ピクシブ百科事典

西村徳文

にしむらのりふみ

千葉ロッテマリーンズで活躍した元プロ野球選手。引退後、千葉ロッテを経てオリックス・バファローズでコーチ・監督として後進の育成に当たっていた(メイン画像は千葉ロッテマリーンズの監督時代)。
目次[非表示]

概要

1960年1月9日生まれ。宮崎県串間市出身。
右投両打。

現役時代

高校卒業後は社会人野球の鹿児島鉄道管理局でプレイし1981年のドラフト会議にてロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)に5位指名されて入団した。

最初は二塁のレギュラーとして定着、持ち味の俊足を活かして「走る将軍」の異名を持ち、86年から89年までパ・リーグの盗塁王のタイトルを獲得した。落合博満の三冠王の時期と重なり、2番を打った横田真之と共に落合の打点に大きく貢献。1990年は西武の清原和博と終盤まで首位打者争いを繰り広げ、.339の高打率で初の首位打者のタイトルに輝いた。現役後半は中堅手として活動し、二塁手、中堅手それぞれでベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得。1997年に引退した。

指導者時代

引退後はマリーンズの一軍・二軍の守備走塁コーチを務めボビー・バレンタイン監督が2004年に復帰した際にはヘッドコーチを兼任し、2005年のマリーンズ日本一に貢献、2010年よりバレンタイン監督の後任としてマリーンズ監督に就任し、シーズン三位ながらもクライマックスシリーズを勝ち抜いてさらに日本シリーズを制して日本一を達成した。

翌シーズン以降の成績は振るわず2012年オフにマリーンズを退団、解説や評論活動を務めたが2016年シーズンより福良淳一監督の勧誘を受けてオリックス・バファローズのヘッドコーチとなり、2019年より福良の後任としてバファローズの監督に就任。
しかし、オリックス時代は、若手選手の台頭など育成面で高い評価を受けたものの、投打が噛み合わず、2年連続でリーグ最下位を喫し、2年目である翌シーズンは、楽天戦以外のパリーグ球団との対戦で大きく負け越し、次第に采配も大きく低迷していた。
そして2020年8月20日、対西武戦で同シーズン5度目の敗戦を喫したことを以って、球団フロントから事実上の解任を通告され、シーズン途中でそのまま辞任となった(ただし、球団側は「辞任の要請があった上で西村本人が成績不振の責任を取って自ら辞任を了承した」と説明しており、形式上はあくまで当人自身による辞任という扱いとなっている)。後任として、同球団二軍監督である中嶋聡が監督代行に就任。

関連タグ

プロ野球 野球
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ

日本国有鉄道

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西村徳文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント