2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

龍宮真名

たつみやまな

龍宮真名とは、漫画及びアニメ『魔法先生ネギま!』の登場キャラクター。麻帆良女子中等部3年A組在籍。出席番号は18番。
目次[非表示]

「────────私の戦場に、男はいらない。」

プロフィール

誕生日1988年11月17日(蠍座)
身長184センチ
スリーサイズ88.9・69・88
好きなものダーツ、ビリヤード、あんみつ、仔犬
嫌いな物オクラ、エビ
部活動バイアスロン
アーティファクト不明
CV佐久間未帆
ドラマ版担当俳優樹里
愛称たつみー
二つ名武蔵麻帆良の足長おじさん
アーティファクト電磁投射砲
魔法認知度S
スカカード(ネオ・パクティオーカード)クマ


概要

麻帆良女子中等部に在籍する中学生の女の子。
中学生らしからぬ大人びた雰囲気ナイスバディクールビューティー
褐色肌とストレートロングの黒髪、三白眼が特徴。
身長はクラスの中で最も高く、クラスNo.3の巨乳でもある(但し、バストの黄金率計算による数値は約99cmでほぼ-10cmである上に、ウェスト黄金率計算の数値は公式の数値ほぼ一致している為、実際は良くて美乳、悪いと微乳に相当する)。

一部のクラスメートからは“たつみー”のあだ名で親しまれる。
普段は神社の巫女として働いているらしく、学園祭編の麻帆良武道会ではその開催会場ともなった当神社の一人娘であると紹介されている(生徒名簿の欄外に『龍宮神社』とメモあり)。

こんなデカい巫女がいたら経営に響きそうな気がする……。

作者曰く、3-A最強のイロモノキャラ。

人物

裏の世界ではかなり名の知られた人物であるらしく、あるいは殺し屋とも噂されている実力者。
常にどこかに銃を持ってるおっかない子。怒らせるとヤバそうなミステリアス褐色美女。
学園内では魔法関係者として学園長にも認知されているが、魔法生徒として組織に身を置いている訳ではなく、あくまで協力関係として仕事を請け負う等している。

性格

育った環境(後述)の為か、不意を突かれると反射的にに手が伸びてしまう、プロフェッショナルとしての片鱗を見せる。

報酬さえ受ければどんな仕事でも請け負うタイプで、その仕事の為には己の感情をも冷徹に切り捨てる一面がある。
それを垣間見たネギからは「仕事人」や「鬼軍曹」のイメージで認識されてしまったらしく、“龍宮隊長”と呼ばれ敬われるようになった。

任務遂行の為には手段を選ばない。
を相手に1枚80万円の「転移魔法符」を使用したり、麻帆良武道会で古菲を相手に大量の五百円硬貨を武器として、マシンガンの如く放つ等と容赦無い。

反面、日常生活ではやたらとお金に細かく、その外見故に映画館入場の際等に中学生と信じてもらえず、大人料金を請求されてしまうのが悩み。
183時間目では年齢詐称薬で幼い外見に化けて小学生料金で入場するも、薬代で結局損した失策を犯している。

能力

恐ろしい程の射撃技術と実戦経験を誇り、戦闘スタイルとしてはライフルによる長距離狙撃からはもちろん、拳銃による近接格闘のガン=カタまでこなす。

跳弾を利用して遮蔽に隠れた標的を狙撃する絶技や、近接格闘では剣を装備した妖怪のグループの包囲をいなす程のレベル。
更には魔法先生であるシスター・シャークティを軽くあしらってもおり、その実力の高さが窺える。

得物の銃は「ただのエアガンである」等と本人は嘯いているが、真名の狙撃時の到達距離や跳弾狙撃はもはやエアガンのそれではなく、発砲時に排莢やブローバックもあり、挙げ句に「ただの麻酔弾だ」と言った時にネギに見せていた弾の形状は明らかに7.62mmNATO弾だった。

彼女の使用する弾丸は着弾時に神秘的な光を発するのが特徴的。
何らかの超常的な力や技術をエネルギーの素にしているか、超常的な力に対抗する為に何らかの特殊な加工をしていると思われる。

これまでにレミントンM700、IMIデザートイーグル、PGMウルティマ・ラティオ、FN P90、H&K PSG-1、バレットM82(の形をしたエアガン?)の使用が確認されているが、いずれもどんなルートで調達したのかは不明。
また、学園祭編では超鈴音製の『強制時間跳躍弾=B・C・T・L』なる特殊な銃弾を使用している。

「麻帆良武道会」に出場した際は火器銃器の使用が禁止された為、上述の五百円硬貨を連続して親指で弾き飛ばす技を見せた。
豪徳寺薫は「羅漢銭」、「銭形平次の投げ銭」等と呼んでいたが、これらは手首のスナップで投げるものであり、彼女のはむしろ指弾に近い。

他にも相坂さよ事件の際に串状の投擲武器を使用したケースもあり、彼女が飛び道具全般のエキスパートだと窺わせる。
これらの投擲術も銃器同様、何らかの超常的な体術を伴うものと思われる。

魔法世界編では神楽坂明日菜の護衛を依頼され、舞踏会における急襲・乱戦の中に登場。
多数の傀儡悪魔を相手取り、圧倒的な火力で制圧する様はさながら「人間台風」。
胸の間から銃器を取り出すシーン等は、美空から「魔法の谷間か」とツッコまれていた。

