ピクシブ百科事典

榎本喜八

えのもときはち

榎本喜八とは、千葉ロッテマリーンズの前身球団毎日オリオンズに所属していた元プロ野球選手。一塁手。左投左打。

概要


1936年12月5日生まれ。東京都中野区出身。

1955年に毎日オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)にテスト生として入団。高卒選手ながら一軍でプレーし、5番・ファーストとしてレギュラーを獲得した。

バットの芯で正確に球を捉え、打球するさまから「安打製造機」の異名を持っていた稀代の天才打者。

1960年には首位打者のタイトルを獲得。オリオンズの主力選手として同年、リーグ優勝を果たした。1968年には2000本安打を達成している。これは川上哲治山内一弘(チームメイトだった時期がある。また、山内がオリオンズを「追い出され」てからも仲が良かった)に次いで3人目だった。

1972年に西鉄ライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)にトレード移籍したが、代打での出場に減り、同年に現役を引退。

打者としての輝かしい栄光の一方で、かなりファンキーでアナーキーな行動をやらかしまくったことでも悪名高かった。どれだけひどかったかはWikipediaの該当項目をどうぞ。もっともそのイカれた行動は、良くも悪くも野球バカであった事の裏返しではあったようだ。そして現役引退後は球界から距離を置き(というか置かざるをえなくなった、というべきか?)、アパート・駐車場経営で糊口をしのいだという。

2012年に死去。
2016年1月18日、ソフトバンク工藤公康監督、元巨人斎藤雅樹氏、バルセロナ五輪日本代表監督の山中正竹氏、元衆院議員の故松本瀧蔵氏と共に野球殿堂入りを果たす。

pixivに投稿された作品 pixivで「榎本喜八」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント