ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ながいけん

静岡県出身の漫画家。自称・愛称ともに「閣下」。
シュールギャグセンスと独自の世界観から「ファンロード」の常連投稿者としてカルト的な人気を博した。
1988年に、上述の投稿漫画を中心にまとめた初の単行本『チャッピーとゆかいな下僕ども』を発売。翌年に絶筆宣言をし、しばらく休筆。
1996年に「週刊少年サンデー」で『神聖モテモテ王国』の連載を開始し、さらにカルト的な人気を博した。
新都社系列の漫画描きの先駆者…かもしれない。
作品数が少ないことと休載期間が長いことから知る人ぞ知るカルト漫画家だが、その強烈な作風故に根強いファンも多く、同業者である漫画家にも支持者が多い。

作品

・『チャッピーとゆかいな下僕ども』・・・ファンロード投稿時代の作品をかき集めた短編集。ながいけん閣下の独特すぎる世界観と台詞センスが濃縮された作品集であり、コアなファン層を築き上げた。後に新作を追加して再版された。今なおながいけんの最高傑作とするファンも多い怪作。

・『神聖モテモテ王国』・・・8年の沈黙を破って突如ながいけんが少年サンデーにて連載を開始したラブコメ風味のシュールギャグマンガ。エキセントリックな内容からカルト的な人気を博したが突如連載を終了。ヤングサンデーに連載の場を移すも間を置かず休載してしまい現在に至る。後に単行本が再版された。

・『第三世界の長井』・・・ゲッサンにて連載中の最新作。ながいけんの新境地とも言える作品であり、ギャグともシリアスとも付かない不条理な世界観を描いた怪作である。休載が長いため読者が忘れた頃に単行本化するのが常である。


関連タグ

漫画家 ファンロード

pixivに投稿された作品 pixivで「ながいけん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40011

コメント