ピクシブ百科事典

筧十蔵

かけいじゅうぞう

筧十蔵とは、真田十勇士の一人として数えられる架空の武士。もしくはモデルとしたキャラクター。
目次[非表示]

概要

小説『真田十勇士』に登場する架空の武士。種子島火縄銃)の名手。
元は豊臣家譜代の家臣である蜂須賀一族に仕えていたが、大坂に招かれた真田幸村が蜂須賀屋敷に滞在した際に心を引かれ、志願して家臣となる。大坂夏の陣では、落ち延びた幸村と共に薩摩へ渡った。

なお、真田十勇士が刊行される以前の『真田三代記』では「筧十兵衛(かけい じゅうべえ)」なる人物が登場する。十勇士の十蔵はこの筧十兵衛、又は筧金六郎、あるいはその息子がモデルとされる。

創作物における筧十蔵

BRAVE10

CV:置鮎龍太郎
メインイラストの人物。種子島による射撃の腕に長け、狙撃も得意とする。
愛銃の名前は紗綾で、その他に仕込み銃も持っている。まじめかつ堅くて不器用な性格。
幸村の命で諸国を廻り後に上田に戻ってきたが、後に清海に壊された銃に代わる新たな銃を求めて自らの意志で再び旅に出た。
道中で根津甚八に出会い、意気投合する。酒に関してはザル。高所恐怖症。

境界線上のホライゾン

→詳しくは「筧・十蔵」の記事を参照。

関連タグ

真田十勇士
種子島 / 火縄銃

pixivに投稿された作品 pixivで「筧十蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105062

コメント