ピクシブ百科事典

宮崎のどか

みやざきのどか

宮崎のどかとは、「魔法先生ネギま!」の登場人物。
目次[非表示]

アニメ版の担当声優は能登麻美子、ドラマ版の担当俳優は和川未優が演じた。

プロフィール

出席番号27
誕生日1988年5月10日
身長153センチ
スリーサイズ78・58・79
好きなもの本に囲まれる事、本の整頓
嫌いなもの男の人

概要

本作品のヒロインの一人で、主人公ネギ・スプリングフィールドのパートナーの一人である。
前髪で目を隠しているのが特徴。
作者曰く、当初の設定では眼鏡をつけていたがあまりにも安直すぎたので「眼鏡っ娘」ならぬ「前髪っ娘」にしたとのこと。
アニメ2期ではオリジナル設定で赤縁眼鏡をかけており、作者・赤松健も「可愛い」と評している。

だが、物語が進むごとに目が描かれており凛々しくなっていく。
過度の恥ずかしがり屋であり、男が苦手なので最初にネギに抱かれたときは抵抗感があったのだが、ネギの優しさに触れることがきっかけで、ネギのことが好きになる。その想いはクラスでトップになるほど。

同じ図書館探検部に所属する綾瀬夕映とは親友であり、ネギ先生との仲を応援し合う仲。また、本好きからみんなからは「本屋」の愛称で呼ばれている。勉強が得意なのだが(またはそれ故か)運動が苦手で、よく転ぶ。


能力

いどのえにっき(DIARIUM EJUS)

本の形をしたアーティファクトで、対象人物の名前を呼んでから開くと、その人物の心を読むことができる。幽霊人外に対しても言葉が通じさえすれば有効で、脳内でどんなに拒絶しようが全部ダダ漏れになってしまう。有効範囲は半径約7.4m。
対象人物に質問するとその質問に対する回答が現れる。絵はシンプルで内容も人間によるが結回答もコミカルである。
複数の相手に縮刷版を一冊ずつ割り当て、リアルタイムで思考をトレースすることも可能。ただし思考のみ。

このように非常に便利ではあるが弱点があり、名前が分からない相手だと思考を読めない。また、無生物には通用しない。
非常に強力なアーティファクトでフェイトに厄介と評されカモは、「悪用できない性格だからこそ、のどかの物になったのではないか」と推測している。

鬼神の童謡(コンプティーナ・ダエモニア)

魔法世界で手に入れた魔法具。相手の名前を見破る事が可能。
「我 汝の真名を問う(アナタノオナマエナンデスカ)」と詠唱するだけではなく相手が自分を認識した状態でないと発動しないので、戦闘員でないのどかを守る戦闘要員が必要になる。

これによって能力の使い勝手が大幅に上がっている。しかも条件さえ満たせばフェイト級の強敵にも普通に通用する。

読み上げ耳(アウリス・レキタンス)

魔法世界で手に入れた魔法具。文字を読み上げる事が可能。
これにより「いどのえにっき」をわざわざ見なくても相手の思考をトレースできるようになり、混戦時でも敵の行動が筒抜けになった。

関連イラスト

お座り本屋ちゃん
宮崎のどか


関連タグ

ネギま!? 魔法先生ネギま!
メカクレ 照れ屋 本屋
前原しのぶ

pixivに投稿された作品 pixivで「宮崎のどか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314871

コメント