ピクシブ百科事典

クラウドス

くらうどす

クラウドスとは『ウルトラマンマックス』に登場する怪獣の一体である。
目次[非表示]

データ

  • 別名:亜空間怪獣
  • 身長:59メートル
  • 体重:760キログラム(睡眠時)〜6万7千トン(覚醒時)
  • 出身:亜空間

概要

第20話『怪獣漂流』に登場。
その名の通り亜空間に生息する怪獣。太陽黒点が活発化した影響で発生した太陽風のプラズマと電離層のプラズマの相互作用で開いたプラズマトンネルから寝たまま日本に漂流してきた。
名前はトミオカ長官に「雲のようにふわふわ浮かんでいるから」と言う理由でクラウドスと命名された。見た目はゴツいが、性格は温厚で凶暴性はない。

最大の特徴は自身の動きが活発化すると体内に亜空間プラズマが発生して体重が大きく変化する体質を持つこと。睡眠時は風で流されるほど身体が軽いが、目覚めると体内にプラズマが発生して体重が増加し、マックスが持ち上げられないほど非常に重くなる。
戦闘時は体重を活かしたボディプレスと棍棒状の尻尾を使って戦う。

たまたま睡眠状態で漂流してきたため、覚醒して被害を大きくさせないためにDASHは睡眠状態のまま亜空間に帰す為に作戦を決行。

しかし、街の様々な音でことある事に覚醒しかけてしまい、DASHの面々を焦らせる。

亜空間を再び発生させる「イヤーシールド・サンダー作戦」を実行するため、雷の音で起きないようにイヤーシールド(耳栓)を耳を装着されるが、全員耳だと思っていた部位は耳では無く、なんと「鼻」だった。

イヤーシールドを鼻に装着された事で息が詰まってしまい、そのまま地上に落下。
落下した拍子に完全に目覚めてしまう。

マックスと戦闘になるも、とてつもない重量を持つ巨体で押し潰し、マックスを苦戦させた(巨体で押し潰されそうになった際、近くにあった御神木を引き抜いてしまい慌てふためくマックスを見られる)。
しかもクラウドスが動くせいでギガレーザーの狙いが定まらず、ギガレーザーで照射した雷がマックスに直撃し、逆にマックスを追い詰める状況になってしまう。

体重の乗ったタックルを喰らわそうとするが、マックスの『マクシウムカノン』で足止めされた隙を突かれ、ギガレーザーで放った雷を浴びて体内の亜空間プラズマと雷のプラズマで相互反応が起こった事でプラズマトンネルが開放。開いたと同時に浮かび上がり亜空間へと帰って行った。

余談

この回は初マンの34話『空の贈り物』をモチーフにした作品で、クラウドスはスカイドンをオマージュした怪獣である。

ウルトラマンX第10話の初期案では、年老いたクラウドスが村に落下して観光でにぎわうという展開が検討されていたが、その役割はホオリンガへと変更された。

関連リンク

ウルトラマンマックス ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「クラウドス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421

コメント