ピクシブ百科事典

藤田元司

ふじたもとし

藤田元司は、愛媛県出身の元プロ野球選手、監督。 2度に渡り読売ジャイアンツの監督を務め、4度のリーグ優勝・2度の日本一に導いた。(1931~2006)
目次[非表示]

生涯

プロ入りまで

1931年(昭和6年)8月7日生まれ。愛媛県新居浜市出身。
西条北高校から慶応義塾大学へ進学。東京六大学のエースとして活躍するも、優勝は1度だけだった。大学の同期には佐々木信也がいた。
大学卒業後は日本石油に入社し、社会人野球で活躍。

現役時代

1957年に大学の先輩でもあった水原茂が率いる読売ジャイアンツ(巨人)に入団。背番号は21。
1年目から17勝を挙げ新人王に輝くと、背番号が18に変わった1958年には29勝、1959年にも27勝を挙げ3年連続(チームは5年連続)のリーグ優勝に貢献した。
しかし、1960年以降はこれまでの酷使の反動で勝ち星が伸び悩む。
1963年よりコーチ兼任となり、1964年限りで現役を引退した。
通算成績は119勝88敗

チームは翌年から9年連続リーグ優勝と日本一を達成する「V9」に突入するが、藤田自身は選手としてV9を経験することはなかった。

引退後は投手コーチとしてチームに残った。1975年から2年間は、大洋ホエールズの投手コーチも務めた。

第1次巨人監督時代

1980年オフ、長嶋茂雄監督が成績不振によって監督を解任されると、その後釜として巨人監督に就任する。ドラフト会議では、4球団競合で原辰徳を引き当てた。

就任1年目の1981年は前年に現役を引退した王貞治を助監督に据え、牧野茂ヘッドコーチと合わせトロイカ体制を敷いた。チームは1977年以来4年ぶりのリーグ優勝、そして日本シリーズでも日本ハムファイターズを破り8年ぶりの日本一を成し遂げた。

続く1982年は、中日ドラゴンズとのマッチレースとなったが、わずか0.5ゲームで優勝を逃した。
ちなみに中日を率いていたのは、背番号18の先輩でもある近藤貞雄だった。

1983年は2年ぶりにリーグ優勝を飾るも、日本シリーズは西武ライオンズとの総力戦の末、3勝4敗で敗れた。
日本シリーズ敗退後、王に監督を譲り退任した。

第2次巨人監督時代

1988年オフに王が成績不振により解任され、再び藤田が監督に就任した。
復帰1年目となった1989年斎藤雅樹が20勝を挙げる大活躍でリーグ優勝。日本シリーズでも近鉄バファローズを相手にいきなり3連敗と追い込まれたが、そこから奇跡の4連勝で逆転日本一に輝き、平成最初の日本一チームとなった。

1990年は斎藤が2年連続で20勝を挙げるなどの活躍で、2位の広島東洋カープ22ゲームの大差を付けてリーグ優勝したが、日本シリーズは西武の前にまさかのスイープ(4タテ)。この時藤田は「監督がヘボだから負けた」と発言した。

しかし1991年は、2連覇の原動力となった投手陣が一転して不調に陥り4位。1979年以来12年ぶり、藤田政権で初にして唯一となるBクラスに転落した。

1992年も4月と5月はチーム状態は上向かず、新外国人ロイド・モスビーと、西武から大久保博元を獲得(交換相手は中尾孝義)。すると、6月から猛烈な追い上げを見せ、前半をヤクルトスワローズとの同率首位で折り返した。
しかし、後半戦はなかなか波に乗れず、最後は阪神タイガースとの同率2位でシーズンを終え、藤田はこの年限りで監督を退任した。
後任は長嶋が12年ぶりに復帰し、ドラフト会議で松井秀喜を引き当てる。

監督退任後

1996年に野球殿堂入りを果たす。
1999年から2003年まで巨人軍OB会長を務めた。

2006年2月9日、心不全のため74歳で死去した。
巨人軍は選手および監督としての功績を讃え、黒沢俊夫・水原茂に続く史上3人目の球団葬を執り行った。

人物

スマートな物腰から「球界の紳士」と呼ばれた藤田だが、実際は若い頃から短気だった。
現役時代には名前の音読みに掛けてガンジーというあだ名もあった。

関連動画

第2次監督時代のテーマ

明日の空へ 羽ばたいてゆくよ
夢を求めて 勝利の道を
我らのロマンを かなえておくれ
藤田 ドームのVサイン

関連タグ

読売ジャイアンツ

長嶋茂雄王貞治:藤田の前後の監督。
1975年から2001年までの27年間は、この3人が巨人を率いた。(長嶋が2期15年、藤田が2期7年、王が5年)

巨人軍の背番号18

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

コメント