本人によると左眼に魔眼を宿しており、これを用いて幽体を可視化したりしている。
普段は使用していないことから気、若しくは魔力を消耗する物と考えられる。ただし、具体的にどのような能力かは明らかにされていない。
刹那によれば敵の攻撃を察知する能力が非常に高いらしい(高畑の無音拳に反応するレベル)。
その他にも、魔物の正体を見破ったり超長距離狙撃の役に立ったりしている。

アーティファクト

パクティオーカードを所持しており、幼い頃にミニステル・マギであった事が判明している。アーティファクトは二挺拳銃(能力等、詳細は不明)。↓イラストは参考。原作と同一ではない。

【コスプレカード】隊長なのか部長なのか



しかしながら彼女のパートナーであった青年(龍宮の持つペンダントの写真に写っている『KOUKI.T』なる人物)が2年前に死亡している為、今は「記念のカード」と化し、当時の名残として所有するに留まっている。
そのため、ネギのパートナーが持つ「生きている」パクティオーカードには存在する紋様や表記の一部が失われている。また、本編中で「死んでいる」パクティオーカードを見せた最初のキャラクターでもある。

生い立ち

本人曰く、かつてあるマギステル・マギの魔法使いの従者(ミニステル・マギ)として、魔法使いによるNGO団体「四音階の組み鈴(カンパヌラエ・テトラコルドネス)」に所属しており、世界中の紛争地帯を渡り歩いていた経歴を持つ……とされる(ただし、その説明を真に受けると、真名は年齢不詳の人物である)。

そのころに契約したと見られるパクティオカードには"MANA ARCANA"(マナ・アルカナ)と記載されており、これが本名と見られる。
学園祭編における超一味とネギ・パーティとの対決では、パートナーを亡くしている経験からか報酬のみならず、「超の計画に心より賛同してそちら側に就いた」と語り、ネギに対し何ら恥じるところはないとしている。

人間関係

ネギ・・・・クラス担任。基本的に理解者としてその努力と成長を見守る。ただしプロとして「仕事」を請ければ敵対するのも厭わないスタンス。彼からは「龍宮隊長」と呼ばれる。
桜咲刹那……クラスメートで、寮のルームメイト。学園から時折依頼される魔物退治の仕事を一緒にする仲。
長瀬楓……クラスメート。凄腕の忍者として、またプロとしても実力を認めている。
古菲……クラスメート。学園祭では武道会で対戦した。ちなみに彼女と上記の2人、真名の4名はクラスで『武道四天王』と呼ばれている。

四天王


春日美空……クラスメート。上手いこと不意を突かれた相手。
大河内アキラ……クラスメート。大浴場で見せた瞬動並みの高速移動に感心。
宮崎のどか……クラスメート。彼女の読唇術に舌を巻いた。
綾瀬夕映……クラスメート。魔法世界で再会した折、その成長ぶりを賞賛した。
超鈴音……クラスメート。学園祭編で彼女の目的・思想に賛同し、計画上学園戦力に対抗する為の抑止力として協力する。
KOUKI.T……2年前に亡くなったと語る、彼女の元パートナー。立派な魔法使い(マギステル・マギ)だった。

その他

  • 初期設定では龍宮(りゅうぐう)マナの名前で、日本人の父とプエルトリコ人の母のハーフ。スタイルバツグンの美人。血液型O型の設定だった。
  • キャラクターポスターではパフェを食べる姿が描かれており、あんみつだけでなく甘い食べ物は色々好きなようである。
  • 元パートナーである『KOUKI.T』については死因も含め詳細不明。真名の“完全なる世界(コズモ・エンテレケイア)”の中で最も幸せだった日々に、幼い頃の真名と当時の彼の姿が描かれており、真名が銃器の収納に使うギターケースに酷似したものを持ち歩いていた。また、『KOUKI.T』の“T”とは“龍宮”のイニシャルであるとの推測もある。
  • 真名の肌は、ICスクリーントーン51番で表現しており、傷が目立ちにくい。


関連イラスト

まいにちまな
M・D・M メモリー・デリート・マシンガン


龍宮
センシティブな作品


センシティブな作品
まだ言えない。




関連項目

魔法先生ネギま! UQ_HOLDER!
褐色 褐色肌 黒髪ロング 長身女性
クールビューティ ※中学生です 守銭奴
巫女 ガンナー スナイパー 二挺拳銃
ハーフ
お前のような中学生がいるか

以下、ネタバレ注意!












































作中終盤における決戦において、クラスメートであるザジ・レイニーデイの姉(?)と思われる人物“ポヨ・レイニーデイ”と交戦。
魔族の中でもかなり上位の存在である彼女に対し、魔眼等の自身の持つ能力を全力解放する。

左眼の魔眼は妖しげな光を放ち、黒髪も耀きと共に変色。
加えて腰からは異様な翼が姿を現し、その正体が明らかとなる。

「──────────ああ。半魔族さ」

彼女は純粋な人間ではなく、魔族の血を持った混血だったのである。
作中でハーフに分類される登場人物としては、他には刹那小太郎等がいる。

ちなみに、アーティファクトは仮にネギをマスターとした場合、
名をTATUMIJA MANAとして“電磁投射砲”が選ばれる。称号は VULNERANS SEMIDIABOLI(半魔族の狙撃手)


UQ_HOLDER!において

Headmaster Tatsumiya


続編UQ_HOLDER!では旧麻帆良学園こと、天之御柱学園の学園長代行として再登場。
魔族のハーフなのもあって不死ではないにせよ老化が遅い為、前作とほとんど変わらない容姿をしている。

関連記事

親記事

麻帆良学園女子中等部2-A ねぎせんせいがうけおっているくらす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました