ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

同姓同名記事


吉田義男(野球)編集

1933年7月26日生まれ。京都府出身。

旧制京都市立第二商業学校(京都二商)/新制府立山城高校⇒立命館大学卒業。

1953年に大阪タイガース(1961年に阪神タイガースへ改称)へ入団。

ポジションは遊撃手。右投げ右打ち。


現役時代はその小柄な体格と俊敏かつ華麗な守備から「今牛若丸」の異名で呼ばれた守備の名手であり、1年目から16年間不動のレギュラーとしてプレー。

吉田の守備で特筆すべき点は何といっても捕球から送球に至る一連の動作が人並外れて素早いことであり、時には味方でさえ吉田の動きについていけないことがあったという。吉田の動きがあまりにも速かったため、当時一塁を守っていた選手から「もう少しゆっくり投げてほしい」と頼まれたことがあったが、吉田は吉田で猛特訓の末に身に着けたリズムを崩したくなかったため、一塁手が間に合いそうにない時はゲッツーでもないのに二塁手を中継していたという冗談みたいな逸話まで残っている。

打者としては本塁打こそ少なかったものの三振も少なく、通算で1800以上の安打を記録している巧打者だった。また遊撃手というポジションがら足も速く、盗塁王を2度獲得している。


1969年に現役を引退して以降は(監督をしていたシーズンを除いて)野球解説者として活躍するようになった。

その後、1975年から1977年、1985年から1987年、1997年から1998年の3期にわたり阪神タイガースの監督として指揮を執っていた。1985年には阪神の1回目の日本一を達成・経験、また現役時代の背番号「23」は吉田の引退後につけた選手は一人もおらずこの番号は1987年に永久欠番となっている。1992年、野球殿堂入り。


海外でも1989年に渡仏、1990年から1995年まで野球フランス代表の監督、1993年まではクラブチーム・パリ大学クラブの監督を務め、「ムッシュ」と呼ばれた。この功績からフランス野球・ソフトボール連盟の名誉会員に選ばれたり、フランス野球ソフトボール連盟は自身が主催する国際大会をフランス国際野球大会“吉田チャレンジ”と命名されている。


400勝投手である金田正一をして「あいつとだけは対戦したくない」と常々口にしていたほど得意としており(吉田から奪三振をとったのは15回だけであり、1960-65年の6年間では一度も奪三振を取れなかった)、金田からプロで初めてサヨナラ本塁打を放った打者も吉田である。

金田曰く、「アイツはチビのうえに、バットを短く持って前屈みに立つからストライクゾーンなんかない。150キロ超の球を投げたらホップして浮いてしまうから、全部ボールになってしまう。カーブを投げたら、待ってましたといわんばかり打ってくる。」と言っている。

他にも記録のかかった試合ではいつも吉田が立ちはだっていたと本人は語っている。

  • OB戦ではラッキーゾーン越えのホームランを金田から打っており、打たれた金田は思わず苦笑いしてしまっている。
  • 吉田の通算打率は.267だが、対金田では.310。通算66本塁打のうち8本が金田からである。

関連項目編集

引退したプロ野球選手一覧 遊撃手 阪神タイガース 監督

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93987

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました