ピクシブ百科事典

サイコ・マンティス

さいこまんてぃす

メタルギアソリッドに登場する人物。超能力者。

CV:曽我部和恭/飯塚昭三(MGS4)/家中宏(MGSBD)

人物像(ネタバレ注意!)

FOXHOUND隊員。年齢は30代。身長190㎝。
ソ連時代のロシアにて生まれるが、出産時に母親を失う。
強力な念動能力と読心能力、対象の視界を操作する能力を持つ。
元はKGBの超能力諜報部員で、ソ連崩壊後はアメリカに渡り、FBIに籍を置いてサイコメトラーとして幾つかの事件を担当していたが、捜査中に連続殺人者の精神に没入・同化し、その結果、猟奇殺人を犯してしまう。
以降はフリーの諜報専門エージェントに転向、後にFOXHOUNDにスカウトされた。
初めて他人の心にダイブした相手は実の父親だった。
しかしその中には彼の出産が原因で妻を失ったという思いから、彼に対する殺意しかなく、殺意への恐怖から衝動的に父親を殺して村を焼き払う。
他人の思念が入り込むのを防ぐ為、常時、ガスマスクを着用している。

ジョニー佐々木ら次世代特殊部隊の隊員に対し暗示を行なっており、FOXHOUNDと共に蜂起させることに成功している。(小説版ではマンティスの死後に洗脳が解けつつあり、逃亡者が出ている)
メリルに暗示をかけて所長室へ誘導し、そこで始めてスネーク本人と対面した。(その前にもスネークはマンティスの幻影を見ている)
所長室での戦闘前に、デモンストレーションと称しリーディング能力とサイコキネシスを披露(リメイク版のTTSでは幻覚も使っている)し、戦闘中にもメリルを操ってスネークを攻撃させ、メリル自身の頭を撃たせようとした。
またバンドデシネではスネークに二度幻覚を見せ、取り乱れさせているが、一度目は幻覚内のオセロットの右腕が斬られていないことを見抜かれ、二度目は錯乱寸前でスネークが銃を乱射しその流れ弾でマンティス自身が致命傷を負ったため失敗している。
スネークに敗れ、隠し通路を開けるという初めて人のために力を使った後に息を引き取る。

なお、彼とのイベントや戦闘では「コントローラーが念動力で動き出す(床に置かせて振動させる)」「趣味を当てられるメモリーカード内のゲームのデータを読み込まれる)」「テレビを勝手に操作されたかのように錯覚させられるヒデオ」などメタフィクショナルなギミックが多い。
また、「趣味当て」で小島秀夫監督作品のデータが複数入っていると、監督の肉声で感謝のメッセージを聞くことができる。ちなみにこの趣味当てには最初に当てるタイトルに関しては数あるコナミがリリースしたPSタイトルの中でひとつだけ最優先されるものがあり、例え複数入れていても真っ先に当ててくる。そう、あのときめきメモリアルのセーブデータなのである。無論、開発スタッフが同じときめきメモリアルドラマシリーズのデータもときめきメモリアルと認識する。
逆にドラマシリーズ最終作の旅立ちの詩では映画館で上映されているメタルギアソリッドのシーンに登場するマンティスのところで字幕にこのネタが使われている。

MGS4では彼の意識が埋め込まれ、後継者と名乗るスクリーミング・マンティスと共に亡霊として現世に残っていたサイコマンティスが登場する。
そして再び、懐かしのプレイヤーの趣味を読み取る力を披露しようとする。しかし最新機の機種にはメモリーカードが無い為失敗し、最新機の機種に感心したが更に続く。
次も又、MGSの懐かしの念力を披露(コントローラーを振動させること)し、(デュアルショック3だった場合は)見事に成功する。これに対して振動が返ってきた事と最新機の機種がまだ自分の超能力が通る事に素直に喜んでいた。(ちなみに振動機能が無い場合は別の反応を返してくれる)
これに対して多くのプレイヤーを笑わせてくれた。デジャブといい、成仏の仕方といい、もはやメタルギアファンにとってネタの一つである事に言うまでもない。
ちなみにこの間、反応に困ったスネークは置いてきぼりである。
また曽我部氏は2006年に亡くなっているため、この場面ではMGSで収録された曽我部氏の音声とB.Bの飯塚氏の演技を組み合わせている。

MGSVでは、少年時代の彼と思わしき人物が登場するが、現段階では詳細は不明。


関連タグ

MGS メタルギアソリッド
リキッド・スネーク
リボルバー・オセロット スナイパー・ウルフ バルカン・レイブン デコイ・オクトパス
メリル・シルバーバーグ
ヒデオ ときめきメモリアル エターナルダークネス 
スクリーミング・マンティス

小島秀夫

pixivに投稿された作品 pixivで「サイコ・マンティス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156563

コメント