ピクシブ百科事典

与那嶺要

よなみねかなめ

日系アメリカ人の元プロ野球選手、野球指導者

概要

1925年6月24日生れ、ハワイ準州(当時)出身
本名はウォレス・カナメ・ヨナミネ。愛称はウォーリー。
左投げ左打ち、ポジションは外野手
1951年読売ジャイアンツに入団。アメフト史上初のアジア人プロ選手、野球の本場アメリカ仕込みの激しくも知的なプレーを持ち込んで日本野球に大きな影響を与えた。1961年中日ドラゴンズに移籍するも翌年引退
監督としては1974年に中日ドラゴンズの監督としてリーグ優勝を経験している。
2011年2月28日死去。

哲と呼べ!

チームメイトであり、かつタイトルを競いあった川上哲治が監督になった初年度、成績の下降と日本語下手を理由に戦力外通告された与那嶺は野球人生のすべてを打倒川上に捧げるようになった。
中日に移籍してからは鬼の形相で若手と混じって練習をし、巨人戦でホームランを打って川上を罵倒しながらホームインしたという。
監督に就任してもその敵愾心は強まる一方で、中日関係者がうっかり「川上さん」と呼ぼうものなら「哲と呼べ!」と叱り飛ばし、巨人戦前のミーティングでは「哲をやっつけろ!」と檄を入れ、劣勢になると「哲の野郎、畜生!」と悪態をつくなどどこまでも反川上を貫いた。

なお、彼の薫陶を受けた選手の中には同じく巨人に裏切られたあのお方もおり、ある意味で与那嶺は2000年代中盤まで中日が持っていた真の巨人のライバルという気風を作り上げた人物ともいえる。

関連記事

親記事

日本プロ野球でプレーした外国人選手一覧 にほんぷろやきゅうでぷれーしたがいこくじんせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「与那嶺要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454

コメント