ピクシブ百科事典

マシンガン打線

ましんがんだせん

90年代後半における横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の打線の通称。
目次[非表示]

概要


日本プロ野球のセ・リーグに所属する球団・横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)における90年代後半頃の打線の通称。

85年優勝時の阪神タイガースにおけるニューダイナマイト打線等、マシンガン打線以前の愛称が付けられた強力打線はクリーンアップにホームランが期待できる強力な長距離砲を揃えているケースが多いが、マシンガン打線の場合は単打や二塁打を積み重ねて得点を重ねる事を特徴とする。

98年にはリーグ1位の打率・得点を誇って二桁安打や二桁得点で打ち勝つ試合が多く出てベイスターズがセ・リーグ優勝・日本一を成し遂げた際の最大の原動力となり、この年のシーズンから名称が定着した。99年は3位に終わったもののチーム打率.294のセ・リーグ記録を作った。

打線の勢いは2000年も続いたが、オフにロバート・ローズらの主力が去った事によってマシンガン打線は終焉した。

その後も他チームにてマシンガン打線の呼称に影響を受けた打線の呼称が登場し、ベイスターズが大量得点で勝った際もマシンガン打線を彷彿させると新聞に書かれる事がある。

構成メンバー(98・99年のレギュラーメンバー)

1番ショート。
98年には最多安打に加え、盗塁王のタイトルも獲得した名実共に打線の核弾頭。
現役通算2432安打。通算盗塁358個。

2番センター。
97年オフの脱税事件に関与して出場停止を喰らったため98年シーズンの初出場は5月であったが、ブランクを感じさせない活躍を見せ7月に月間MVPを獲得。
翌99年は打率.298に169安打、70打点、21盗塁とキャリアハイの成績を残した。
3番レフト。
98年には打率.337で去年に引き続いて首位打者のタイトルを獲得、打点も82とローズに次ぐ。
99年には首位打者の座をローズに譲ったが、打率.328に92打点を残した。
4番セカンド。
98年には打率.325でチーム最高の96打点を残し、翌99年には打率.369、HR37本、そして歴代2位の打点153の驚異的な成績を残し、首位打者・最多安打・打点王のタイトルを獲得したマシンガン打線最強の打者。
5番ファースト。
98年はチームをまとめるキャプテンを務めたほか、既にベテランの域に差し掛かっていたものの、「究極の満塁男」と呼ばれる勝負強さは健在で、81打点を記録。現役通算2006安打。
6番ライト。
対戦投手が右投手の場合に起用される事が多かった。
98年のマシンガン打線の主力では最も長くベイスターズに在籍した(2010年オフに中日に移籍し、翌年に引退)。
7番キャッチャー。
打順は8番の進藤と交換するケースも多かった。
98年は打率.254であったが、HR14本を打ち翌99年は打率.295を残す。
98年のマシンガン打線の主力として、最も長く現役生活を送った(2001年中日に移籍、2015年引退)。
8番サード。
98年は打率.241であったが、99年には打率.286を残す。
97年オフに近鉄からやってきた。
対戦投手が左投手の場合は佐伯の代わりに起用された。

マシンガン打線に影響を受けた名称の打線


  • オジンガン打線
2003年のヤクルトスワローズの打線。
主砲のアレックス・ラミレスを除いて打線を構成する野手が三十歳を超えている事からマシンガン打線をもじって命名された。チーム打率は.283の高打率をマークしている。

  • マリンガン打線
2005年に日本一を達成した時の千葉ロッテマリーンズの打線。
4番に俊足で出塁能力に秀でて「繋ぎの4番」と言われたサブローを配置する等、本塁打よりは連打による繋ぎによる得点を重視した強力打線という点でマシンガン打線と共通している。

  • ビックレッドマシンガン
2016年に優勝した広島東洋カープの打線。
90年代後半のカープ打線の通称であったビックレッドマシンにマシンガンの通称を追加した。
勝利試合の半数が逆転による勝利で、「逆転のカープ」と呼ばれた。




関連タグ

横浜ベイスターズ
打線 野球

pixivに投稿された作品 pixivで「マシンガン打線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6326

コメント