日まで様々な作品に影響を与えている。

構成する家臣たちについても基本架空とされるが、中には実在の人物を由来とする者もいる(モデルについては各該当記事を参照)。真田家譜代の家臣から忍者や武僧、海賊など、それぞれ個性を持った人物として描かれており、各自の技能を駆使して主君・幸村を支える。

十勇士一覧

  • 猿飛佐助:十勇士の中でも特に有名な人物。変幻自在の甲賀流忍者。
  • 霧隠才蔵:伊賀流忍者。甲賀の流れをくむ佐助とは好敵手であり兄弟分。
  • 三好清海入道:僧体の豪傑。伊三の兄。巨漢で怪力の持ち主。
  • 三好伊三入道:僧体の豪傑。清海の弟。
  • 穴山小助:幸村の側近の一人。齢や容貌が幸村に似ており、影武者を務めた。
  • 由利鎌之助:鎖鎌と槍の達人。当初は真田昌幸・幸村親子の命を狙う刺客だった。
  • 筧十蔵:幸村の側近の一人。豪放な性格の鉄砲の名手。
  • 海野六郎:十勇士の最古参で、幸村の片腕的存在。気位の高い参謀役。
  • 根津甚八:幸村の側近の一人。元・海賊の頭領という経歴を持つ。
  • 望月六郎:諜報と火術を得意とする忍者。


十勇士を題材とした作品


関連タグ

戦国時代 創作戦国
真田信繁真田幸村

pixivに投稿された作品 pixivで「真田十勇士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 197358

コメント