ピクシブ百科事典

ときめきメモリアルドラマシリーズ

ときめきめもりあるどらましりーず

ときめきメモリアルシリーズの一つでアドベンチャーゲームの三部作シリーズ。
目次[非表示]

概要

コナミの「コナミコンピュータエンタテイメントジャパン(当時)」が制作したアドベンチャーゲーム。
小島秀夫率いる小島プロダクションがポリスノーツのシステムの可能性を模索して、ときめきメモリアルのキャラクターと世界観を採り入れたのがこの「ときめきメモリアルドラマシリーズ」である。

やや設定に本編と差異があったものの、好評であり、Vol.1から3の三部作である。
プレイステーションセガサターンで発売された。(Vol.3のサターン版の特筆事項は後述)
本編よりもストーリー性を強調している。
ゲーム中のフレームは「ときめきメモリアルタイプ(三種類)」「ポリスノーツタイプ(非表示)」と切り替えが可能。
セーブは一日の終わりに行うタイプに変更されている。

シリーズ一覧


Vol.1 虹色の青春

虹野沙希をヒロインとした第一作。サッカー部を舞台に主人公がレギュラー入りを目指して奮闘する物語。
ディスクが一枚のみでミニゲームがシュート練習しかない。
これのみ専用のOPがある他に再販版では削除されたVol.2の予告がある。
デートで見る事のできる「ポリスノーツ」に関する会話にはポリスノーツを知っていないとわからない正しい選択肢がある。

Vol.2 彩のラブソング

片桐彩子をヒロインとした第二作。文化祭を目前とした学生バンドを舞台にした物語が特徴。
ディスク二枚組になり、ミニゲームが増えた他に「放課後モード」が追加。
ある選択によってエンディングテーマが変化する(全部で三種類)。
デートで見れる映画は「メタルギアソリッド」。

Vol.3 旅立ちの詩

藤崎詩織館林見晴のダブルヒロイン。卒業間近の話であり、ドラマシリーズ完結編。
完結編である為、本編のヒロインが全員登場する。
ダブルヒロイン制である為、今作のみの準ヒロインは存在しない。館林見晴は物語の分岐でメインヒロインになる為、そちらの攻略になると藤崎詩織が準ヒロイン扱いとなる。また、詩織をメインにすると見晴は一切登場しない。
虹色の青春と彩のラブソングのセーブデータがあるとそれぞれの後日談である「卒業編」が出現する。

セガサターン版は限定版のみで、通常版が存在しない為中古でも数が少ない。

デートで見れる映画は「メタルギアソリッド」。ちなみにアイツのネタがここにも出てくる


ドラマシリーズ準ヒロイン


秋穂みのり(メイン画像右)

きらめき高校サッカー部マネージャーの一年生(Vol.3では二年生)。Vol.1虹色の青春から旅立ちの詩まで登場。メインヒロインではないが虹色の青春のみ彼女との交流も必要となる。

美咲鈴音(メイン画像左)

アマチュアバンド「彩」のキーボード担当の一年生。Vol.3では二年生になっているが、「卒業編」の彩の卒業式にのみ登場する。

余談

一応、これらのセーブデータもメタルギアソリッドのあるイベントできちんと認識する。
Vol.3のプレイステーション版はポケットステーションに対応しており、ある事で「卒業編」をVol.3のみで出現させる事ができる。

小島秀夫氏は監督名義ではないが、ドラマシリーズでは制作総指揮・演出指導として参加している。

ドラマシリーズ自体の出来は良かったのだが、ときめきメモリアル本編の原作スタッフ(KCE東京)にはあまり印象が良くなかったらしく、ときめきメモリアル2では本編と同じスタッフによる2を舞台にしたドラマシリーズが制作された。
しかし、ファンからは小島プロダクションが作った方がよかったのでは?と苦言の声も。

関連タグ

ときめきメモリアル ポリスノーツ メタルギアソリッド
小島秀夫

コメント