ピクシブ百科事典

穴山小助

あなやまこすけ

穴山小助とは、真田十勇士の一人として数えられる架空の武士。

概要

小説『真田十勇士』に登場する架空の武士。名前の表記は「穴山小介」とも。

武田家親族衆である穴山梅雪の甥(飽くまでも設定上の話である)。
武田家の滅亡後、父・穴山信光とともに傭兵として放浪し、その末に真田幸村に見出され小姓となり、以降は大坂の陣まで幸村に従い、最期は真田幸村に代わって徳川本陣に特攻し、壮絶な死を遂げた。

幸村とは生まれた年代も近く容貌や体つきも似ていたため影武者を務めたとされ、7人の影武者の中でも比較的第一に連想されやすい。また、傭兵時代は武働き以外に博打で生計を立てていたとされ、博打と槍の名人とされている。

関連タグ

真田十勇士
真田信繁/真田幸村 影武者

穴山小介(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「穴山小助」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2850

コメント